エグゼクティブ向け転職エージェントおすすめ|上場企業の部長が検証

転職エージェントに登録しようにも、TVCMで見るような有名どころ(リクルートやdodaなど)にそのまま登録してよいか、気になりますよね。

特にエグゼクティブでの転職となると、求人の選択肢が少ない上に失敗のリスクが大きいので、さまざまな条件で比較したうえで合理的かつ慎重に進めたいところです。

そこで本ページでは、東証一部上場企業で事業部長を務める筆者が、過去三度の転職活動で実際に使った感想と、エグゼクティブの方に実施したアンケート結果をもとに解説します。

転職エージェントを選ぶ基準

スタッフ層とエグゼクティブ層では「転職活動の進め方やポイント」が全くと言っていいほど異なるので、専用の転職エージェントを選ぶ必要があります。具体的には以下3つの基準で選びましょう。

  • 基準1. エグゼクティブ特化の両面型エージェント
    企業と求職者を一気通貫で対応しているエグゼクティブ専用のサービスか
  • 基準2. コンサルタントの提案・交渉力
    本質的な提案をしてくれるコンサルタントか
  • 基準3. エグゼクティブポジションの求人件数
    条件に合う求人を紹介できる見込みがあるか

上記ポイントを抑えて選ばないと小さな後悔に繋がります。(ex.良い求人がなく無駄な登録になった、担当者のレベルが低くて話にならない、など)

では一つずつみていきましょう。

基準1. エグゼクティブ特化の両面型エージェント

上級管理職や役員といった重要ポジションの転職では、採用企業の事業戦略と内情を把握している必要があります。そのため、まずはエグゼクティブ専用の両面型エージェント(※各コンサルタントが企業と求職者を一気通貫で対応しているので提案の質が高い)を前提として選びましょう。

反対に、スタッフ層が使うような転職エージェントだと「分業型」であること多く、担当コンサルタントが企業と直接やりとりをしていないので対応の質に懸念が残ります。(組織として効率化されている分、紹介してもらえる求人数は多いものの、質が伴いません)

基準2. コンサルタントの提案・交渉力

エグゼクティブ層の転職を支援するコンサルタントには、マーケット周辺企業の事業戦略と内部事情に基づいて「それぞれの企業にいま必要な人材像」を理解して、あなたにあった提案をする力が必要です。

なぜなら、あなたが転職先を判断をするためには(「社名や年収、社格」といった表層的な情報だけでなく)以下のような、より本質に近い情報が必要だからです。

  • より活躍できる場所はどこか?
  • 求められている役割はどのようなものか?
  • 企業の成長に貢献した結果、どう市場価値を高めていけるか?

上記の観点で、あなたに提案できるコンサルタントを利用してください。(上記観点に欠けるコンサルタントには付加価値がないので、利用しなくて構いません。

また、企業の事業戦略と内情を把握したコンサルタントであれば「御社のこのポジションにおすすめしたい方がいるのですが」と、企業側に提案(ポジションサーチ)をしてくれる場合もあります。

特に、プロジェクト動向によって求めるスキルや人材が変わるコンサルティング業界や、新規事業を検討している企業を狙う場合、今後の事業展開を見越したコンサルタントの提案・交渉力が鍵を握るので、しっかりと見極めるようにしましょう。

基準3. エグゼクティブポジションの求人件数

あえていうまでもありませんが、転職エージェントから紹介してもらえる求人数は、取り扱い求人件数に相関します。

もちろんコンサルタントが優秀であれば、あなたのスキルや経験に合う企業を開拓してきてくれる可能性はありますが、そうはいっても、多くの企業と長期的な付き合いをしている転職エージェントには敵いません。

そのため、あなたが希望している業界におけるエグゼクティブ求人を多く保有している転職エージェントに登録するようにしましょう。

エグゼクティブポジションを探すなら一般登録型の求人サイトはおすすめしない

リクナビNEXTやマイナビ転職をはじめとした大手求人サイトは、エグゼクティブ帯の求人は少ないので登録する必要はありません。大量募集のスタッフ求人が中心です。

実際に、企業側にとって事業戦略上の重要度が高いエグゼクティブポジションでは、ピンポイントの人材獲得をおこなうためにエージェントやヘッドハンターを活用することが多くなります。(実際に私も事業部長として課長クラスの採用をおこなっていますが、求人サイトで募集したことはありません。)

長期を見据えた転職活動ならスカウト型転職サービスもおすすめ

高年収の重要ポジションはなかなか転職市場に出回らないので、スカウト型転職サービス(あなたの経歴やスキルを元にヘッドハンターからスカウトが届くサイト)にも登録しておくとよいでしょう。

一度登録さえしてしまえば、定期的に求人案内が送られてくるので「今すぐの転職でなくとも、魅力的な求人があれば検討したい」と考えている方におすすめです。(選び方とおすすめは後述)

転職エージェントのおすすめと比較表

エグゼクティブ層が使うべき転職エージェントを厳選するにあたって、49社のサービスを下記の点で比較しました。(詳しく気になる方向けに調査方法をこちらで説明しています)

  • サービスの種類
    エグゼクティブ特化の両面型サービスを前提
  • 比較ポイント(1) 求人数
    エグゼクティブポジションの求人数を集計
  • 比較ポイント(2) キャリアアドバイザーの質
    提案/交渉力でエグゼクティブ層76人にアンケート

上記に加えて、筆者が実際に利用した感想も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

←左右にスクロール可能です→

順位名称評価個別解説
求人数提案力おすすめ度Pマーク
1位リクルートエグゼクティブ
エージェント
221,516件
多い!
4.12 / 5.0
高い!
★★★★★あり詳細
2位JACリクルートメント12,161件
普通
4.23 / 5.0
高い!
★★★★★あり詳細
3位ランスタッド7,661件
少なめ
4.07 / 5.0
高い!
★★★★☆あり詳細

※求人数は2022/1/12時点の数値

エグゼクティブ層の転職は、担当コンサルタントの質(専門性や対応力)に大きく依存しますが、上位3社はその点で圧倒的な評価を得ています。

特に、1位のリクナビエグゼクティブエージェントは、人材業界最大手が運営しているからこその、日系大手求人と、グループ選りすぐりのコンサルタント力に強みがあります。

エグゼクティブ層の転職は、いかに条件にあった非公開求人を集めることができるかが鍵なので、2~3社は利用して、定期的に求人を紹介してもらえるようにしておきましょう。

それでは、それぞれ簡単に紹介していきます。

1位.リクルートエグゼクティブエージェント

公開求人数88,750件非公開求人132,766件
エリア東京,大阪,名古屋,福岡対象年代30~50代
対象年収650万円~口コミ評判4.12 / 5.0

※求人数はリクルートエージェントで年収600万円以上を検索(2022年1月12日更新)

リクルートエグゼクティブエージェントは、リクルートエージェントから「年収650万円以上」で登録すると担当してもらえるハイクラス転職エージェントです。

管理職、事業責任者、役員といった組織の中核を担うハイクラス求人が中心で、人材業界No.1であるリクルートの中でも選りすぐりのコンサルタントが転職支援をしてくれます。

基本的には、企業担当と求職者担当が別である「分業制」をとっているリクルートですが、ハイクラス部門では「両面型」をとっており、企業の内部事情にも精通した質の高い提案を実現している点が特徴です。

Point

  • 高年収帯の求人数No.1
  • ハイクラス・エグゼクティブ層に特化
  • リクルートで厳選のコンサルタントが担当

公式サイト
https://www.recruit-ex.co.jp/

2位.JACリクルートメント

公開求人数12,161件非公開求人不明
エリア全国対象年代20~50代
対象年収800万円~口コミ評判4.23 / 5.0

JACリクルートメントは、オリコン満足度調査「4年連続1位」を獲得しているハイクラス専用の転職エージェントです。

業界ごとに担当者がついているため専門性が非常に高く、求職者の経歴に沿った求人を提案してくれることが大きな特徴です。

また、両面型で企業の採用担当者と直接やり取りをしているため、その企業の内部情報に詳しく、選考対策も的確というメリットもあります。

高年収層で転職したい方は、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

Point

  • 年収800万円以上の転職実績豊富
  • 両面型エージェントで内情に詳しい
  • コンサルタントの専門性・提案力が高い

公式サイト
http://www.jac-recruitment.jp/

3位.ランスタッド

公開求人数7,661件非公開求人不明
エリア全国対象年代20~50代
対象年収800万円~口コミ評判4.07 / 5.0

ランスタッドは、年収800万円を超えるようなハイクラス専門の転職エージェントです。

世界39の国と地域に拠点を持っているため、グローバル・外資系企業の取引実績が豊富であり、例えば、フィリップス、ユニリーバ、コカ・コーラを代表とする大手外資求人を多く保有しています。

実際のところ、ランスタッドが保有する約7,438件の公開求人のうち、その80%が年収800万円以上、そして50%が年収1,000万円以上となっており、その年収帯の高さがポイントです。

Point

  • 外資系求人に強い
  • コンサルタントの質が高い
  • 年収800万円以上の役員/管理職から高評価

公式サイト
https://www.randstad.co.jp/

また上記のような転職エージェントだけでなく、ここから紹介するスカウト型転職サービスも併用することをおすすめします。

長期を見据えた転職活動なら「スカウト型転職サービス」も利用しよう

重要ポジションは枠の絶対数が少なく、転職活動が長期化しやすい傾向にあるので、機を逃さないためにも「スカウト型転職サービス」への登録もおすすめしています。比較軸は以下2点です。

  • 比較ポイント(1) 求人数
    年収600万円以上の求人数を集計
  • 比較ポイント(2) ヘッドハンターの人数
    実際に登録してヘッドハンターを検索して確認

←左右にスクロール可能です→

順位名称評価個別解説
求人数人数おすすめ度
1位リクルートダイレクトスカウト110,365件
多い!
3,680人
多い!
★★★★★詳細
2位ビズリーチ68,740件
多い!
4,061人
多い!
★★★★★詳細
3位iX転職6,069件
少なめ
不明★★★★☆詳細

※求人数は2022/1/12時点の数値

リクルートダイレクトスカウトやビズリーチは、評価の高いヘッドハンターを自分から選ぶことができるので、積極的に転職を検討されている方にもおすすめできます。

なお、リクルートダイレクトスカウトとiX転職は完全無料ですが、ビズリーチでは全スカウトの閲覧及び返信には3,278円/月の有料プラン加入が必要(料金詳細)ので注意しましょう。

もし迷ったら、一旦リクルートダイレクトスカウトに登録しておけば十分です。同サービスでは、リクルートエグゼクティブの転職支援をつけることもできるので、転職活動を一層効率的に進められます。

1位.リクルートダイレクトスカウト

求人数110,365件ヘッドハンター3,680人
エリア全国+海外対象年代全年代
得意年収700万円~口コミ評判4.2 / 5.0

リクルートダイレクトスカウトは、人材業界No.1リクルートが運営するハイクラス特化のスカウト型転職サイトです。

リクルートが厳選した選りすぐりのヘッドハンター計3,680人が在籍しており、年収700万円以上のハイクラス層からの口コミ評価が非常に高い傾向にありました。

レジュメを登録したらあとはスカウトを待つだけなので、『今すぐの転職を考えていないが、いい話があれば聞いてみたい』という方もおすすめできます。

Point

  • レジュメを登録したらスカウトを待つだけ!
  • リクルート厳選のヘッドハンターが登録
  • 年収700万円以上のハイクラス層から高評価

△懸念点

ただ、スカウトを送ってきたヘッドハンターの対応が微妙だったり、そもそもキャリアが浅い人にはスカウトがこなかったり、とネガティブな意見も見られました。

  • 結局スカウトを送るヘッドハンター次第
  • 転職市場価値が低いとスカウトが来ない

年収600万円に満たない場合は、リクルートエージェントパソナキャリアといったミドル層に対応している転職エージェントへ登録すると良いでしょう。

公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

2位.ビズリーチ

求人数69,637件ヘッドハンター4,061人
エリア全国+海外対象年代20~40代
得意年収600万円~口コミ評判3.9 / 5.0

TVCMで話題を集めたビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト型転職サイトです。

全国から選りすぐりのヘッドハンターが登録しており、スカウトを待つことができるため、今すぐの転職は考えていないがいい案件があれば、、と考えている方にもオススメすることができます。

また、首都圏を中心に求人数が非常に多く、自分から応募できる求人の選択肢が非常に多いことも嬉しい利点です。

Point

  • 首都圏を中心に求人数が非常に多い
  • 全国選りすぐりのヘッドハンターが登録
  • 年収700万円以上のハイクラス・エグゼクティブから高評価

公式サイト
https://bizreach.jp

3位.iX転職(by パーソルキャリア)

求人数6,069件ヘッドハンター数不明
必要年収800万円~口コミ評判3.8 / 5.0

iX転職は、人材業界大手のパーソルグループが展開している、年収800万円を超えるようなハイクラス・エグゼクティブ向けスカウト型サービスです。

最大の特徴はヘッドハンティング型を取っていることで、自身の履歴書と職務経歴書を提出しておくとヘッドハンターから自動的にスカウトを受け取ることができます。

ただ、こちら側から在籍ヘッドハンターに連絡することはできず、スカウトが来ない可能性もあるので、そうならないよう職務経歴書はしっかりと記載しましょう。

Point

  • パーソル運営のスカウト型転職サイト
  • 年収800万円以上のハイクラス層向け
  • 無料で通年利用可能。登録も簡単。

無料で通年利用できるため、「今すぐの転職は考えてはいないが、いい案件があれば考えなくもない」といった方であれば、登録だけでもしておくことをおすすめします。

公式サイト
https://ix-tenshoku.jp/

最後に

今回はエグゼクティブの方を対象として、転職エージェントの選び方とおすすめを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後は担当者との相性がとても重要ですが、それでも転職エージェント選びをしっかりとすれば、自分にとって最適な求人に巡りあう確率を上げることができるでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職サービス評判アンケート

当サイトでは、転職サービスの口コミを募集しております。こちらからあなたが利用した転職サービスの体験談を投稿してください。