インフォエックスは転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

インフォエックスに登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

インフォエックスのような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

このページでは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや5ch、独自アンケートの口コミを元に、インフォエックスの評判を整理しました。

公式サイト
https://infoex.co.jp/

インフォエックス|一流企業の元面接官がサポートする転職支援サービス

求人数非公開非公開求人非公開
エリア全国口コミ評判★★★★☆

インフォエックスは、コンサルティングや外資系企業の求人に特化した転職支援サービスです。

コンサルティング業界に力を入れていて、通常はヘッドハンティングにしか依頼していない大手コンサルタント会社などとの太い人脈があるため、ほかの転職コンサルタントでは案内されないような非公開求人を多数取り揃えています。

また、現在採用活動を行っていない企業に対しても積極的に採用打診を行うなど、企業の状況把握やコミュニケーションなどの連携に努めているため、新しい情報を常に保有しているのも特徴です。

さらに、担当コンサルタントは上場企業の経営者レベルの方だけに限られているので、初めてコンサルタント業界に転職したいと考えている方にも心強い転職支援サービスであると言えるでしょう。

公式サイト
https://infoex.co.jp/

次章からは、利用者の口コミを分析してわかった、インフォエックスのメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

インフォエックスの評判|メリット&デメリット

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、インフォエックスの特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) 企業との信頼ネットワークが深い

インフォエックスは多くのコンサルティング業界と深い関わりがあるため、コンサルティングファームの大半である50社以上の求人案件の紹介が可能です。

また、在籍しているコンサルタントは各業界を熟知しており、各企業の採用担当者との個人間レベルでも信頼関係を築いているため、コンサルタント独自の求人案件を持っていることもあります。

さらに、インフォエックスは英国に本社を持っているロジカの企業サポートを行ってきたこともあり、外資系企業との強い繋がりを持っていることも特徴のひとつです。

各企業から信頼されているからこそ、インフォエックスしか保有していない非公開求人を扱うことができ、優秀で魅力的な求職者に多くの求人案件を紹介することができます。

メリット(2) 経営者レベルのコンサルタントだけが在籍している

インフォエックスでは、経営者レベルの経歴を持っているコンサルタントのみが在籍しています。

上場企業で役員面接に参加し、内定判断を行ってきた経験を持つコンサルタントは、各業界との深い関わりや独自の思考を活かし、求職者に寄り添ったサポートを行うことが可能です。

また、経験が豊富なコンサルタントであるからこそ、求職者一人ひとりの長所やポテンシャルに合った求人案件を紹介することができます。

そんなコンサルタントに、無事に内定を獲得できるまで書類の添削や筆記試験対策、面接対策まで幅広いサポートを責任を持って行ってもらえるのは、インフォエックスならではの大きな強みだと言えるでしょう。

メリット(3) 外資系企業を中心に独自ルートが確保されている

メリット(1)でもお伝えしましたが、インフォエックスは、世界でも有数のコンサルティング企業「ロジカ」のサポートを行ってきたこともあり、日本国内に展開している外資系企業だけに留まらず、多くの企業との強い繋がりを持っています

そのため、各企業の経営者とのコミュニケーションを取ることができ、コンサルタント独自の求人案件を多数保有することができるのです。

また、求人案件の半数以上が外資系企業との取引になっているので、語学力を活かした仕事をしてみたい方やグローバルな活躍がしたい方にとっては、利用する価値のある転職支援サービスだと言えるでしょう。

デメリット(1) 地方の求人が限られている

コンサルティング企業の多くは首都圏にオフィスを構えていることもあり、インフォエックスが保有している求人案件も首都圏が中心になっています。

そのため、地方での就職を考えている方にとっては、紹介できる求人が限られていることが現状です。

その場合はインフォエックス以外の他の転職支援サービスも併用しつつ、転職活動を進めることをおすすめします。

ただし、コンサルタントとの面談については、都内にあるインフォエックスのオフィスで行う以外にも、オンラインでの参加が可能です。

地方にお住まいの方でも、全くインフォエックスのサービスが利用できないというわけではありませんので、その点はご安心ください。

デメリット(2) 求人数が分からない

インフォエックスの公式HPには、50社以上の求人情報を所有しているとありますが、非公開求人を含め求人保有数が明確になっていないため、現状の求人数を把握することができません

また、公式HPには求人検索機能もないため、コンサルタントとの面談に進むまでは、どのような求人案件を紹介されるのか分からない状態になっています。

そのため、事前にどのような求人があるか見たいという方や、転職において選択肢の数とイコールでもある「求人数」を重視する方などにとっては、インフォエックスはあまり向いていないサービスと言えるでしょう。

デメリット(3) 若年の転職希望者には向いていない

インフォエックスでは、在籍しているコンサルタントが求職者の経歴や能力を判断しながら求人案件を紹介するため、経験が浅い若年での転職では、紹介できる案件が少ないのが現状です。

ですが、紹介実績がある企業の中には、若い人材確保に向けた採用活動を行っている場合もあります。

そのため、キャリアに合った転職活動のサポートは受けることができますが、前提として「紹介してもらえる求人は少ないだろう」という点は念頭に置いておきましょう。

インフォエックスの利用をおすすめできる人

ここまでの口コミ評判からわかった、インフォエックスのメリット&デメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • 企業との信頼ネットワークが深い
  • 経営者レベルのコンサルタントだけが在籍している
  • 外資系企業を中心に独自ルートが確保されている
×デメリット
  • 地方の求人が限られている
  • 求人数が分からない
  • 若年の転職希望者には向いていない

インフォエックスでは、コンサルティング会社や外資系企業の求人案件を多数保有しているため、語学力やこれまでのキャリアを活かしたい方におすすめできます。

各業界に精通しているコンサルタントのみが在籍しているため、コンサルタントにサポートしてもらいつつ、自分に合った企業へとステップアップしたい方には、相性が良い転職支援サービスです。

上記を踏まえると、インフォエックスは以下に当てはまる方に特におすすめできる転職サービスであると言えるでしょう。

インフォエックスをおすすめできる条件
  • 語学力や今までのキャリアを活かした転職をしたい方
  • コンサルティングや外資系の転職先を探している方
  • 丁寧なサポートを受けながら転職したい方

利用は無料なので、気軽に相談してみましょう。

公式サイト
https://infoex.co.jp/

とはいえ、より良い求人を見つけるためには複数併用すべきです。

そのため、インフォエックスだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

併用したいハイクラス向け転職サービス

1社だけでなく、複数の転職サービスを利用することで、応募できる求人の幅も広がり、転職後の満足度も向上させることができます。

ここでは、インフォエックスに登録するような、最低でも年収600万円を超えるハイクラス層での転職を検討されている方向けの転職サービスを紹介します。

ハイクラス向け転職サービスは以下の2種類。

ハイクラス向け転職サービス

基本的には、複数併用することがおすすめです。

特に、エグゼクティブ層の転職となると、求人が世に出回ることはなくヘッドハンターがスカウトをする、のが一般的なので登録だけでもしておきましょう。

ハイクラスポジションを探すなら一般登録型の求人サイトはおすすめしない

一般的に、indeedやリクナビNEXTをはじめとした大手求人サイトは、スタッフクラスの求人が中心で、ハイクラス帯の求人は極端に少なくなる傾向にあるのでおすすめはしません。

なぜなら、企業側にとって課長や部長クラスの募集は事業戦略上の重要度が高いので、ピンポイントの人材獲得をおこなうためにエージェントやヘッドハンターを活用することが多くなるからです。(実際に私も事業部長として課長クラスの採用をおこなっていたことがありますが、求人サイトでは募集しませんでした。)

ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェント

ここでは、ハイクラス層が使うべき転職エージェントを紹介していきます。比較軸は以下3点です。

  • サービスの種類
    ハイクラス特化の両面型サービスを前提
  • 比較ポイント(1) 求人数
    年収600万円以上の求人数を集計
  • 比較ポイント(2) キャリアアドバイザーの質
    提案/交渉力で年収600万円以上364人にアンケート

上記の調査をしたうえで、ランキング化しました。(詳しい選び方や4位以降が気になる方は「ハイクラス転職エージェントの選ぶ基準と比較表」をご覧ください。)

←左右にスクロール可能です→

順位名称評価個別解説
求人数提案力おすすめ度Pマーク
1位リクルートエグゼクティブ
エージェント
221,516件
多い!
4.12 / 5.0
高い!
★★★★★あり詳細
2位JACリクルートメント12,161件
普通
4.23 / 5.0
高い!
★★★★★あり詳細
3位ランスタッド7,661件
少なめ
4.07 / 5.0
高い!
★★★★☆あり詳細

※求人数は2022/1/12時点の数値

ハイクラス層の転職は、担当コンサルタントの質(専門性や対応力)に大きく依存しますが、上位3社はその点で圧倒的な評価を得ています。

特に、1位のリクナビエグゼクティブエージェントは、人材業界最大手が運営しているからこその、日系大手求人と、グループ選りすぐりのコンサルタント力に強みがあります。

ハイクラス層の転職は、いかに条件にあった非公開求人を集めることができるかが鍵なので、2~3社は利用して、定期的に求人を紹介してもらえるようにしておきましょう。

それでは、それぞれ簡単に紹介していきます。

1位.リクルートエグゼクティブエージェント

公開求人数88,750件非公開求人132,766件
エリア東京,大阪,名古屋,福岡対象年代30~50代
対象年収650万円~口コミ評判4.12 / 5.0

※求人数はリクルートエージェントで年収600万円以上を検索(2022年1月12日更新)

リクルートエグゼクティブエージェントは、リクルートエージェントから「年収650万円以上」で登録すると担当してもらえるハイクラス転職エージェントです。

管理職、事業責任者、役員といった組織の中核を担うハイクラス求人が中心で、人材業界No.1であるリクルートの中でも選りすぐりのコンサルタントが転職支援をしてくれます。

基本的には、企業担当と求職者担当が別である「分業制」をとっているリクルートですが、ハイクラス部門では「両面型」をとっており、企業の内部事情にも精通した質の高い提案を実現している点が特徴です。

Point

  • 高年収帯の求人数No.1
  • ハイクラス・エグゼクティブ層に特化
  • リクルートで厳選のコンサルタントが担当

公式サイト
https://www.recruit-ex.co.jp/

2位.JACリクルートメント

公開求人数12,161件非公開求人不明
エリア全国対象年代20~50代
対象年収800万円~口コミ評判4.23 / 5.0

JACリクルートメントは、オリコン満足度調査「4年連続1位」を獲得しているハイクラス専用の転職エージェントです。

業界ごとに担当者がついているため専門性が非常に高く、求職者の経歴に沿った求人を提案してくれることが大きな特徴です。

また、両面型で企業の採用担当者と直接やり取りをしているため、その企業の内部情報に詳しく、選考対策も的確というメリットもあります。

高年収層で転職したい方は、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

Point

  • 年収800万円以上の転職実績豊富
  • 両面型エージェントで内情に詳しい
  • コンサルタントの専門性・提案力が高い

公式サイト
http://www.jac-recruitment.jp/

3位.ランスタッド

公開求人数7,661件非公開求人不明
エリア全国対象年代20~50代
対象年収800万円~口コミ評判4.07 / 5.0

ランスタッドは、年収800万円を超えるようなハイクラス専門の転職エージェントです。

世界39の国と地域に拠点を持っているため、グローバル・外資系企業の取引実績が豊富であり、例えば、フィリップス、ユニリーバ、コカ・コーラを代表とする大手外資求人を多く保有しています。

実際のところ、ランスタッドが保有する約7,438件の公開求人のうち、その80%が年収800万円以上、そして50%が年収1,000万円以上となっており、その年収帯の高さがポイントです。

Point

  • 外資系求人に強い
  • コンサルタントの質が高い
  • 年収800万円以上の役員/管理職から高評価

公式サイト
https://www.randstad.co.jp/

また上記のような転職エージェントだけでなく、ここから紹介するスカウト型転職サービスも併用することをおすすめします。

長期を見据えた転職活動なら「スカウト型転職サービス」も利用しよう

重要ポジションは枠の絶対数が少なく、転職活動が長期化しやすい傾向にあるので、機を逃さないためにも「スカウト型転職サービス」への登録もおすすめしています。比較軸は以下2点です。

  • 比較ポイント(1) 求人数
    年収600万円以上の求人数を集計
  • 比較ポイント(2) ヘッドハンターの人数
    実際に登録してヘッドハンターを検索して確認

←左右にスクロール可能です→

順位名称評価個別解説
求人数人数おすすめ度
1位リクルートダイレクトスカウト110,365件
多い!
3,680人
多い!
★★★★★詳細
2位ビズリーチ68,740件
多い!
4,061人
多い!
★★★★★詳細
3位iX転職6,069件
少なめ
不明★★★★☆詳細

※求人数は2022/1/12時点の数値

リクルートダイレクトスカウトやビズリーチは、評価の高いヘッドハンターを自分から選ぶことができるので、積極的に転職を検討されている方にもおすすめできます。

なお、リクルートダイレクトスカウトとiX転職は完全無料ですが、ビズリーチでは全スカウトの閲覧及び返信には3,278円/月の有料プラン加入が必要(料金詳細)ので注意しましょう。

もし迷ったら、一旦リクルートダイレクトスカウトに登録しておけば十分です。同サービスでは、リクルートエグゼクティブの転職支援をつけることもできるので、転職活動を一層効率的に進められます。

1位.リクルートダイレクトスカウト

求人数110,365件ヘッドハンター3,680人
エリア全国+海外対象年代全年代
得意年収700万円~口コミ評判4.2 / 5.0

リクルートダイレクトスカウトは、人材業界No.1リクルートが運営するハイクラス特化のスカウト型転職サイトです。

リクルートが厳選した選りすぐりのヘッドハンター計3,680人が在籍しており、年収700万円以上のハイクラス層からの口コミ評価が非常に高い傾向にありました。

レジュメを登録したらあとはスカウトを待つだけなので、『今すぐの転職を考えていないが、いい話があれば聞いてみたい』という方もおすすめできます。

Point

  • レジュメを登録したらスカウトを待つだけ!
  • リクルート厳選のヘッドハンターが登録
  • 年収700万円以上のハイクラス層から高評価

△懸念点

ただ、スカウトを送ってきたヘッドハンターの対応が微妙だったり、そもそもキャリアが浅い人にはスカウトがこなかったり、とネガティブな意見も見られました。

  • 結局スカウトを送るヘッドハンター次第
  • 転職市場価値が低いとスカウトが来ない

年収600万円に満たない場合は、リクルートエージェントパソナキャリアといったミドル層に対応している転職エージェントへ登録すると良いでしょう。

公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

2位.ビズリーチ

求人数69,637件ヘッドハンター4,061人
エリア全国+海外対象年代20~40代
得意年収600万円~口コミ評判3.9 / 5.0

TVCMで話題を集めたビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト型転職サイトです。

全国から選りすぐりのヘッドハンターが登録しており、スカウトを待つことができるため、今すぐの転職は考えていないがいい案件があれば、、と考えている方にもオススメすることができます。

また、首都圏を中心に求人数が非常に多く、自分から応募できる求人の選択肢が非常に多いことも嬉しい利点です。

Point

  • 首都圏を中心に求人数が非常に多い
  • 全国選りすぐりのヘッドハンターが登録
  • 年収700万円以上のハイクラス・エグゼクティブから高評価

公式サイト
https://bizreach.jp

3位.iX転職(by パーソルキャリア)

求人数6,069件ヘッドハンター数不明
必要年収800万円~口コミ評判3.8 / 5.0

iX転職は、人材業界大手のパーソルグループが展開している、年収800万円を超えるようなハイクラス・エグゼクティブ向けスカウト型サービスです。

最大の特徴はヘッドハンティング型を取っていることで、自身の履歴書と職務経歴書を提出しておくとヘッドハンターから自動的にスカウトを受け取ることができます。

ただ、こちら側から在籍ヘッドハンターに連絡することはできず、スカウトが来ない可能性もあるので、そうならないよう職務経歴書はしっかりと記載しましょう。

Point

  • パーソル運営のスカウト型転職サイト
  • 年収800万円以上のハイクラス層向け
  • 無料で通年利用可能。登録も簡単。

無料で通年利用できるため、「今すぐの転職は考えてはいないが、いい案件があれば考えなくもない」といった方であれば、登録だけでもしておくことをおすすめします。

公式サイト
https://ix-tenshoku.jp/

よくある質問と回答

ここでインフォエックスに関する、問い合わせの多い質問をまとめてみました。

1つずつ回答していきますので順番に見ていきましょう。

Q1. インフォエックスにはどんなコンサルタントが在籍していますか?

インフォエックスのコンサルタントは、前職で経営者レベルだった人材のみが在籍しています。

各業界に精通したコンサルタントから、希望する企業の内情や質の高い面接指導を受けることができるため、内定までの距離が近くなっていることを肌で感じることができるでしょう。

また、希望する職種が未経験の場合でも、企業の採用責任者と深いコミュニケーションを取っているため、企業側が求める人材を的確に教えてもらうことが可能です。

そのため、選考についての対策も立てやすく、効率的に転職活動を進めることができます

Q2. 海外在住ですがサポート対象ですか?

もちろんサポートの対象です。

コンサルタントとの面談はスカイプやZOOMなどのオンラインでの実施も可能なため、面接や添削指導など、日本国内にいる状況と変わらないクオリティのサポートを受けることができます

また、インフォエックスが所持している求人の中には、オンラインで面接や適性検査を行っている企業もありますので、海外在住だからと言って転職活動が全く進められないということはありません。

Q3. 土日でも面談できますか?

平日お忙しい方でも面談が受けられるように、インフォエックスでは土日祝日や平日の遅い時間帯でも面談を行うことができます

面談はインターネットから申し込むことができるので、都合の良い日時を選択して予約しておきましょう。

面談場所は基本的に東京のオフィスになりますが、遠方にお住まいの場合は電話などでのキャリア面談も可能です。

また、転職希望者の勤務先の近辺での出張面談も行っているので、気軽に面談を申し込んでみてください。

最後に

ここまでご説明してきた通り、インフォエックスはコンサルティングや外資系の企業に転職したいと考えている方におすすめできる転職エージェントです。

以下に該当する方であればぜひ利用しましょう。

インフォエックスをおすすめできる条件
  • 語学力や今までのキャリアを活かした転職をしたい方
  • コンサルティングや外資系の転職先を探している方
  • 丁寧なサポートを受けながら転職したい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式サイト
https://infoex.co.jp/

ただ、全体求人数は、リクルートダイレクトスカウトビズリーチと比較すると「物足りない..」という意見もあったので、合わせて併用することをおすすめします。

今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職サービス評判アンケート

当サイトでは、転職サービスの口コミを募集しております。こちらからあなたが利用した転職サービスの体験談を投稿してください。