JACリクルートメントの評判は悪い?300人の口コミからわかる転職エージェントの特徴&注意点

JACリクルートメントに登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

JACリクルートメントのような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

そこでこのページは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや2ch、独自アンケートの口コミを元に、JACリクルートメントの評判を整理しました。

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントの特徴|年収600万円以上の実績No.1

公開求人数3,400件非公開求人非公開
エリア全国対象年代30~50代
得意年収600万円~口コミ評判★★★★★

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、年収600万円を超えるようなハイクラス専門の転職エージェントです

特徴は以下2点。

・外資系企業やグローバル企業に強いパイプがある
・両面型のコンサルタントによる質の高いキャリアサポート

特に後者、両面型コンサルタントは、選考企業への理解度が深く、分業型のコンサルタントと比較しても、細かく企業の情報や転職サポートを行ってもらえることが利点です。

実際、大手上場企業でありながら企業担当と求職者担当が分かれていない企業は非常に珍しいでしょう。

さらにJACリクルートメントでは、外資系・グローバル企業を中心に、高ポジションな求人を多数保有しているので、30代~50代のマネージャー役員クラスの転職で高い評価をされています。

そのため、ご自身の経験や条件に合う求人がないか一度相談してみることをおすすめします。

Point
  • 年収600万円以上の転職実績No.1
  • 両面型エージェントで求人に詳しい
  • 業界の専門性・提案力が非常に高い
△注意点
  • 年収500万以下だと断られる場合がある

ハイクラス専門の転職エージェントであるため、一定の経歴がないとサポートを断られる場合があります。

次章からは、300人の口コミを分析してわかった、JACリクルートメントのメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

なお、JACリクルートメント以外の転職エージェントに関する評判は、「763人が選んだ転職エージェントおすすめランキング」でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

JACリクルートメントの評判|メリット&デメリット

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、JACリクルートメントの特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) ハイクラス求人を多数所持している

JACリクルートの特徴の一つに非公開求人が多いことがあります。

非公開求人とは、企業が社名を出さずに人を探してほしいと転職エージェントに依頼しています。

つまり非公開求人は企業にとって重要な役割の職種や、役職が付くポジション、また経営層に近い内容などハイクラス求人に多く存在ということです。

もちろんスタッフクラスもありますが、即戦力採用が基準になることが多いでしょう。

企業も、「ハイクラス求人は信頼する転職エージェントにしか依頼しない」ことが多く、非公開求人を多数抱えているということはハイクラス案件が多いということになります。

つまり30代~40代のマネージャー層、もしくは責任者くらいのポジションの方にもマッチする案件があるということもJACリクルートの大きなメリットです。

メリット(2) 外資系企業やグローバル企業に強い実績

JACリクルートメントは人材紹介社の中で大手企業のジャンルに入ります。

大手企業であれば業界や職種の関わらず、どの分野でもオールマイティーにサービスを提供していますが、JACリクルートメントは外資系企業とグローバル企業に強みを持っています。

特に外資系企業は日本企業とは違う社風や特徴、採用のポイントなどがあり、外資系企業に転職したい人にとっては質の高いサービスが期待出来るということです。

例えば英文Resumeの作成や英語面接のアドバイス、また外資系企業ならではのヘッドカウントを意識したサポートなど豊富な実績とノウハウを持っています。

外資系企業やグローバル企業に転職したい人にとっては安心のサポートでしょう。

メリット(3) 両面型のコンサルタントによるキャリアサポート

転職エージェントは「分業型」と「両面型」に分かれていることが多く、例えば「分業型」とは企業担当と求職者担当が別々にいるということです。

一方で両面型は企業担当と求職者担当の双方を1人のコンサルタントが行いますので、両面型コンサルタントの方が企業の細部のことまで説明をしてくれるメリットがあります。

逆に分業型であれば求職者担当は企業のことを細かく理解していない懸念が生じます。

例えば求人票では分からない、

  • 「配属組織にどんな人がいるか」
  • 「有給は取得しやすい環境か」
  • 「上司はどんな人なのか」
  • 「どれくらいのペースで昇給するか」
  • 「経営課題」
  • 「組織の課題」

など、良い情報から悪い情報まで詳細に教えてくれます。

デメリット(1) 非公開求人が多く、求人検索で社名が分からない

転職エージェントは、自分でサイトを利用して求人を探すのではなく、キャリアアドバイザーと面談をして求人を紹介してもらう流れがオーソドックスな転職活動です。

JACリクルートの求人は半数以上が社名非公開になっているため、サイトからの求人検索では事業内容や業務内容、条件などは分かりますが、企業名を特定できません。

企業名は、応募し選考に進んでみて初めて分かることになるので、求人検索をしたい人にとってはデメリットに感じるでしょう。

デメリット(2) 未経験者には紹介出来る案件が少ない

JACリクルートは非公開求人やハイクラス求人が多い特徴があります。

つまり20代の若手や第二新卒、また年齢に関わらずキャリアチェンジを希望する人にとっては紹介してもらえる求人案件が少なくなってしまいます。

特に外資系企業の場合は即戦力採用でないと採用は難しくなることは言うまでもありません。

実際、外資系企業を強みとしているJACリクルートの場合は、「即戦力で活躍出来るか」が基準になっている案件紹介多くあります。

そのため、未経験から転職をしようとしている方々にとっては紹介案件が少なくなるということで不満に感じる可能性があるでしょう。

その場合は、パソナキャリアdodaエージェントの利用をおすすめします。

デメリット(3) 紹介案件数だと大手企業ほど多くはない

両面型サービスのデメリットになりますが、紹介案件数がどうしても少なくなります。

なぜならば大手企業のように企業担当と求職者担当が分かれていてAIが自動的に案件を紹介するようなサービスではありません。

ミスマッチな案件紹介はないですが、数多くどんどん新しい案件が紹介されることがないので、その点はデメリットになるでしょう。

ただし、大手企業の場合は、求人数は多数あるものの、全く希望していない案件もたくさん紹介されるので、お互い一長一短です。

JACリクルートメントの利用をおすすめできる人

ここまでの口コミ評判からわかった、JACリクルートメントのメリットとデメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • ハイクラス求人を多数所持している
  • 外資系企業やグローバル企業に強い実績
  • 両面型のコンサルタントによるキャリアサポート
×デメリット
  • 非公開求人が多く、求人検索で社名が分からない
  • 未経験者には紹介出来る案件が少ない
  • 紹介案件数だと大手企業ほど多くはない

ここまで紹介してきた特徴をまとめると、

JACリクルートメントは、年収600万円以上の外資系/グローバル求人を探しているハイクラス層にとって、非公開求人の質、手厚いサポートという2点において高評価にあることがわかりました。

↓に該当する方であればぜひ利用しましょう。

JACリクルートメントをおすすめできる条件
  1. 外資系/グローバル企業に転職したい方
  2. 年収600万円以上の高年収帯求人を見たい方
  3. 両面型コンサルタントの質の高いサポートを受けたい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

とはいえ、より良い求人を見つけるためには転職サービスは複数併用すべきです。

そのため、JACリクルートメントだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

JACリクルートメントと併用したい転職エージェント

1社だけでなく、複数の転職エージェントを利用することで、応募できる求人の幅も広がり、転職後の満足度も向上させることができます。

ここでは、JACリクルートメントに登録するような、年収600万円以上のハイクラス層での転職を検討されている方向けの転職サービスを紹介します。

ハイクラス向け転職サービスは2種類。

ハイクラス向け転職サービス

基本的には、各転職サービスを複数併用することがおすすめです。

特に、エグゼクティブ層の転職となると、求人が世に出回ることはなくヘッドハンターがスカウトをする、のが通例なのでヘッドハンティングサービスには登録だけでもしておきましょう。

ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェント

ここでは、年収600万円以上のハイクラス層での転職を検討されている方向けの転職エージェントを紹介していきます。

比較軸はシンプルに2点。

転職エージェントの選び方
  • 高年収求人が多い(非公開求人含む)
  • コンサルタントの質(専門性&対応力)
順位名称高年収
求人数
専門性
対応力
1位JACリクルートメント0.4万件★★★★☆
(4.5/5.0)
2位ランスタッド0.2万件★★★★☆
(4.2/5.0)
3位リクルートエグゼクティブ不明★★★★☆
(4.3/5.0)

ハイクラス・エグゼクティブ層の転職は、担当コンサルタントの質(専門性や対応力)に大きく依存しており、JACリクルートメントはその点で、圧倒的な評価を得ています。

また、2位のランスタッドは世界最大級の外資系転職エージェントで、外資系求人やグローバル求人に強みがあります。

3位のリクナビエグゼクティブエージェントは、人材業界最大手が運営しているからこその、日系大手求人と、グループ選りすぐりのコンサルタントが強みです。

それでは、それぞれ簡単に紹介していきます。

ランスタッド

公開求人数1,600件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~50代
得意年収年収800万円~口コミ評判★★★★☆

公式)https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは、年収800万円を超えるようなハイクラス専門の転職エージェントです。

世界39の国と地域に拠点を持っているため、グローバル・外資系企業の取引実績が豊富であり、例えば、フィリップス、ユニリーバ、コカ・コーラを代表とする大手外資求人を多く保有しています。

実際のところ、ランスタッドが保有する約1,600件の公開求人のうち、その80%が年収800万円以上、そして50%が年収1,000万円以上となっており、その年収帯の高さがポイントです。

Point

  • 外資系求人に強い
  • コンサルタントの質が高い
  • 年収800万円以上の役員マネージャー層から高評価

△懸念点

  • 年収600万以下だと断られる場合がある

ハイクラス専門の転職エージェントであるため、一定の経歴がないとサポートを断られる場合があります。

リクルートエグゼクティブエージェント

公開求人数-非公開求人非公開
エリア東京,大阪,名古屋,福岡対象年代30~50代
得意年収800万円~口コミ評判★★★★☆

<公式サイト>
https://www.recruit-ex.co.jp/

リクルートエグゼクティブエージェントは、リクルートグループの転職エージェントで、経営層・エグゼクティブ層の転職に特化しています。

また、エグゼクティブ転職なので、40代から50代で、最低でも年収800万円以上ある部長職以上のサポートが中心となります。

エグゼクティブ層の役職例

社長・取締役、CEO・COO・CFOなどの経営執行責任者、事業部門責任者、社外取締役

担当業界は製造業、ライフサイエンス/ヘルスケア、IT・WEB、消費財・食品、サービス業界に分かれており、業界に特化した専門性の高いコンサルタントが在籍しています。

なにより、人材業界No.1であるリクルートの中でも選りすぐりのコンサルタントが、転職支援をしてくれるので質が非常に高いエグゼクティブ層特化サービスと言えるでしょう。

Point
  • エグゼクティブ層の転職に特化
  • 年収800万円以上の非公開求人多数
  • 人材業界No.1のリクルートでも選りすぐりのコンサルタント

また上記のような転職エージェントだけでなく、ここから紹介するヘッドハンティング型転職サービスも併用することをおすすめします。

ハイクラス・エグゼクティブにおすすめのヘッドハンティング型サービス

ここでは、年収600万円以上のハイクラス層での転職を検討されている方向けのヘッドハンティングサービスを紹介していきます。

比較軸はシンプルに2点。

転職エージェントの選び方
  • 高年収求人が多い(非公開求人含む)
  • ヘッドハンターの登録人数
順位名称求人数ヘッドハンター数
1位ビズリーチ12.8
万件
4,300
2位キャリアカーバー5.4
2,000
3位iX転職非公開非公開

これらのヘッドハンティング型サービスは、スカウトを待つ形式になるので、マッチングしたヘッドハンター次第でサービスへの満足度が変わる特徴があります。

ただ、ビズリーチやキャリアカーバーであれば、評価の高いヘッドハンターを自分から選ぶことができるので、積極的に転職を検討されている方であればおすすめです。

また、ビズリーチは月数千円の利用料金がかかりますが、キャリアカーバーとiX転職はずっと無料なので、今すぐの転職を考えてはいなくても登録しておく価値があるでしょう。

エグゼクティブ層の方であれば、自身の市場価値を測るためにも、何件か登録しておくことをおすすめします。

それでは、それぞれ簡単に紹介していきます。

ビズリーチ

求人数53,259件ヘッドハンター3,798人
エリア全国+海外対象年代全年代
得意年収600万円~口コミ評判★★★★☆

公式)https://bizreach.jp

TVCMで話題のビズリーチは、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです。

全国から選りすぐりのヘッドハンターが登録しており、スカウトを待つことができるため、今すぐの転職は考えていないがいい案件があれば、、と考えている方にもオススメすることができます。

また、首都圏を中心に求人数が非常に多く、自分から応募できる求人の選択肢が非常に多いことも嬉しい利点です。

Point

  • 首都圏を中心に求人数が非常に多い
  • 全国選りすぐりのヘッドハンターが登録
  • 年収700万円以上のハイクラス・エグゼクティブから高評価

△懸念点

ただ、スカウトを送ってきたヘッドハンターの対応が微妙だったり、そもそもキャリアが浅い人にはスカウトがこなかったり、とネガティブな意見も見られました。

  • 結局スカウトを送るヘッドハンター次第
  • 転職市場価値が低いとスカウトが来ない

年収500万円に満たない場合は、リクルートエージェントパソナキャリアといった他の転職エージェントへ登録すると良いでしょう。

キャリアカーバー

求人数64,293件ヘッドハンター2,996人
エリア全国+海外対象年代全年代
得意年収1000万円~口コミ評判★★★★★

公式)https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、人材業界No.1リクルートが運営するハイクラス特化のヘッドハンティング転職サイトです。

リクルートが厳選した選りすぐりのヘッドハンター計2,996人が在籍しており、年収1000万円以上のハイクラス層からの口コミ評価が非常に高い傾向にありました。

レジュメを登録したらあとはスカウトを待つだけなので、『今すぐの転職を考えていないが、いい話があれば聞いてみたい』という方もおすすめできます。

Point

  • レジュメを登録したらスカウトを待つだけ!
  • リクルートが厳選した選りすぐりのヘッドハンターが登録
  • 年収1000万円以上のハイクラス・エグゼクティブから高評価

△懸念点

ただ、スカウトを送ってきたヘッドハンターの対応が微妙だったり、そもそもキャリアが浅い人にはスカウトがこなかったり、とネガティブな意見も見られました。

  • 結局スカウトを送るヘッドハンター次第
  • 転職市場価値が低いとスカウトが来ない

年収600万円に満たない場合は、リクルートエージェントパソナキャリアといった他の転職エージェントへ登録すると良いでしょう。

iX転職

求人数非公開ヘッドハンター数非公開
エリア全国対象年代30~50代
得意年収800万円~口コミ評判★★★★☆

<公式サイト>
https://ix-tenshoku.jp/

iX転職は、人材業界大手のパーソルグループが展開している、年収800万円を超えるようなハイクラス・エグゼクティブ向けヘッドハンティングサービスです。

最大の特徴はヘッドハンティング型を取っていることで、自身の履歴書と職務経歴書を提出しておくとヘッドハンターから自動的にスカウトを受け取ることができます。

ただ、こちら側から求人数や在籍ヘッドハンターを見ることはできないため、スカウトが来ないと「登録したけどなんだったんだろう...」となってしまう可能性もあるでしょう。

Point
  • ヘッドハンティング型サービス
  • 年収800万円以上のエグゼクティブ向け
  • 無料で通年利用可能。登録も簡単。

とはいえ、無料で通年利用できるため、「今すぐの転職は考えてはいないが、いい案件があれば考えなくもない」といった方であれば、登録だけでもしておくことをおすすめします。

JACリクルートメントに関するQ&A

この章では、JACリクルートメントに関連して気になる質問とその回答についてQ&A形式で解説していきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

Q1. JACリクルートメントにはどんなコンサルタントが在籍していますか?

総勢約800名のコンサルタントが在籍しています。

各業界経験があるキャリアコンサルタントが多く、分野の専門性が高く、市場理解が強く安心感が持てる特徴があります。

その分野の業務経験がなくても、JACリクルートメントは業界専門性が高いコンサルタントが多くいるため、実績と質の高さに定評があります。

Q2. JACリクルートメント派遣には、どのようなサポート体制がありますか?

外資系企業経験者、もしくは語学力の高い人にとっては多くの紹介企業があるため向いているでしょう。

また外資系企業のような実績重視でドライな社風を好む方にもお勧めです。

さらにはハイクラス求人も多いため、マネジメント経験を活かしてステップアップしたい人も利用するメリットが高いです。

Q3. 登録の流れを教えてください。

まずはJACリクルートのサイトから新規登録をします。※無料

その後、担当から連絡が入り、都合の良い日程でキャリア面談が行われます。

キャリア面談は基本的には対面で行いますが、遠方の場合や現職が多忙でどうしても会社へ訪問ができない場合に限って、WEB面談や電話面談となります。

面談後、マッチした希望に合った案件をいくつか紹介してもらい、興味の持った企業へ推薦をしてもらいましょう。

推薦する際の履歴書・職務経歴書の添削も行ってもられます。

書類選考が通過し、面接が入れば面接に向けた対策を実施してもらい、内定に向けてのサポートがあるという流れです。

最終的に内定が出た場合に年収の交渉や入社日の調整なども間に入って行ってくれます。

転職エージェントの活用ポイント10ヶ条

転職エージェントに登録後、転職コンサルタントと面談をして、求人を紹介してもらうことになりますが、効果的に活用するために以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 経歴と希望条件を事前に整理しておく
  2. 経歴やスキルには嘘を絶対につかない
  3. 転職をするという意思を示すこと
  4. 担当コンサルタントへこまめに連絡する
  5. 企業側に出される推薦書は事前確認する
  6. 面接前に企業の情報を丁寧にいておく
  7. 選考企業の情報は口コミサイトでも集める
  8. 言いなりにならず自分の頭で判断する
  9. 担当者と合わなければ担当変更を依頼する
  10. 転職エージェントは1社だけに依存しない

それぞれ簡単に説明していきます。

①経歴と希望条件を事前に整理しておく

転職エージェントは、ご自身の経歴や希望に沿った求人を提案してくれるサービスなので、なるべく事前に整理しておくことが重要です。

事前準備したいもの
  • 履歴書と職務経歴書
  • 希望条件(簡単にメモする程度)

履歴書や職務経歴書は、求人に応募するためにも必要ですが、担当コンサルタントにスキルや経歴を正しく伝えるために役立つので、必ず用意しましょう。

もちろん準備ができていなければ後でも構いませんが、事前に伝えておいた方が効果的なアドバイスを受けることができるので、現段階である程度書けるのであれば、準備した方がよいです。

また、希望条件に関しては詳細には決めていなくても、業界に職種、年収などで譲れない条件があれば、事前に整理して伝えることで、より希望に沿った提案を受けることができるでしょう。

②経歴やスキルには嘘を絶対につかない

こちらは言うまでもありませんが、これまでの経歴やスキルに嘘をつくことは絶対にやめてください。

転職だけの付き合いとはいえ、バレる可能性は非常に高いですし、詐称して入社したとしてもそれは本来の実力ではないため、入社後にギャップが生じてしまう可能性があります。

もし転職後にバレたら、内定・入社が取り消されることもありますし、何より嘘をついたという過去があなたを一生苦しめることになります。

ただ、自身の経歴やスキルを魅力的に見せたいという気持ちは非常にわかるので、嘘にならない範囲で、細かい言い回しや表現の工夫をするに留めてください。

③転職をするという意思を示すこと

まず転職をするという意思を示すことで、彼らの中で優先度を高めてもらうことが非常に重要になってきます。

大前提として転職コンサルタントは、サポートしている求職者が転職をすることが成果となり、そして日々目標に追われているため、 なるべく転職しそうな方に時間をかける傾向があるからです。

目安としては『3ヶ月以内』と言われており、転職エージェントによっては、3ヶ月以上かかる場合、サポートしないと決めていることもあります。

④コンサルタントへこまめに連絡すること

転職コンサルタントには定期的に連絡を入れて、優先度を高めてもらうことが大事です。

理由については、①と近い内容ではありますが、1人で複数の求職者を担当している転職コンサルタントに、こまめへ連絡をすることによって良い印象をつけるためです。

転職コンサルタントも人なので、『定期的に報告してくれた方が、アドバイスしたい気持ちになる』という単純接触効果による心理的バイアスを利用していきましょう。

⑤企業側に出される推薦書の内容はしっかりと確認すること

前提として、転職エージェントは求職者からヒアリングした内容をもとに、推薦文を企業に提出しています。

企業側の採用担当はその文章を見てから求職者に会っているため、もし内容に齟齬があれば「あれ?聞いていた話とズレているぞ...」と不信感を与える結果となり、選考で不利になってしまいます。

なにより、間違えた情報で推薦されていたために、書類で落ちてしまう可能性もあるので、必ず確認するようにしましょう。

⑥面接前に企業情報を丁寧に聞いておく

面接前に、企業や担当者の特徴、さらに選考対策について丁寧に聞いておくことをお勧めします。

過去に、その企業の選考を別の求職者が受けている場合があるので、転職エージェント側として、ポジションに応じた想定質問などをノウハウとして持っていることが多いです。

仮に持っていなくても、その業界ならではの選考アドバイスをもらえることがありますし、面接練習に付き合ってくれることがあるので、気軽に頼ることをお勧めします。

⑦企業の情報は口コミサイトでも集める

転職エージェントから聞いた情報だけでなく、実際に働いている(働いていた)人からの本音口コミを見るようにしておきましょう!

というのも、当然ながら転職エージェントは紹介企業で働いた経験がないので、全てを知っているわけではないからです。

なるべく口コミサイト、例えば『転職会議』や『カイシャの評判』を見ることで、選考企業に悪評がないか、安心して入社することができるか、を確認するようにしてください。

⑧言いなりにならず自分の頭で判断する

基本的に転職エージェントは求職者側の味方ですが、企業から報酬をもらうというビジネスモデル上、企業側の味方になりやすい構造にあります。

例えば、内定を2社からもらったとき、多少社風があっていなかったとしても敢えて言わず、マージン額の高い『年収が高い企業』をお勧めしてくることもあるかもしれません。

そのため、思考停止で信じ切って全てを鵜呑みにするのは危険です。

⑨担当者と相性が合わないと思った場合は担当変更を申し出ること

転職コンサルタントも人間なので相性があります。

例えば、ぶっきらぼうな性格の担当者もいれば、 温和で人当たりの良い担当者もいます。

また、経験が浅い担当者もいれば、専門性が高く非常に経験が豊富な担当者もいます。

転職活動はあなたの人生を左右する非常に大事な事柄なので、少しでも合わない・物足りないと思った担当者は変更してもらいましょう。

ちなみに、例えば『専門知識が浅く、頼りない』と伝えれば、より専門性が高くて経験豊富なコンサルタントが出てくるケースが多いので、遠慮なく変更を申し出ましょう。

⑩転職エージェントは1社に依存しない

転職エージェントは1社だけに依存せず、複数社併用しましょう。

なぜならば、保有している求人がそもそも違いますし、担当コンサルタントによってアドバイスの内容が違うことがあるからです。

人間は心理的めんどくささのあまり、選択肢を減らしてシンプルに決断をしようとする傾向にありますが、

オハイオ州立大学の研究によると、

『3択の選択肢を用意して進めた場合ですら32%が失敗をしてしまい、2択の場合はなんと52%が失敗してしまった』

という調査結果があるので、1択の場合などもう目も当てられません。

そのため、求人の幅を広げるためはもちろん、より多くのコンサルタントからアドバイスをもらい失敗しない判断をするためにも、最低3社以上は併用することにしましょう。

最後に

ここまでご説明してきた通り、JACリクルートメントは年収600万円を超える高年収求人を探している方にとって、非常におすすめできる転職エージェントです。

↓に該当する方であればぜひ利用しましょう。

JACリクルートメントをおすすめできる条件
  1. 外資系/グローバル企業に転職したい方
  2. 年収600万円以上の高年収帯求人を見たい方
  3. 両面型コンサルタントの質の高いサポートを受けたい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

ただ、全体求人数は、ビズリーチキャリアカーバーと比較すると「やや物足りない..」という意見もあったので、合わせて併用することをおすすめします。

ハイクラス転職の場合は、今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職サービス評判アンケート

当サイトでは、転職サービスの口コミを募集しております。

こちらからあなたが利用した転職サービスの体験談を投稿してください。