リクルートエージェントは転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

リクルートエージェントに登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「実際に利用した人からの評判は?」

などと、気になりますよね。

リクルートエージェントのような転職サービスに登録すれば、より希望にあった求人を見つけ、効率的に転職活動を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

そこでこのページでは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや2ch、独自アンケートの口コミを元に、リクルートエージェントの評判を整理してみました。

<公式サイト>
https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント|国内最大級の転職支援エージェント

求人数103,611件非公開求人109,962件(求人全体の約90%)
エリア全国・海外
本社所在地〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
主な対応職種あらゆる職種に対応口コミ評判★★★★★

※事務系や医療系、金融系といった専門職や、就業経験・一貫したキャリアや専門知識の浅い人向けの求人は取り扱いが少ない
※一般派遣の登録の募集、建設・港湾運送業務、船員の求人などは取り扱い無し

<公式サイト>
https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する国内最大手の総合転職エージェント。

業界トップクラスの圧倒的な求人数が特徴で、全国各地のあらゆる職種に対応しており、中でも営業職や販売職、IT・エンジニア職といった求人を豊富に取り扱っています

中には事務系や医療系など取り扱いの少ない職種もありますが、幅広い年齢層の求人や狭い業界での転職、地方へのUターン転職など他社では探しづらい案件も、リクルートエージェントであれば提案してもらえる可能性が高いです。

在籍するキャリアコンサルタントはそれぞれ得意領域を持ち、利用者の希望や適性に合った求人の紹介や、今後のキャリアプランについて的確なアドバイスをしてくれます。

企業情報も大量に収集していますので、求人とともに気になる企業の社風や社員の働き方、選考の対策方法まで多様な情報を得ることが可能です。

さらに転職活動を後押ししてくれるのが、同社の40年の実績とノウハウが詰まった独自の「転職支援サービス」。

以下のような豊富な支援ツールを無料で利用できます。

  • 「面接力向上セミナー」
    自己PRや転職理由の伝え方など面接の必勝ノウハウを学べるセミナーで、全国各地で開催。参加者の満足度が高い人気のサービスです。
  • 「エージェントレポート」
    業界分析から企業の選考のポイントまで独自に収集・分析した情報が詰まったレポート。求職者では収集困難な企業の生の情報が集まっています。
  • 「パーソナル デスクトップ」
    求人応募や進捗管理をサポートする会員専用ページ(個人ページ)。求人の応募手続きなどさまざまなことを行うことができます。

これらに加え、公式サイトには「IT・Webエンジニア」「Uターン・Iターン転職」などのジャンルごとに特化した6つの専門サイトも設けられており、必要な情報を探すのに便利です。

以上のように、リクルートエージェントは業界No.1の求人数・情報量強力な独自の支援サービスにより転職活動をしっかりとサポートしてくれます。

サポート期間が「約3ヶ月」という期限はありますが、希望に合った転職成功を実現するための支援体制が整った頼もしい転職エージェントと言えるでしょう。

次章からは、利用者の口コミを分析してわかった、リクルートエージェントのメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

なお、リクルートエージェント以外の転職エージェントに関する評判は、「763人が選んだ転職エージェントおすすめランキング」でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

リクルートエージェントの評判|メリット&デメリット

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、リクルートエージェントの特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) 質・量ともに圧倒的な求人数を保有

リクルートエージェント最大の強みのひとつは、その圧倒的な求人数。職種・年齢層・企業規模など幅広い求人を保有しています。

中でも営業職や販売・サービス職、IT・エンジニア職の求人に強く、非公開求人も10万件とトップクラスです。

企業への営業力の高さや「リクルートグループ」のもつ信頼性により、好条件などの良質な求人も多く集まっています。

過去のデータでは、リクルートエージェントを利用した転職成功者のうち6割以上が年収アップを果たしたという実績もあります。

他社では扱いの少ないニッチな求人や、30代後半以降のミドル層の求人なども取り扱っており、利用者それぞれの希望にマッチした案件を見つけられる可能性が高いです。

また、コンサルタントに相談すると、求人だけでなくその企業の詳細情報も合わせて提供してくれます。

多数の求人を紹介されて「どの企業にすべきか迷ってしまう」という場合も、企業それぞれの社風や働く環境、選考のポイントなどさまざまな情報を得ることができるので、転職先を絞り込む参考となるでしょう。

職種によっては取り扱いの少ない、または取り扱いの無い求人もありますが、リクルートエージェントではより多くの選択肢の中から比較検討して転職活動を進められるので、転職を考えている方はまずこちらに登録するのがおすすめです。

メリット(2) 独自の多様な転職支援サービスを利用できる

業界No.1を誇る求人数や情報の他に、リクルートエージェント独自の「転職支援サービス」が利用できるものメリットのひとつです。

登録者は以下のような支援サービスを無料で利用することができます。

  • 「面接力向上セミナー」
    自己PRや転職理由の伝え方、採用担当者に好印象を与える方法など「面接の必勝ノウハウ」を学べるセミナー。
    面接内容や注意点などの知識のほか、「面接官」の立場になったシミュレーション体験や「不採用理由」のポイント整理など、充実した内容で参加者の満足度の高いサービス。
  • 「エージェントレポート」
    活躍する人材や企業の特徴、業界トレンド、働く環境や社風、選考のポイントなど、求人票だけではわからない企業の生の情報が満載のレポート。
  • 「パーソナル デスクトップ」
    会員専用ページ(=個人ページ)。
    求人情報のチェックやコンサルタントへの応募手続き依頼、「レジュメnavi」で職務経歴書の作成・提出など、さまざまな機能あり。

特に職務経歴書を自動作成してくれる「レジュメnavi」は大変便利なツールと好評です。

これらの多様な独自サービスを使えるだけでも、リクルートエージェントに登録する価値は大いにあるでしょう。

メリット(3) コンサルタントから質の高いサポートが受けられる

リクルートエージェントには、それぞれ得意領域を持つキャリアコンサルタントが多数在籍しています。

転職支援のエキスパートである彼らは、業界の動向や利用者の経歴・スキル・職務適性などさまざまな要素を考慮し、プロ視点でのキャリアプランを提案してくれます。

また、コンサルタントの「年収交渉力の高さ」も強みのひとつ。

リクルートエージェントでは、過去の利用者の転職成功者のうち、2011年には6割以上の方が年収アップを実現したというデータもあります。

企業との太いパイプを活かした交渉力で、内定先の企業に求職者の希望をしっかりと伝えてくれるでしょう。

なお、コンサルタントの専任サポート期間は「3ヶ月間」です。期間中に転職先が決まらなかった場合は自分で応募先を見つけていくことになります。

ですが、サポート期間中は面接対策や書類添削、求人の応募や面接日程調整などの支援をはじめ、企業との給与や待遇などの交渉なども全てコンサルタントが代行してくれます。

面談でご自身の経歴やスキル、希望条件などをしっかり伝え、コンサルタントからのサポートを最大限に活用して転職成功を目指しましょう。

デメリット(1) 求人数の割に希望条件に合う求人が少ない場合も

業界の中でもトップクラスの求人数を誇るリクナビエージェントですが、条件によっては希望に合う求人が少ない場合もあるようです。

充実しているのは営業職、エンジニア職、販売・サービス職、企画・管理職の求人。

その一方で事務職や医療系、金融系などの専門職系の求人は、比較的保有数が少ない傾向があります。

また、就業経験や一貫したキャリア・専門知識の乏しい「社会人経験が浅い人向け」の求人も取り扱いが非常に少ないです。

中には「建設・港湾運送業務」など、取り扱いのない求人も一部あります

また求人保有数が多いのは確かですが、それだけ登録者数も多く、特定の案件の倍率が高くなることも少なくありません。

特に高給与や好待遇といった良質な案件には応募者が殺到するため、強みや経歴がないと選考で不利になってしまう、という声もありました。

豊富な求人数を魅力に感じて登録する人も多い中、職種によっては紹介される求人数が少ないと期待が外れて残念に思う方も。

なお「取り扱いの少ない・取り扱いのない求人」については、「転職支援サービス」申し込みページ下部の「留意事項」に記載されています。

ご自分の希望職種や経歴などがこれらに該当しないか、事前に確認してみましょう。

また、転職エージェント経由の紹介だけでなく「転職サイト」なども積極的に活用して、自分から気になる求人をどんどん検索して探していくのもおすすめです。

デメリット(2) コンサルタントの質にばらつきがある

在籍しているコンサルタントは、リクルートグループによる教育体制やノウハウの蓄積により優秀な方が多いと評判です。

ですがリクルートエージェントの利用者からは、以下のようなコンサルタントの対応に関する不満の声も見られました。

  • 希望条件にあっていない、的外れな案件を紹介される
  • 応募を急かすようにしつこく言ってくるなど強引な提案をされた
  • スカウトメールや電話が煩雑に感じた

上記のように、対応が機械的で素っ気ない、望んでいたアドバイスがもらえずフォローに不足感を感じると言った声や、逆に意に沿わない求人を紹介される、応募などを強引に進められるなどの声も多くあります。

もし提案された求人に納得できない場合は、コンサルタントにその求人を勧める理由を確認してみましょう。

コンサルタントとの面談時には、あなたが企業に求める条件や、転職において外せないポイントなどをなるべくはっきり伝えることで、お互いの認識違いを回避できる可能性が高まります。

人間同士の相性もありますが、知識と経験豊富なコンサルタントのサポートを最大限に活用して転職成功を目指しましょう。

デメリット(3) 求人情報が大量に送られてくる

リクルートエージェントの大きな強みである「圧倒的な求人数」も、場合によってはデメリットになることもあるようです。

登録すると「おすすめの求人情報」が定期的かつ大量に送られてくることが多いので、それをさばくのに苦労するという口コミも見られました。

取り扱い数の多い職種によっては、1日に何十件という求人情報が送られる場合もあります。

たくさんの求人の中から比較検討しながら転職先を決めたい方や、スピーディに転職活動を進めていきたい方にはリクルートエージェントはおすすめです。

しかし、求人チェックの時間を確保するのが難しい方や、マイペースに転職活動したい方にとっては、矢継ぎ早に大量の求人を紹介されるとストレスに感じる可能性もあります

コンサルタントに希望条件を絞って求人を紹介してもらったり、連絡頻度を抑えてもらったりするなどして、メールの量は調整してもらいましょう。

リクルートエージェントの利用をおすすめできる人

ここまでの口コミ評判からわかった、リクルートエージェントのメリット&デメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • 質・量ともに圧倒的な求人数を保有
  • 独自の多様な転職支援サービスを利用できる
  • コンサルタントから質の高いサポートが受けられる
×デメリット
  • 求人数の割に希望条件に合う求人が少ない場合も
  • コンサルタントの質にばらつきがある
  • 求人情報が大量に送られてくる

リクルートエージェントは、国内最大級の規模を誇る転職エージェントです。

コンサルタントの質に差があることや、希望条件に合う求人が少ないことなどのネガティブな口コミはあるものの、質と量どちらも兼ね備えた求人数独自の転職支援サービスには定評がありますので、登録して損はないサービスだと言えるでしょう。

上記を踏まえると、リクルートエージェントは以下に当てはまる方に特におすすめできます。

リクルートエージェントをおすすめできる条件
  • 丁寧にサポートを受けながら転職したい方
  • とにかくたくさんの求人を見てみたい方
  • 営業職や販売職、IT・エンジニア職での転職を考えている方

利用は無料なので、気軽に相談してみましょう。

公式)https://www.r-agent.com/

とはいえ、より良い求人を見つけるためには複数併用すべきです。

そのため、リクルートエージェントだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

リクルートエージェントと併用したい転職エージェント

リクルートエージェントだけでなく複数の転職エージェントを利用することで、応募できる求人の幅も広がり、転職後の満足度も向上させることができます。

シンプルに判断軸は2つ。

【重要】転職エージェントの選び方

  • 求人数(公開求人数+非公開求人数)
  • 利用者の満足度(サポート・対応力)

※転職エージェント満足度は、幅広い年齢、地域、職種の男女763人に対してアンケートを実施し、信頼に足る口コミを回収しました。

2020年実施調査

順位名称求人数満足度
1位リクルートエージェント23
万件
★★★☆☆
(3.8/5.0)
2位パソナキャリア5.1
万件
★★★★☆
(4.2/5.0)
3位JACリクルートメント0.4
万件
★★★★☆
(4.5/5.0)
4位dodaエージェント11.7
万件
★★★☆☆
(3.7/5.0)
5位マイナビエージェント3.5
万件
★★★★☆
(4.1/5.0)

それぞれ簡単に特徴を見ていきましょう。

1位. リクルートエージェント

公開求人数10万件非公開求人12万件
エリア全国+海外対象年代全年代
得意職種全職種口コミ評判★★★☆☆

公式)https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界No.1の実績を誇る転職エージェントです。

強みは『業界No.1の求人数』で、非公開求人も合わせると20万件以上と、どの職種・地域・年代であっても十分な求人を紹介してもらえます。

実際、求人の選択肢を増やすことは転職を進める上でも非常に重要であるため、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

Point

  • 求人数No.1、どの地域でも対応可能
  • 第二新卒や未経験でも転職にも強い
  • 優秀なコンサルタントが多く頼りになる

△注意点

ただ、コンサルタント1人あたりが多くの求職者を見ていることもあってか、対応力に対するネガティブな評判がもいくつか見られました。

  • 求人を強引に勧めてくる場合がある
  • 担当者の対応が淡白で物足りない時も

とはいえ、担当者との相性は運みたいなところがありますので、パソナキャリアマイナビエージェントといった転職エージェントにも並行して登録し、より相性が良いところに絞るようにしましょう。

2位. パソナキャリア

公開求人数3.2万件非公開求人2万件
エリア首都圏、大阪、名古屋対象年代20~30代
年収UP率67.1%口コミ評判★★★★☆

公式)https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、派遣業界最大手のパソナが運営する転職エージェントです。

16,000社以上の企業と取引実績があるため求人数が非常に多いのはもちろん、

求職者のことを第一に考えたサポートを実施しているため『利用者満足度No.1』という実績があります。

手厚いサポート・対応力に定評があるので、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

Point

  • 転職者からの満足度アンケートNo.1
  • 丁寧なサポートで慣れない転職に強い
  • 首都圏の求人が豊富。女性から高い支持

△注意点

  • 首都圏、大阪、名古屋以外は求人数が多くないので、物足りなく感じることも...

全国での求人数はそう多くはないので、地方の場合はリクルートエージェントdodaエージェントを活用することをお勧めします。

3位. JACリクルートメント

公開求人数3,400件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~50代
得意年収600万円~口コミ評判★★★★★

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、年収600万円以上のハイクラス専用転職エージェントです。

業界ごとに担当者がついているため専門性が非常に高く、求職者の経歴に沿った求人を提案してくれることが大きな特徴です。

また、 一気通貫型で企業の採用担当者と深いやり取りをしているため、その企業の情報に詳しく、選考対策も的確というメリットもあります。

そのため、ハイクラス層で転職したい方は、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

Point

  • 年収600万円以上の転職実績No.1
  • 一気通貫型エージェントで求人に詳しい
  • 業界の専門性・提案力が非常に高い

△注意点

  • 年収500万以下だと断られる場合がある

ハイクラス専門の転職エージェントであるため、一定の経歴がないとサポートを断られる場合があります。

4位. dodaエージェント

公開求人数7万件非公開求人10万件
エリア全国+海外対象年代全年代
得意職種全職種口コミ評判★★★☆☆

公式)https://doda.jp/

dodaエージェントは、転職サイトと転職エージェント両方の機能を1つのサイトで提供していることが特徴の、業界最大手エージェントです。

求人数がリクルートエージェントに次いで業界No.2(全国14万件)と非常に多く、求人の選択肢を増やすためにもぜひ登録すべき1社です。

また、定期的に転職イベント・転職フェアを開催しているので、今すぐの転職を考えていなくても登録する価値はあるでしょう。

Point

  • 求人数14万件と業界No.2!地方も強い
  • 転職イベントが定期的に開催されている
  • 転職サイトとエージェント両方の機能を備えており一貫した転職サポートが実現

△注意点

ただ、比較的経験の浅いコンサルタントが多いのか担当者の質に差があり、他転職エージェントと比べると、口コミ満足度はそう高くない傾向にあります。

  • 専門性の浅いコンサルタントが多い
  • 担当者のサポートや対応力に差がある

サポートに期待する場合は、口コミ評価が総じて高いパソナキャリアマイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

5位. マイナビエージェント

公開求人数2万件非公開求人2万件
エリア 関東/関西/愛知/福岡対象年代20~30代
得意職種営業・IT・マーケ口コミ評判★★★★☆

公式)https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

新卒領域での取引実績から、首都圏を中心に若年層向けの求人数が非常に多く、また丁寧なサポートに『20代の満足度No.1』の強さです。

さらに、ITエンジニア領域や医療系分野(看護師など)にも特化したサービスを出しており、専門性が非常に高いことが特徴なので、どなたでも1度相談してみることをおすすめします。

Point

  • 20代からの利用者満足度評価No.1
  • 圧倒的シェアを持つ新卒領域での取引実績から若年層に強い
  • 経歴の棚卸からキャリア設計までサポートが好評

△注意点

  • 高年収向けの求人は少なめ

20代向けの求人は多いものの、30代以上だと物足りなくなる可能性も。

もし、年収600万円~の高年収求人を見たい方であれば、JACリクルートメントビズリーチといったハイクラス専門の転職エージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントの口コミ・評判

理学療法士、作業療法士、看護師で一般企業で視野を広げてみたいと思っている人は転職サイトのビズリーチとリクルートエージェントがオススメ 水日は転職エージェントが優秀なのと、リクルートエージェントは求人数が多

#副業
#自己投資
#ブログ初心者

Twitter

メインはリクルートエージェントです!
やはりここは持っている求人数が多いですね😀

Twitter

転職初心者はリクルートエージェントに登録することをお勧めします。エージェントの質はピンキリで良いエージェントが担当になるかは運次第なのですが、会員専用ページから大量の非公開求人をみることができるようになるのでそれだけでも価値があるからです。

Twitter

しおさん、落ち着いたらでよいのですが、腰を据えて次を探すなら、「リクルートエージェント」などの非公開求人を試して下さい。

そこで決めるかどうかは別として、かなり勉強になりますし棚ぼたもありえます🎵

わたくしも、今の会社はリクルートエージェントで決めました!

Twitter

転職に慣れてない人はとりあえずリクルートエージェントに登録してみるといい。求人保有数No1だからどんな求人があるか大体わかるし、転職無理だなと思った人材は冷徹に登録おことわりしてくるから自分がどこかに転職出来るかどうかの判断もできる。

Twitter

リクナビ登録からのリクルートエージェントが最強だと思う
大手はほとんどつかったけど件数、質、面接のサポートどれを取ってもリクルートエージェントが一番だった

Twitter

現在
マイナビエージェント。
リクルートエージェント。
の2つのエージェントさんを活用させて頂いておりますが。
個人的にリクルートエージェントさんの方が親切でわかりやすい印象。

マイページの見やすさ、(担当者さんに寄るんだろうけど)メールでのやりとり、各種書類作成のためのツール提供、

説明動画、なんかもリクルートエージェントさんの方が豊富でわかりやすい。

転職活動を初めて見たいけど、どこ使えばいいの?って方は
まずはリクルートエージェントさんに登録してから、他のエージェントさんに登録するのがいいかもね。

ちなみに「転職サイト」よりも「エージェント」だよ。

Twitter

40代の転職で絶対登録しておくべき転職エージェント

1.リクルートエージェント

キャリアカーバーはリクルートエージェントの上位サービスなので一緒に登録しておくと良く、転職エージェントとしては40代でもしっかり相談に乗ってくれる。

Twitter

あと転職してまだ1年しか経ってなかったのでフワフワしていたんだけど自分の年収がようやく把握できたのは地味に良かった。転職サイト、リクルートエージェント使って「ほんとにその額になるんかよ?」と半信半疑だったんだけど、ほぼ要求どおりの年収になったので「おおっ!まじか」って驚いてるw

Twitter

内定が出たので言ってしまおう!
この度の転職活動でリクルートエージェントを利用したんだけど、担当の方もとっても良い人で、始めてから約2週間で終了となりました交差させた指
このスピード感たまらんですね笑顔キラキラ
転職考えてる人、よかったら経験談話します!

Twitter

リクエーを利用するの2回目だけど
今回のCAさんすごくいい、頼れる、ありがたい

5ch

リクルートエージェントさんのところもいいのですが…なかなか選ばれずもあって…時折リクルートエージェントとはなんぞやってなる時もなくはなくて…

そこばっかりにこだわり過ぎぬやり方をぼちぼちねぇ…

(まぁ…根本的にたった1,2席のテーブルを…多くて4,5席のテーブルを取り合うのだから…)

Twitter

1.5ヶ月ぶりにリクルート・エージェントでハイクラス経理職の求人を検索したら、件数が減ったというほかに、ベンチャーがほとんどになっていて質的にも後退している。

Twitter

去年マイナビ20sやリクルートエージェントで言われたのが、事務職よりも営業職や小売店販売職の求人が圧倒的に多い話。第2新卒でも転職可能!というのは、営業や販売の仕事であって、なかなか事務職は難しいと言われた。色々考えた結果、事務職の中でも倍率の低い税理士事務所を私は選んだ。

Twitter

リクエーから電話があり正式にサービス停止にしてもらった。職歴を生かさない職につきたい人には、全く役に立たないところであった。

Twitter

リクエーの電話終了なう。リクエーは基本経験業種・職種の仕事紹介がメインらしい。はじめて知った。営業以外の職種のが興味あると言ってもなかなか難しく、その辺は自力でやってね!とハッキリ言われた。まぁいいか

Twitter

地元に戻りたいけど田舎すぎてリクエーじゃ無いからハロワ見出したわ

5ch

強制というか、早く決めたいのか、自分は様子見なのに「こんないい案件、もう数年で会えないと思いますよ!」「売り手市場といわれているのは今のうちだけですよ!」とか言われている。
自分は、今は転職する気がそんなになくて、リクエーから声かけられて、とりあえず登録して、何度か面接に行ってるだけなのに。
「もっと真剣になってください!」と檄を飛ばされた。

5ch

MR BiZ、JAC、ランスタッドに登録した!
リクルートエージェントはCSOお断りって言ってるのに、CSOばっかり紹介してくるから解除した。

Twitter

リクルートエージェントにサーバーサイドエンジニアとして転職したいと相談にいったのですが、「保守・運用しかない。相当厳しいですよ」と本気で言われた。

やっぱり無理なのかなと諦めかけたけど、wantedlyで応募してたら面談してくれる企業は数社あった。

#駆け出しエンジニアと繋がりたい

Twitter

リクルートエージェントがいいと言って登録したけど
リクルートエージェントはあかんわと思いました
理由は自分の業種が一般的な企業ではないこと
マッチングしたらお金が発生する仕組みのため受かりやすいものを提案してくること
さらに言うと応募の数をこなせと言って、合格の率をあげさせる

Twitter

リクルートエージェントだけは
おすすめできない。
当時32歳だったが
「転職適齢期過ぎてます」の全否定から始まり
「とりあえず20社分印刷してきたんであとは自分でいってきてください」との投げやりな対応。
東京駅までの交通費の無駄だった!

Twitter

リクルートエージェントの人がコベリコ建機に送った一次書類選考用の書類が通ったらしいけど面接は辞退した。正直次の仕事は整備関係はしたくない…て、リクルートエージェントの人にも伝えたはずなんだけどなぁ(^_^;)

Twitter

望んでない求人ばかりを投げつけて来たから全拒否したら案件寄越さなくなった所ありましたね。

リクルートエージェントって会社ですけど。私ゃあそこは全く信用しない。

Twitter

転職エージェントには最大限の注意を!

例え大手でも担当が新人キャリアコンサルタントだと、長期的な視野でカウンセリングするのなんて無理だから、受かりそうな求人票をひたすら見せられる。

私もリクルートエージェントに150枚くらいの求人票を次々と紹介されたのはびびった。

Twitter

リクルートしつこい。そんで1日で10件以上とかメールで紹介されてもどないにもならん。そもそも今のところも再雇用の話まで出してきたつーの。ワケわからん。

Twitter

リクルートエージェントに関するQ&A

ここでリクルートエージェントに関する、問い合わせの多い質問をまとめてみました。

1つずつ回答していきますので順番に見ていきましょう。

Q1. リクルートエージェントにはどんなコンサルタントが在籍していますか?

リクルートエージェントには「IT領域」「オフィスワーク事務職」など、それぞれに得意領域を持つ経験豊富なキャリアコンサルタントが在籍しています。

その数も約470人と業界トップクラスの人数で、キャリア相談や面談をはじめ、面接対策や書類添削など、効率的に転職を進めるためのさまざまな支援を行ってくれるのが特徴です

専任でのサポート期間は「約3ヶ月」という期限はありますが、過去40年以上にわたる転職支援実績により蓄積された企業情報やノウハウをもとに、質の高い的確なアドバイスで転職をサポートしてくれます。

Q2. コンサルタントとの面談はどこで行われますか?

面談を実施するリクルートエージェントの拠点オフィスは全国に16カ所あります。

(札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、東京丸の内、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)

お近くのオフィスで面談が可能で、面談日時も平日の20時以降や土日などにも対応可能です。

そのため、お仕事などで多忙な方でも、自分の都合に合った面談スケジュールを選択できます

オフィス訪問が困難な場合は電話での面談も可能です。

Q3. リクルートエージェントを一度退会してから、再登録してサービスを利用することはできますか?

再登録および転職支援サービスの利用は可能です。

なお登録情報について、前回の申込みから5年以内であり、かつ以前登録した情報が残っている場合、こちらから過去の登録情報を利用して再登録することができます。

ただし、前回の利用時に登録情報消去の依頼をしていたり、前回のアドレスが使用できなかったり(もしくは忘れてしまったり)した場合は、新規での会員登録となります。

最後に

ここまでご説明してきた通り、リクルートエージェントは国内最大級の転職支援サービスです。

以下に該当する方であればぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントをおすすめできる条件
  • 丁寧にサポートを受けながら転職したい方
  • とにかくたくさんの求人を見てみたい方
  • 営業職や販売職、IT・エンジニア職での転職を考えている方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

<公式サイト>
https://www.r-agent.com/

ただ、転職の成功率を上げるなら、以下の転職サービスも併用することをおすすめします。

今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。