リクナビ薬剤師の評判は悪い?300人の口コミからわかる転職サイトの特徴&注意点

リクナビ薬剤師に登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

リクナビ薬剤師のような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

そこでこのページは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや5ch、独自アンケートの口コミを元に、リクナビ薬剤師の評判を整理しました。

公式)https://rikunabi-yakuzaishi.jp

リクナビ薬剤師の特徴|調剤薬局とドラッグストアに強い

公開求人数5.8万件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~60代
雇用形態正社員/パート口コミ評判★★★★☆

公式)https://rikunabi-yakuzaishi.jp

リクナビ薬剤師は、人材業界No.1のリクルートグループが運営する、薬剤師専門の転職エージェントです。

全国での求人件数は5.8万件と国内最大級で、調剤薬局やドラッグストアの好条件求人が非常に多く集められています。

また、登録してから転職までのスピード感に強みを持っており、登録翌日には5件以上の求人を提案、そして最短3日で転職が可能、と転職先をすぐに決めたい方にとっておすすめです。

全国の拠点は4拠点と少ないながらも、人材業界No.1ゆえに、大手調剤薬局や大手企業とのパイプが重厚なので、ぜひ1度どのような求人があるかだけでも聞いてみると良いでしょう。

Point
  • 調剤薬局とドラッグストア求人が豊富
  • 大手調剤薬局や大手企業の太いパイプ
  • 登録から転職までのスピード感が早い
△注意点
  • 派遣求人には対応していない

残念ながらリクナビ薬剤師は、派遣求人には対応しておらず、その求人のほとんどが正社員、またはパート・アルバイトとなっています。

そのため、もし派遣求人での就労を検討されている方であれば、派遣求人に強い、『ファルマスタッフ』か『薬キャリ』に登録するとよいでしょう。

派遣以外の方であれば、リクナビ薬剤師はおすすめです。

次章からは、300人の口コミを分析してわかった、リクナビ薬剤師のメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

なお、リクナビ薬剤師以外の転職サイトに関する評判は、「763人が選んだ転職サイトおすすめランキング」でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

リクナビ薬剤師の評判|メリット&デメリット

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、リクナビ薬剤師の特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) ドラッグストア(調剤併設)求人に強い

リクナビ薬剤師の大きな特徴の一つとして、国内の薬剤師転職エージェントの中でも非常に多い、5.8万件を超える公開求人件数が挙げられます。(2020年5月時点)

これは、薬剤師転職エージェントでは2位の求人数で、1位マイナビ薬剤師の6.1万件にはギリギリ及ばないものの、誰が登録しても満足行く求人を見つけることができるだけの数はあるでしょう。

また、職種ごとに求人数の内訳をみてみると、

  • 【調剤薬局】39,000件
  • 【ドラッグストア(調剤併用)】13,500件
  • 【ドラッグストア(OTCのみ)】2,400件
  • 【病院/クリニック】3,000件
  • 【企業薬剤師】:300件

となっており、そもそもの薬局数が多い調剤薬局はもちろん、ドラッグストア求人も豊富にあることがわかります。

実際、ドラッグストア(調剤併設)の求人は14,000件であり、マイナビ薬剤師(7,300件)や薬キャリ(3,600件)と比較しても、2倍近く多い結果となりました。

そのため、調剤併設のドラッグストアで勤務したい薬剤師にとっては必ず登録すべきサービスと言えるでしょう。

逆に、病院やクリニック、企業の薬剤師求人はそこまで多くないので、物足りなさを感じた場合は、医療業界に強いエムスリー社が運営する『薬キャリ』をおすすめします。

メリット(2) 大企業や大手調剤薬局からの求人が多い

リクナビ薬剤師の求人には、大病院や大手企業が経営するドラッグストアなどが多数掲載しているので、条件の良い求人に転職することが可能です。

関東地方で500店舗以上運営しているドラッグストアチェーンの求人なども多く、年間休日も120日から125日程度で、年収も500万円~600万円と好待遇の求人に出会う確率は非常に高いです。

そのため、利用者からも、

  • リクナビ薬剤師だから前職よりも良い条件への転職が出来た。
  • 前の調剤薬局は年収450万円から新しいところでは600万円になった。

といったポジティブな口コミが多く、転職で年収アップを狙いたい方にはおすすめできます。

独自の非公開求人数が非常に多い

リクナビ薬剤師のもう1つの特徴として、非公開求人件数が多いことも挙げられます。

【参考】非公開求人とは

非公開求人というのは、一般公開で募集をかけていない求人のことで、大抵の場合、ポジションが高く、さらに年収条件も良いことが特徴です。

実際に、一般募集をしてしまうと応募が集まりすぎて、選考をするのが大変となるため、一部の条件に当てはまる方にのみ転職エージェント経由で紹介されているのです。

この非公開求人は、実際に登録してみないとわからないことがネックですが、登録すれば複数提案してくれるので、1度どのような求人があるかだけでも聞いてみると良いでしょう。

メリット(3) 応募から転職成功までのスピード感が早い

リクナビ薬剤師は、人材業界最大手のリクルートが運営しているからこそのスピード感ある対応に強みがあります。

実際、登録した翌日には平均5件の求人を紹介し、キャリアアドバイザーのサポートによって、3日以内に転職を実現することも可能です。

もちろん、今すぐの転職ではなく、自分のペースでゆっくりと転職を行いたい方であってもサポートはしてくれるので、安心して利用できるのは嬉しい点です。

デメリット(1) 地方の中堅病院、中小企業、薬局がやや弱い

リクナビ薬剤師の求人は、大企業や大病院との取引が多い傾向にあり、逆に地方の中堅病院や中小調剤薬局、中小企業の求人がやや少ないという欠点もあります。

特に、リクナビ薬剤師の拠点は全国主要都市の4拠点からなっており、特に東京&大阪がメインなので、地方の求人は一応取り扱ってはいるものの、やや少ない傾向にあるようです。

そのため、中堅・中小企業、地方への転職を考えている方や、地域密着型の病院、調剤薬局を探している方であれば、薬キャリマイナビ薬剤師を利用するようにしましょう。

デメリット(2) コンサルタントの電話がしつこいとの苦情も

リクナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは、大手転職エージェントであることの自信と矜持からまれに、

  • 電話やメールがしつこい
  • とにかく転職を成立させようとしてると感じた

と利用者に不安を感じさせることがあります。

<リクナビ薬剤師利用者の口コミ>
埼玉県/女性/31歳
★☆☆☆☆1

めっちゃ電話がしつこい。

数日前にふと思い立って登録したは良いけど、翌日普通にこっちは仕事をしている時間帯なのに気にせず2~3回かけてくる。

その日は忙しくて残業もしていたので、折り返さなかったのですが、翌日も何度もかけてくる。

暇なのかな??

せめてメールとかなら夜に返信できるのに、自分都合で電話をしつこくかけてくるのは本当にやめてほしいです。

このように、電話連絡がしつこいという口コミは大量に寄せられていました。

また、「この調剤薬局なら年収が150万円アップしますよ、と強くすすめられたけど、通勤時間が1時間以上かかる」など求職者に希望に沿わない求人を紹介するケースもあるようです。

このあたりは、担当者の引きや相性があるので、もし合わないと感じた場合には、担当者を変えてしまうか、別の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

リクナビ薬剤師の利用をおすすめできる人

ここまでの口コミ評判からわかった、リクナビ薬剤師のメリットとデメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • ドラッグストア(調剤併設)求人に強い
  • 大企業や大手調剤薬局からの求人が多い
  • 応募から転職成功までのスピード感が早い
×デメリット
  • 地方の中堅病院、中小企業、薬局がやや弱い
  • コンサルタントの電話がしつこいとの苦情

ここまで紹介してきた特徴をまとめると、

リクナビ薬剤師は、ドラッグストアはもちろん、大手企業・調剤薬局をはじめとした好条件求人も多いので、基本的に全薬剤師におすすめできる薬剤師転職エージェントです。

そして、人材業界No.1のリクルートが運営しているからこそのノウハウで、応募から転職成功までのスピード感が早いと高評価です。

そのため、「良い条件の求人があれば転職してもいい」と転職を前向きに検討されている方であれば、全ての方におすすめできます。

↓に該当する方であればぜひ利用しましょう。

リクナビ薬剤師をおすすめできる条件
  1. スピード感を持って転職したい方
  2. 大手企業や大手調剤薬局の非公開求人を見たい方
  3. 調剤薬局やドラッグストア(調剤併設)求人を見たい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式)https://rikunabi-yakuzaishi.jp

とはいえ、より良い求人を見つけるためには転職サービスは複数併用すべきです。

そのため、リクナビ薬剤師だけでなく、次で紹介するような転職サイトもチェックしていきましょう。

リクナビ薬剤師と併用したい転職サイト

1社だけでなく、複数の転職サイトを利用することで、応募できる求人の幅も広がり、転職後の満足度も向上させることができます。

特に薬剤師だと、転職エージェントを利用している方の割合は、転職者全体の80%にものぼるため、ライバルより良い求人を掴むためにも、必ず登録するようにしましょう。

転職サイトの選び方
  • 薬剤師求人が多い(非公開求人含む)
  • コンサルタントの質(専門性&対応力)
順位名称求人数満足度
1位薬キャリ5.7万件★★★★☆
(4.3/5.0)
2位マイナビ薬剤師6.1万件★★★★☆
(4/1/5.0)
3位リクナビ薬剤師5.8万件★★★☆☆
(3.9/5.0

上記にあげた薬剤師向け転職サイトは、総求人数だと同じくらいなのですが、調剤かドラッグストアかといった業種によって求人数が分かれる傾向がありました。

調剤薬局であれば、薬キャリを筆頭に、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師も豊富にありますが、ドラッグストアや病院、企業では、それぞれ得意不得意が分かれています。

※横にスクロールできます。

求人数
(2021年5月)
総求人数調剤薬局ドラッグストア病院
クリニック
企業
調剤併設OTCのみ
リクナビ薬剤師57,50336,5506,44911,0583,142304
マイナビ薬剤師43,53330,6688,4511,7192,482213
薬キャリ21,35816,7461,9843762,009243

そのため、希望する職種によって使い分けると良いでしょう。

薬キャリ|調剤薬局や病院、企業に強い

公開求人数5.7万件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~50代
雇用形態全て口コミ評判★★★★★

公式)https://agent.m3career.com

薬キャリは、エムスリー株式会社が運営する薬剤師登録者数No.1の転職サイトです。

特徴としては、5.7万件を超える求人数。

そのため、正社員や派遣パートといった雇用形態問わずに人気があるのはもちろん、専門性の高い薬剤師からも評判が高い傾向にありました。

さらに、運営元のエムスリー株式会社は、医師や医療従事者のための医療ポータルサイトなどの運営をしているので、病院や医療業界に独自の幅広いパイプを持っています。

したがって、医療業界はもちろん、病院薬剤師への転職に興味がある方であれば、必ず登録すべき1社と言えるでしょう。

Point

  • 正社員も派遣社員もパートもOK
  • 全国での求人数が5.7万件と非常に豊富
  • 病院や企業など専門性の高い求人に強い

マイナビ薬剤師|調剤薬局&ドラッグストア(OTC併用)に強い

公開求人数6.1万件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~50代
雇用形態正社員/契約/パートアルバイト口コミ評判★★★★★

公式)https://pharma.mynavi.jp

マイナビ薬剤師は、求人数No.1の薬剤師専門転職エージェントです。

実際に、紹介可能な求人案件は6.1万件ほどにのぼり、エリアも全国に展開されているので、登録すれば魅力的な求人が見つけられる点が特徴です。

また、専門キャリアアドバイザーの人数も豊富で、女性アドバイザーの数も多いので、家庭や子供のいる女性薬剤師の転職であっても心強い味方になるでしょう。

その結果として、楽天リサーチの調査結果から、薬剤師向け転職エージェント『利用満足度1位』と、最大手としての実力を轟かせています。

他にも、さまざまな転職相談会や治験業界のセミナーなどを開催しているため、どなたであってもおすすめできます。

Point
  • 調剤薬局とドラッグストア求人が豊富
  • 丁寧なサポートで利用者満足度No.1
  • 独自のセミナーや相談会が豊富
△注意点
  • 派遣求人は取り扱っていない

そのため、派遣求人を探している場合には、「ファルマスタッフ」や「薬キャリ」を利用するようにしましょう。

リクナビ薬剤師|調剤薬局&ドラッグストア(調剤併用)に強い

公開求人数5.8万件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~60代
雇用形態正社員/パート口コミ評判★★★★☆

公式)https://rikunabi-yakuzaishi.jp

リクナビ薬剤師は、人材業界No.1のリクルートグループが運営する、薬剤師専門の転職エージェントです。

全国での求人件数は5.8万件と国内最大級で、調剤薬局やドラッグストアの好条件求人が非常に多く集められています。

また、登録してから転職までのスピード感に強みを持っており、登録翌日には5件以上の求人を提案、そして最短3日で転職が可能、と転職先をすぐに決めたい方にとっておすすめです。

全国の拠点は4拠点と少ないながらも、人材業界No.1ゆえに、大手調剤薬局や大手企業とのパイプが重厚なので、ぜひ1度どのような求人があるかだけでも聞いてみると良いでしょう。

Point

  • 調剤薬局とドラッグストア求人が豊富
  • 大手調剤薬局や大手企業の太いパイプ
  • 登録から転職までのスピード感が早い

△注意点

  • 派遣求人には対応していない

残念ながらリクナビ薬剤師は、派遣求人には対応しておらず、その求人のほとんどが正社員、またはパート・アルバイトとなっています。

そのため、もし派遣求人での就労を検討されている方であれば、派遣求人に強い、『ファルマスタッフ』か『薬キャリ』に登録するとよいでしょう。

派遣以外の方であれば、リクナビ薬剤師はおすすめです。

リクナビ薬剤師に関するQ&A

この章では、リクナビ薬剤師に関連して気になる質問とその回答についてQ&A形式で解説していきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

Q1. リクナビ薬剤師にはどんなコンサルタントが在籍していますか?

男性コンサルタントはもちろん女性コンサルタントも多く、女性にとっても安心できる体制です。

特に女性は、結婚や出産を機に転職を考えることが多いので、その心を理解できる女性がいるのは心強いでしょう。

実際に、コンサルタントはそのような求職者の難しい状況をよく理解して転職をサポートしてくれるので安心して利用することができます。

例えば、一部コンサルタントの実績エピソードとして、「結婚した女性が定時で終わる仕事だからと言ってパートで働くことを進めるのではなく、仕事を評価してもらえる準社員の待遇で入社してもらった」といったものもが語られています。

これらは全て、リクナビ薬剤師のサイト上でみることができるので、興味があればご覧ください。

Q2. 地方エリアからのリクナビ薬剤師を利用することは可能?

基本的には電話で面談が可能なので、心配はいりません。

また、逆にコンサルタントが求職者の住んでいる地域まで面談に訪問することもあるようです。

Q3. 登録の仕方はどうすればいいの?

リクナビ薬剤師はインターネット上から24時間受け付けています。

登録後に詳細な希望や状況をヒアリングしてもらうために面談することも可能ですが、電話で詳細をヒアリングしてもらうことも可能です。

また土日祝は対応してはいませんが、平日の21時まで電話対応しているので、現在在職中の求職者にとっても利用しやすいといえるでしょう。

Q4. 年収が上がった事例はあるの?

実績豊富な転職エージェントなので、もちろん多数あります。

例えば、450万円から650万円へと年収アップした事例など、150万円から200万円の増収も可能なほど好条件の求人が揃っているいっていいでしょう。

そして、地方よりも首都圏の求人が多いので、東京や関東近郊でバリバリ働きたい人にとっておすすめしたい薬剤師転職エージェントです。

また自分の能力に自信があったり、薬剤師として自分を試したいと思っている人にとっては、非公開求人をすすめられる可能性もあるでしょう。

転職エージェントの活用ポイント10ヶ条

転職エージェントに登録後、転職コンサルタントと面談をして、求人を紹介してもらうことになりますが、効果的に活用するために以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 経歴と希望条件を事前に整理しておく
  2. 経歴やスキルには嘘を絶対につかない
  3. 転職をするという意思を示すこと
  4. 担当コンサルタントへこまめに連絡する
  5. 企業側に出される推薦書は事前確認する
  6. 面接前に企業の情報を丁寧にいておく
  7. 選考企業の情報は口コミサイトでも集める
  8. 言いなりにならず自分の頭で判断する
  9. 担当者と合わなければ担当変更を依頼する
  10. 転職エージェントは1社だけに依存しない

それぞれ簡単に説明していきます。

①経歴と希望条件を事前に整理しておく

転職エージェントは、ご自身の経歴や希望に沿った求人を提案してくれるサービスなので、なるべく事前に整理しておくことが重要です。

事前準備したいもの
  • 履歴書と職務経歴書
  • 希望条件(簡単にメモする程度)

履歴書や職務経歴書は、求人に応募するためにも必要ですが、担当コンサルタントにスキルや経歴を正しく伝えるために役立つので、必ず用意しましょう。

もちろん準備ができていなければ後でも構いませんが、事前に伝えておいた方が効果的なアドバイスを受けることができるので、現段階である程度書けるのであれば、準備した方がよいです。

また、希望条件に関しては詳細には決めていなくても、業界に職種、年収などで譲れない条件があれば、事前に整理して伝えることで、より希望に沿った提案を受けることができるでしょう。

②経歴やスキルには嘘を絶対につかない

こちらは言うまでもありませんが、これまでの経歴やスキルに嘘をつくことは絶対にやめてください。

転職だけの付き合いとはいえ、バレる可能性は非常に高いですし、詐称して入社したとしてもそれは本来の実力ではないため、入社後にギャップが生じてしまう可能性があります。

もし転職後にバレたら、内定・入社が取り消されることもありますし、何より嘘をついたという過去があなたを一生苦しめることになります。

ただ、自身の経歴やスキルを魅力的に見せたいという気持ちは非常にわかるので、嘘にならない範囲で、細かい言い回しや表現の工夫をするに留めてください。

③転職をするという意思を示すこと

まず転職をするという意思を示すことで、彼らの中で優先度を高めてもらうことが非常に重要になってきます。

大前提として転職コンサルタントは、サポートしている求職者が転職をすることが成果となり、そして日々目標に追われているため、 なるべく転職しそうな方に時間をかける傾向があるからです。

目安としては『3ヶ月以内』と言われており、転職エージェントによっては、3ヶ月以上かかる場合、サポートしないと決めていることもあります。

④コンサルタントへこまめに連絡すること

転職コンサルタントには定期的に連絡を入れて、優先度を高めてもらうことが大事です。

理由については、①と近い内容ではありますが、1人で複数の求職者を担当している転職コンサルタントに、こまめへ連絡をすることによって良い印象をつけるためです。

転職コンサルタントも人なので、『定期的に報告してくれた方が、アドバイスしたい気持ちになる』という単純接触効果による心理的バイアスを利用していきましょう。

⑤企業側に出される推薦書の内容はしっかりと確認すること

前提として、転職エージェントは求職者からヒアリングした内容をもとに、推薦文を企業に提出しています。

企業側の採用担当はその文章を見てから求職者に会っているため、もし内容に齟齬があれば「あれ?聞いていた話とズレているぞ...」と不信感を与える結果となり、選考で不利になってしまいます。

なにより、間違えた情報で推薦されていたために、書類で落ちてしまう可能性もあるので、必ず確認するようにしましょう。

⑥面接前に企業情報を丁寧に聞いておく

面接前に、企業や担当者の特徴、さらに選考対策について丁寧に聞いておくことをお勧めします。

過去に、その企業の選考を別の求職者が受けている場合があるので、転職エージェント側として、ポジションに応じた想定質問などをノウハウとして持っていることが多いです。

仮に持っていなくても、その業界ならではの選考アドバイスをもらえることがありますし、面接練習に付き合ってくれることがあるので、気軽に頼ることをお勧めします。

⑦企業の情報は口コミサイトでも集める

転職エージェントから聞いた情報だけでなく、実際に働いている(働いていた)人からの本音口コミを見るようにしておきましょう!

というのも、当然ながら転職エージェントは紹介企業で働いた経験がないので、全てを知っているわけではないからです。

なるべく口コミサイト、例えば『転職会議』や『カイシャの評判』を見ることで、選考企業に悪評がないか、安心して入社することができるか、を確認するようにしてください。

⑧言いなりにならず自分の頭で判断する

基本的に転職エージェントは求職者側の味方ですが、企業から報酬をもらうというビジネスモデル上、企業側の味方になりやすい構造にあります。

例えば、内定を2社からもらったとき、多少社風があっていなかったとしても敢えて言わず、マージン額の高い『年収が高い企業』をお勧めしてくることもあるかもしれません。

そのため、思考停止で信じ切って全てを鵜呑みにするのは危険です。

⑨担当者と相性が合わないと思った場合は担当変更を申し出ること

転職コンサルタントも人間なので相性があります。

例えば、ぶっきらぼうな性格の担当者もいれば、 温和で人当たりの良い担当者もいます。

また、経験が浅い担当者もいれば、専門性が高く非常に経験が豊富な担当者もいます。

転職活動はあなたの人生を左右する非常に大事な事柄なので、少しでも合わない・物足りないと思った担当者は変更してもらいましょう。

ちなみに、例えば『専門知識が浅く、頼りない』と伝えれば、より専門性が高くて経験豊富なコンサルタントが出てくるケースが多いので、遠慮なく変更を申し出ましょう。

⑩転職エージェントは1社に依存しない

転職エージェントは1社だけに依存せず、複数社併用しましょう。

なぜならば、保有している求人がそもそも違いますし、担当コンサルタントによってアドバイスの内容が違うことがあるからです。

人間は心理的めんどくささのあまり、選択肢を減らしてシンプルに決断をしようとする傾向にありますが、

オハイオ州立大学の研究によると、

『3択の選択肢を用意して進めた場合ですら32%が失敗をしてしまい、2択の場合はなんと52%が失敗してしまった』

という調査結果があるので、1択の場合などもう目も当てられません。

そのため、求人の幅を広げるためはもちろん、より多くのコンサルタントからアドバイスをもらい失敗しない判断をするためにも、最低3社以上は併用することにしましょう。

最後に

ここまでご説明してきたようにリクナビ薬剤師は、薬剤師として転職を考えている全ての方におすすめできます。

↓に該当する方であればぜひ利用しましょう。

リクナビ薬剤師をおすすめできる条件
  1. スピード感を持って転職したい方
  2. 大手企業や大手調剤薬局の非公開求人を見たい方
  3. 調剤薬局やドラッグストア(調剤併設)求人を見たい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式)https://rikunabi-yakuzaishi.jp

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職サービス評判アンケート

当サイトでは、転職サービスの口コミを募集しております。

こちらからあなたが利用した転職サービスの体験談を投稿してください。