女の転職typeは転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

女の転職typeに登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

女の転職typeのような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

このページでは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや5ch、独自アンケートの口コミを元に、女の転職typeの評判を整理しました。

公式サイト
https://woman-type.jp/

女の転職type|女性の転職に特化した、女性専用転職サイト

求人数2,423件口コミ評判★★★★☆
エリア全国・海外対応職種全般

※求人数は2022/9/26時点の数値

「女の転職type」は、女性の新しいキャリアを提案する女性専用の転職サイト

業界トップクラスのアクセス数を集める転職サイト「type」などの運営元である、株式会社キャリアデザインセンターがサービスを提供しています。

その名の通り女性の転職に特化しており、専任の女性スタッフによって運営されているのが特徴。

企業情報も、そこで働く現役女性社員の声やキャリアモデル、働く雰囲気などが女性目線で取材した上で掲載されています。

転職ノウハウに関する情報コンテンツも充実しており、結婚・出産・育児といった女性ならではのライフステージの変化に焦点を合わせたさまざまな情報を発信。

自分らしい働き方や家庭と仕事との両立、女性がキャリアを積んでより活躍できる職場環境など、働く女性のさまざまな立場や価値観に配慮した、きめ細かなサービスを提供しています。

また、同社が運営する女性専用の転職エージェント「type女性の転職エージェント」とも連携してサービスを提供しており、こちらも同時に利用すれば、専任のアドバイザーから転職支援を受けることが可能です。

さらに「女の転職type」では、国内最大規模の女性向け転職イベントも開催。

女性の採用に積極的な企業と直接コミュニケーションが取れたり、転職に関する各種セミナーなどが無料で受けられたりするだけでなく、女性に嬉しいさまざまな特典も用意されています。

求人数については女性向けのため、全体数は大手ほど多くはないものの、取り扱っている職種や年齢層も幅広く、特に正社員の求人は全体の約80%です

転職して長く働きたい・キャリアを積みたい女性には特におすすめの転職サイトといえるでしょう。

公式サイト
https://woman-type.jp/

次章からは、利用者の口コミを分析してわかった、女の転職typeのメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

口コミからわかるメリット&デメリットを検証

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、女の転職typeの特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) 女性の採用を前提として求人が集まっている

女性の転職に特化している、女の転職typeの最大の特徴でありメリットは、女性の採用を前提とした求人が掲載されている、という点。

一般的な転職サイトの求人の場合、求人に応募はできても「前提として女性は採用するつもりはない」…というケースも稀にあるようです。

例えばハローワークの求人では、たとえ企業側に女性を採用するつもりがなくても、応募要項に年齢や性別による制限を設けることは禁じられています。

① 募集・採用の対象から男女のいずれかを排除すること。
② 募集・採用の条件を男女で異なるものとすること。
③ 採用選考において、能力・資質の有無等を判断する方法や基準について男女で異なる取扱いをすること。
④ 募集・採用に当たって男女のいずれかを優先すること。
⑤ 求人の内容の説明等情報の提供について、男女で異なる取扱いをすること。

厚生労働省

したがって、募集要項で性別や年齢が「不問」の求人に応募しても「実際の選考においては女性は対象外」という理由で落とされてしまう可能性も、残念ながらゼロではないのです。

一方女の転職typeでは、掲載される求人の全てが女性の採用を前提としたものが集められています。「女性」という理由で選考から落とされる心配はありません。

また、女性向けの求人情報だけでなく、働く女性ならではのキーワードやこだわり条件、絞り込み検索機能、女性目線のテーマで取材された企業情報や特集、転職ノウハウも充実しています。

確実に転職に結びつく可能性が高いので、応募するモチベーションが高まり、安心して転職活動を進めていくことができるでしょう。

メリット(2) 適性診断ツールや各種転職支援コンテンツが充実

転職の際に考えるのが、自分の適性や他の求職者の転職活動。

女の転職typeの「女の転職アカデミア」ページでは、転職における視野を広げたり、転職ノウハウを学べたりする情報がまとめられています。

自分らしいキャリアを気づくための自己分析や、似たような立場の女性がどのように転職活動をすすめているか、視野を広げるヒントにもなるでしょう。

その他にも、仕事の相性や適職がわかる診断や、面接や書類作成のポイントなどの情報が、女の転職typeではテーマごとにわかりやすくまとめられています。

また、サイトのデザインもカラフルなイラストや写真が豊富で、見ているだけでワクワクしてしまうような作りになっているため、楽しく転職活動に臨むことができるでしょう。

メリット(3) 会員登録がシンプルで簡単

転職活動を始めるにあたり、まず手間に感じるのがサイトへの新規登録。いくつもの項目を一つひとつ入力していくのは手間も時間もかかり面倒です。

その点、女の転職typeの新規会員登録は、数ある転職サイトの中でも最もシンプルで簡単なサイトのひとつ。

氏名、メールアドレス、生年月日、ログインパスワードのみの入力で簡易登録が完了します。

簡易登録後に性別や大まかな住所、最終学歴などいくつかの希望条件や項目などの入力に進みますが、選択する形式で、スマホでも簡単に登録できる内容です。

「志向・その他希望」など希望条件などを入力しておけば、条件に合った求人案内やスカウトの精度も上がり、より転職活動を効率良く進めていけるでしょう。

デメリット(1) 分野によっては求人の数が少ない

女の転職typeには女性におすすめのさまざまな求人情報が網羅されていますが、分野や内容によっては少ないものもあるようです。

多く保有しているのは首都圏メインの求人のため、地方の勤務地だとなかなか見つけられないか、もしくは全国各地に支社を置く同じような企業がヒットするケースも。

そもそも女性向けの求人自体、求人数そのものが少なめになってしまいます。その中でも女の転職typeは、決して他の転職サイトと比べて求人数が多いとは言えません。

上のグラフで、他の転職サイトで「女性が活躍」と条件を付けて絞り込んだ求人数と比較すると、女の転職typeの求人数の少なさがより際立っているのがわかるでしょう。実際に利用者の声の中にも「求人が少ない」といった意見が見られました。

そのため、情報収集では「女の転職type」を利用しつつ、求人検索では視野を広げるためにも求人数の多い他の大手転職サイトや転職エージェントなども併用すると、より多くの選択肢の中から、希望にマッチした求人を見つけられる確率があがります。

様々な転職サイトやエージェントを上手く活用しながら、転職活動を進めましょう。

デメリット(2) 40代以上向け求人・ハイキャリア求人も少ない

女の転職typeの求人は、40代以上のミドル・シニア層向けの求人が比較的少ないです。

女性は出産・育児などライフイベントをきっかけに職を離れる方も多い一方、40代以降に再就職を希望する方もいます。

元の職場に戻るケースもありますが、ブランクが長いなどの事情があったり、別のキャリアプランや仕事に挑戦しようと、新たな職場に転職を希望したりすることも多いでしょう。

ですが、全体的に見ても、40代以上の年齢層向けの求人数は比較的少ないです。

ハイキャリアや大手企業の求人数も多いとは言えず、ヒットする求人も同じような企業ばかりで、なかなか希望に合う求人が見つからないという方も。

希望条件によって求人数が物足りないと感じる場合は、女の転職typeの検索結果に掲載されない非公開求人まで視野を広げてみるのもおすすめです。

非公開求人に応募するには「typeの人材紹介」(type転職エージェント)に登録する必要があります。求人記事のページにある「この求人に応募する」から登録に進むことができますよ。

「typeの人材紹介」に登録することで、非公開求人への応募に加え、専任のキャリアアドバイザーの面接支援を受けられるなど、さまざまな転職サポートを受けることが可能です。

他社の転職サイトや転職エージェントなども併用しつつ、多くの選択肢の中から転職活動を進めていきましょう。

デメリット(3) 希望条件に合わないスカウトメール求人がくることも

女の転職typeでは、会員が自分で求人検索する他に、自分の経歴や志向などに関心を持った企業から応募のスカウトメッセージを受けられる「スカウト機能」や、条件がマッチする企業を紹介してくれる「条件マッチオファー」などの制度があります。

これらのスカウトメールに対し、利用者の口コミの中には「希望の条件とズレたスカウトがきた」「スカウトメールが大量に届いて煩わしい」といった声もありました。

スカウトは、サイトの会員登録時に自分の経歴やスキル、志向、希望条件などを入力しておくと、それに合わせておすすめの企業をサーチしてくれる機能です。手間をかけることなく、転職の視野も広げることができるでしょう。

ですが、中には登録している履歴書の経歴や希望条件とズレた内容の求人が届いたり、1日に何件もスカウトのメールが届いたりすることもあります。

送られてくるスカウトの精度を上げるためにも、「志向・希望条件」は正確にしっかり入力しましょう。

やや入力項目が多いですが、直感的に選択するタイプなので、あまり手間もかからず簡単に入力できます。

各種支援システムを上手く活用して、自分と相性ぴったりの求人を検索しましよう。

転職で使うべき?利用をおすすめできる条件

ここまでの口コミ評判からわかった、女の転職typeのメリット&デメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • 女性の採用を前提として求人が集まっている
  • 適性診断ツールや各種転職支援コンテンツが充実
  • 会員登録がシンプルで簡単
×デメリット
  • 分野によっては求人の数が少ない
  • 40代以上向け求人・ハイキャリア求人も少ない
  • 希望条件に合わないスカウトメール求人がくることも

女の転職typeは、女性の転職に特化した、女性専用の転職サイトです。

スカウトメールの質についてや、年代や今までのキャリアのよっては求人が少ないなどの関するネガティブな口コミはあるものの、コンテンツの充実度と、何より女性採用が前提となった求人が揃っているなどのメリットがありますので、登録して損はないサービスだと言えるでしょう。

上記を踏まえると、女の転職typeは以下に当てはまる方に特におすすめできます。

女の転職typeがおすすめな人
  • 女性の方
  • 20~30代までの年齢で、転職を考えている方
  • 面倒な手続きなしに、気軽に転職活動を始めてみたい方

利用は無料なので、気軽に相談してみましょう。

公式)https://woman-type.jp/

とはいえ、より良い求人を見つけるためには複数併用すべきです。

そのため、女の転職typeだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

併用したい転職エージェント

女の転職typeだけでなく複数の転職エージェントを利用することで、応募できる求人の幅を広げることができます。以下2点を軸に選びましょう。

転職エージェントの比較ポイント
  • 総求人数(公開求人+非公開求人)
  • 利用者の満足度(サポート対応力)

なお、転職エージェント満足度は、幅広い年齢、地域、職種の男女4,354人に対してアンケートを実施し、信頼に足る口コミを回収したものです。

サンプル数:4,354件
調査期間 :2020年2月1日〜2022年1月11日
調査企業数:49社
調査対象者:転職エージェントを利用した20歳以上

←左右にスクロール可能です→
順位名称評価基本データ個別解説
総合評価求人数&質提案/支援対応地域公開求人非公開求人
1位リクルートエージェント
(総求人数No.1)
★★★★☆
4.10/5.00
4.31/5.00
高い!
3.89 /5.0
普通
全国275,767件
多い!
277,701件
多い!
2位パソナキャリア
(サポート満足度No.1)
★★★★☆
4.07/5.00
3.96/5.00
普通
4.17/ 5.0
高い!
首都圏,
大阪,名古屋
14,901件
普通
35,099件
普通
3位マイナビエージェント
(20代の利用満足度No.1)
★★★★☆
4.05/5.00
4.02/5.00
高い!
4.08/ 5.0
高い!
首都圏,
大阪,名古屋
40,949件
普通
38,448件
普通
4位dodaエージェント
(総求人数No.2)
★★★★☆
3.89/5.00
4.13/5.00
高い!
3.64 / 5.0
低い
全国160,065件
多い!
37,872件
普通
5位ワークポート
(IT業界や営業職に強い)
★★★☆☆
3.78/5.00
3.94/5.00
普通
3.62 / 5.0
低い
全国59,557件
多い!
非公開

※求人数は2022/9/26時点の数値

転職エージェントは最初から一つに絞る必要はないので、良い求人を見逃しにくくなるように複数登録がおすすめです。(ただ、多すぎると連絡が面倒になるので、最初は3社程度にしておきましょう。)

それぞれ簡単に特徴を見ていきましょう。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界No.1の求人数と実績を誇る転職エージェントです。

求人数は常時30万件以上と、さまざまな地域・業界・職種の求人を網羅しているので、どなたが登録をしても満足な求人を紹介してもらえる点が強みです。

また、大手企業で全国から優秀な人材が集まるリクルートだからか「優秀なコンサルタントが多い」ことで知られているので、ぜひ一度相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントの特徴
  • 求人数No.1、どの地域でも対応可能
  • 第二新卒からハイクラス帯まで全てに強い
  • 優秀なコンサルタントが多く頼りになる

筆者も転職活動のたびに登録していますが、毎日のように新しい求人が追加されてシステムが通知してくれるので、求人数の多い転職サイトのような感覚で使っています。

実際のところ、大手企業や人気企業となると、リクルートを使っていない企業のほうが珍しいと思うので、新着求人にいち早く応募するためにとりあえず登録しておくことをおすすめします。

ただ、口コミアンケートを見てみると、コンサルタント1人あたりが多くの求職者を見ていることもあってか、以下のようにネガティブな評判も見られました。

  • 求人を強引に勧めてくる
  • 担当者の対応が淡白で物足りない

筆者は毎回アタリを引いているようですが、担当者との相性は運によるところが存在するので、サポート面での評判が良い転職エージェント(例:パソナキャリアマイナビエージェントと併用し、より良いところに絞るようにするのが良いでしょう。

リクルートエージェントの基本データ
タイプ転職エージェント
得意総合(全業界、全職種)
対象地域全国+海外(WEB面談実施中)
求人件数553,468件(うち非公開求人は277,701件)※古い求人も含む
運営会社株式会社リクルート(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

※求人数は2022/9/26時点の数値

2位.パソナキャリア

パソナキャリアは、派遣業界最大手のパソナが運営する『オリコン顧客満足度調査4年連続No.1』を獲得している大手転職エージェントです。

首都圏エリアを中心に28,000社以上の企業と取引実績があるため求人数が多く、手厚いサポート・対応力に定評があるので、慣れない転職に不安がある方におすすめできます。

パソナキャリアの特徴
  • 転職者からの満足度評価No.1(4年連続)
  • 丁寧なサポートで慣れない転職に強い
  • 都心エリアの求人が豊富で高年収求人も多い

筆者も過去に何回か利用しましたが、求職者側の要望をしっかりとヒアリングして、その人にあった求人を丁寧に探してきてくれている、という印象でした。

地域は都心に偏っていますが、400万円前後の求人から800万円以上のハイクラス求人まで多く保有しているので、どなたでもぜひ一度確認してみることをおすすめします。

ただ、対象エリア以外での求人数はそう多くはないので、地方の場合はリクルートエージェントdodaエージェントを活用することをお勧めします。

パソナキャリアの基本データ
タイプ転職エージェント
得意総合(全業界、全職種)
対象地域首都圏、大阪、名古屋(WEB面談実施中)
求人件数14,901件(非公開求人は不明)
運営会社株式会社パソナ(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

※求人数は2022/9/26時点の数値

3位.マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒大手のマイナビが運営する20代30代といった若手〜ミドル層向けの転職エージェントです。

新卒領域での取引実績から、首都圏を中心に若年層向けの求人数が非常に多く、また丁寧なサポートに『20代の満足度No.1』の強さです。

さらに、ITエンジニア領域や医療系分野(看護師など)にも特化したサービスを出しており、専門性が非常に高いことが特徴なので、どなたでも1度相談してみることをおすすめします。

マイナビエージェントの特徴
  • 20代からの利用者満足度評価No.1
  • 圧倒的シェアを持つ新卒領域での取引実績から若年層に強い
  • 経歴の棚卸からキャリア設計までサポートが好評
▼口コミ|求人数がとても多い
匿名口コミ

営業系職種を探していたのですが、求人数がとても多く、大企業から中堅企業、ベンチャーまで幅広くあったように思います。

また、担当者の方がそれぞれの企業について詳しい様子で、業界内における立ち位置や、違い、内部事情を含めたアドバイスをしていただきました。

▼口コミ|親身にサポートしてくれた
匿名口コミ

いくつかの転職エージェントに登録しましたが、マイナビの担当者の方が一番親身になって、私の話を聞いてくださいました。

私が求める転職業先のご提案はもちろんの事、企業へのアポイント等など、思っていたよりも素早い対応をしてくださり感謝です。

ここまでの内容をまとめるとマイナビエージェントは、都心エリアに在住の20代~30代前半であれば利用を強くおすすめしたい転職エージェントです。

ただ、やや若手向けなので、年収800万円越えの求人を探すのであれば、JACリクルートメントビズリーチといった高年収専門の転職サービスと併用するようにしましょう。

マイナビエージェントの基本データ
タイプ転職エージェント
得意総合(全業界、全職種)
対象地域首都圏、大阪、福岡、名古屋(WEB可)
求人件数79,397件(うち非公開求人は38,448件)
関連サービスマイナビIT AGENT(エンジニア向け)
マイナビ営業 AGENT(営業職向け)
マイナビ金融 AGENT(金融業界向け)
運営会社株式会社マイナビ(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp

※求人数は2022/9/26時点の数値

4位.dodaエージェント

dodaエージェントは、転職サイトと転職エージェント両方の機能を1つのサイトで提供していることが特徴の業界最大手エージェントです。

求人数がリクルートエージェントに次いで業界No.2(全国15万件)と多く、求人の選択肢を増やすためにもぜひ登録すべき1社です。

また、定期的に転職イベント・転職フェアを開催しているので、今すぐの転職を考えていなくても登録する価値あり。

dodaエージェントの特徴
  • 求人数14万件と業界No.2!地方も強い
  • 転職イベントが定期的に開催されている
  • 転職サイトとエージェント両方の機能を備えており一貫した転職サポートが実現

ただ、比較的経験の浅いコンサルタントが多いのか担当者の質に差があり、他転職エージェントと比べると、口コミ満足度はそう高くない傾向にあります。

  • 専門性の浅いコンサルタントが多い
  • 担当者のサポートや対応力に差がある

サポートに期待する場合は、口コミ評価が総じて高いパソナキャリアマイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

dodaエージェントの基本データ
タイプ転職エージェント、サイト
得意総合(全業界、全職種)
対象地域全国+海外(WEB面談実施中)
求人件数197,937件(うち非公開求人は37,872件)
運営会社パーソルキャリア株式会社(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://doda.jp/

※求人数は2022/9/26時点の数値

5位.ワークポート

ワークポートは、2003年3月設立とやや後発ながらも全国トップクラスの求人数を誇る、いま勢いのある総合型転職エージェントです。

特に、20代若手層におけるIT業界やゲーム業界、営業職の転職に強みがあり、魅力的な大手企業の求人を豊富に取り揃えていることが特徴です。

ワークポートの特徴
  • IT、ゲーム業界、営業職の転職に強い
  • 第二新卒から20代後半までの転職に強い
  • 未経験者向けの転職サポートが充実している

特に、第二新卒から若手向けの、IT/WEB業界の営業職やマーケ職、エンジニアといった求人は、他よりも群を抜いて多い傾向にあるので、該当の方はぜひ利用しましょう。

(筆者もIT企業の事業部長として中途採用をおこなうことが多いですが、ワークポートさんには営業職やマーケ職といった職種で頻繁にお世話になっています。)

ただ、急拡大している組織だからか担当者のレベルに差があり、他転職エージェントと比べると、口コミ満足度はそう高くない傾向にあります。

ハズレ担当者を引きたくない場合は、口コミ評価が総じて高いパソナキャリアマイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

ワークポートの基本データ
タイプ転職エージェント
得意IT系、営業職
対象地域全国+海外(WEB面談実施中)
求人件数59,557件(非公開求人は不明)
運営会社株式会社ワークポート(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://workport.co.jp

※求人数は2022/9/26時点の数値

よくある質問と回答

女の転職typeに関するFAQを整理しました。

1つずつ回答していきますので、気になる項目があればタップしてください。

登録したら今の会社にバレる?

「企業からのスカウト機能」を使う場合はバレる可能性があるので、事前にあなたの所属する企業をブロックする必要があります。(やり方はこちら

上記のパターンを除けば、女の転職typeのような転職サイトに登録をしても、転職活動中であることが今の会社に伝わることはありえません。理由は以下の通りです。

登録しても今の会社にバレない理由

<理由①>
企業側は応募前の求職者情報を見れないため
└本人同意なしで企業に個人情報は開示されない
└スカウト機能にのみ気をつければ大丈夫

<理由②>
運営会社が情報管理を徹底しているため
└情報漏洩は、会社の信用・ブランドが失墜する
└仮に情報が漏洩しても一般には公開されない

特に転職サイト側の管理不足によって個人情報が漏洩した場合、そのサービスに誰も登録しなくなってしまうので、注意深く管理されています。

転職サイト運営企業の情報管理の取り組み
  • 盗難の防止策
  • 事業所への入退室の管理
  • 個人情報の移送や送信時のリスク対策
  • 個人情報保護の社内マニュアル/ルール

もちろん女の転職typeにおいても、プライバシーポリシーに記載されているように徹底した情報管理がされており、プライバシーマーク(とは:個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者が受ける認定)も保持しているので、より安心できます。確認はこちら

さらに、転転活動をする際には、以下のような点に注意をしないと、今の会社にバレる可能性があるので注意をしましょう。

転職活動をする時の注意点
  • 職場では話さない、同僚には話さない
  • 社内PC、アドレスを使って登録しない
  • 会社のカレンダーに面接予定を記載しない
  • 面接と同僚の営業訪問がかぶっていないか確認

どんなコンサルタントが在籍している?


女の転職typeは転職サイトですので、専任のアドバイザーはいません。

ですが、同社が運営している「type女性の転職エージェント」という転職エージェントには、キャリアアドバイザーが在籍しています。

登録すると、求職者それぞれの転職活動を専任でサポートしてくれるため、転職活動の心強い味方となるでしょう。

こちらのエージェントは、女の転職typeと連携していますので、会員登録時にこちらの転職エージェントにも登録しておくと、両方のサービスが受けられるので便利です。

キャリアプランの相談をはじめ、求職者一人ひとりに最適な求人の紹介や面接・履歴書のサポート、入社後のアフターフォローまで、手厚い支援を無料で受けることができます。

自分のペースで転職活動を進めたい時には転職サイトである「女の転職type」を、専任のアドバイザーによるサポートを受けたいときは「type女性の転生エージェント」も併用してみましょう。

女の転職typeでは女性の転職に特化した転職イベントなどは開催されていますか?

「女の転職type」では、転職イベントが開催されています。

1回の来場者数は1,000〜1,500人ほどで、35歳以下の若手層が75%。業界では国内最大級の、女性に特化した転職フェアです。

イベントには、女性の採用に積極的な企業が出展しており、多くの女性求職者が参加しています。

企業ブースでは、企業・求職者それぞれが直接コミュニケーションをとれたり、履歴書だけではわからない人物面やスキル面でのリアルな確認ができるなど、企業と求職者、それぞれにメリットがあるイベントです。

また、企業ブースとは別に「特別面談ブース」もあり、ここではじっくり企業者と来場者が話すことも可能。来場者・企業者双方から好評のブースです。

企業との出会いの他にも、転職相談コーナーや転職に関する各種セミナー、ファッション講座など仕事や転職に役立つさまざまな情報を学べます。

転職活動中の方はもちろん、情報収集段階の方でも無料で参加できますので、ぜひチェックしてみてください。

スマホ版の専用アプリはありますか?


女の転職typeにはスマホ版のアプリもあり、以下のような機能を利用することができます。

  • おすすめの求人をチェック
  • こだわり条件での求人を検索
  • 「応募管理」によって応募企業とのメッセージの管理
  • カレンダー機能で面接などの日程管理

ぜひお手持ちのスマホにダウンロードして、出先や職場の隙間時間などでも効率的に転職を進めていきましょう。

最後に

ここまでご説明してきた通り、女の転職typeは女性専用の転職支援サイトです。

以下に該当する方であればぜひ利用しましょう。

女の転職typeをおすすめできる条件
  • 女性の方
  • 20~30代までの年齢で、転職を考えている方
  • 面倒な手続きなしに、気軽に転職活動を始めてみたい方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式サイト
https://woman-type.jp/

ただ、転職の成功率を上げるなら、以下の転職サービスも併用することをおすすめします。

今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職/就活サービス評判アンケート

当サイトでは、転職/就活サービスの口コミを募集しております。こちらからあなたが利用した転職/就活サービスの体験談を投稿してください。

参考:女の転職typeの口コミ・評判

女の転職type登録したらまだ全然情報登録してないのに、1分ごとにスカウトメール届く…笑

Twitter

女の転職@type
→近場で応募できそうな案件がちらほらあったので時々利用したけど、さっぱり書類通らず…明後日な内容のスカウトばかり増え、早々に利用をやめた

Twitter

私はマイナビと女の転職@typeを使ってた!見やすさと応募のしやすさと求人の多さのバランスが良かった。マイナビは中小たまに大手、女の転職~は中小と派遣契約の求人が多いかな。

Twitter

女の転職@typeを見てみたけどSEの募集全然ないや…くそぅ…

Twitter

女の転職@typeちゃん→女性向け転職サイトその2。ただし求人数は圧倒的に少ない。希望勤務地×希望職種×希望年収で検索かけて2桁引っかかれば御の字。採用担当者が女性の率が他の転職サイトより高い気がする。積極採用の企業は時々明らかにやべえ地雷が紛れてたりする。見てて面白い。

Twitter

わたしDODAは検索しか使ってなかったw 女の転職@typeとマイナビが使いやすかったYO!

Twitter

わたしは女の転職type使ってた〜程よく細か過ぎなくて使いやすい!いったん大手いくつか登録してみて選ぶ〜とかもよいかも

Twitter

1いくつか登録してましたが、結局一番使ったのは女の転職type サイトが見やすい
2やろう!!て思った時に4〜5個まとめて入れて、後で待遇とかよくよく見てキャンセルとかもしてました

Twitter

女性向けの転職サイトで『女の転職@type』があって、これは企業側が「女性を採用したい」と思って求人掲載してるので一般的な男女不問で募集している求人サイトに比べて比較的書類選考は通りやすいと思います。求人広告もほぼ全部取材の上で作成してます。

Twitter

女の転職typeは福利厚生ちゃんとしてて安定して長く働きやすい企業が多かったので、女性には特におすすめと思った 私はもうちょっとバリキャリ志向だから外資系えらんだけど30代だったらこっちにしたと思う

Twitter

良かったです!!
大体中途だと
10社くらい受けたら3社くらい内定貰えるので
そこで比較したら良いですよ!

後は、求人サイトは@typeさんの女の転職がオススメです!

Twitter

待っててあげるからはやく。って(´∀`)? うぬうぬ。今の時期だと年度の変わり目でけっこー仕事落ちてるから選り取りみどりだぜ!!!リクナビは競争倍率はげしいけど参考にはなるし、あと女の転職@typeとかいいとおもう!

Twitter