ワークポートは転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

ワークポートに登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

ワークポートのような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

このページでは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、Twitterや5ch、独自アンケートの口コミを元に、ワークポートの評判を整理しました。

<公式サイト>
https://workport.co.jp

ワークポート|IT・Web業界に強い総合転職支援サービス

求人数24,737件+非公開求人口コミ評判★★★★☆
対応職種IT・ゲーム、営業、ものづくり系エンジニア、クリエイティブ系などがメイン
エリア全国・海外(東京・横浜・名古屋・大阪・福岡がメイン)
本社所在地〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F

<公式サイト>
https://workport.co.jp

「ワークポート」はさまざまなジャンルの転職相談サービスを提供する、総合人材転職エージェントです。

特にIT系やゲーム業界への転職に強く、保有する求人全体の6割近くがIT系やゲーム業界の求人になっています。

IT系の求人だけで常時10,000件以上を保有しており、在籍しているコンサルタントも業界に精通しているため、専門的なアドバイスを受けることが可能です。

また、IT系に限らず、各業界に精通した専任のコンサルタント「転職コンシェルジュ」による、サポートの丁寧さ・手厚さについても評価が高く、多くのポジティブな口コミが見られます。

登録後のレスポンスや対応の早さについても好評で、「コンシェルジュ」として転職活動にまつわるさまざまな要望にもスムーズに対応してくれると評判です。

そのため、急ぎの転職にも安心の転職エージェントと言えるでしょう。

さらに、ワークポートにはみんスクという未経験者向けの無料エンジニアスクールがあることも大きな特徴です。

「転職はワークポート経由」といった利用の縛りはあるものの、未経験からIT系への転職を目指す方にとって、支援体制の整った心強いサポートであるといえるでしょう。

IT系やゲーム業界への転職を希望する方にはもちろん、IT以外にもさまざまなジャンルの求人を取り扱っていますので、その他の業種についても幅広く相談することができます。

次章からは、利用者の口コミを分析してわかった、ワークポートのメリット&デメリットを詳しく解説していきます。

なお、ワークポート以外の転職エージェントに関する評判は、「763人が選んだ転職エージェントおすすめランキング」でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

ワークポートの評判|メリット&デメリット

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、ワークポートの特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップすればジャンプします。

メリット(1) IT・エンジニア系の転職に強い

IT系・Web系の転職に強いというのがワークポートの強みです。

自社の強みとしてPRされているのに加え、口コミでも「IT系の転職には特におすすめの転職エージェント」として、多数の好意的な意見が見られました。

取り扱っているIT・Web系・ゲーム系求人数は、それだけで全25,000件前後の全求人中、10,000件以上と全体の半数近くにのぼります。

職種も細分化されていて、例えばシステムエンジニア系の「SE・PG」という職種の中でも「SE・PG(BtoC/自社)」「SE・PG(BtoB/自社)」「SE・PG(汎用系)」などの細かい項目が設けられており、より希望に沿った求人を探すことが可能になっているのです。

また、ワークポートには、2003年設立から15年以上にわたるIT業界特化の転職エージェントとして蓄積されたノウハウや、企業と築かれたパイプがあり、保有している求人も良質なものが多くなっています。

IT・Web系の転職をご希望の方は、専任のコンサルタントから業界に関する詳しい話を聞くことができますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

メリット(2) 未経験者向けの転職サポートが充実している

ワークポートには、未経験から異業種への転職をサポートする体制が整っています

在籍している転職コンシェルジュは、未経験分野への転職サポートに強く、希望者に対し親身にアドバイスをしてくれるのです。

また、公式サイトの「転職コンシェルジュの未経験の転職ナビ」というページでは、「ITエンジニア」や「営業」、「オフィスワーク」などのあらゆる職種について、未経験から転職するための情報がまとめられています。

これを見れば、それぞれの職種に転職するのに必要なスキルや知識、具体的にどうすれば転職できるかなど、それぞれの職種の特徴や業務内容などがわかりやすく知ることができるのです。

未経験分野への転職に挑戦してみたい方は、まずこちらのサイトから情報収集してみるのも良いでしょう。

さらに、未経験者の転職支援サービスとして「みんスク」という無料のエンジニアスクールがあります。

こちらは未経験からエンジニア転職を目指す20代の方を対象としたサービスで、ワークポートの大きな特徴のひとつです。

プログラミングスキルやITに関する知識の習得だけでなく、スクールで面接対策書類添削キャリア相談など転職のためのサポートも受けることができ、卒業後1ヶ月間の転職活動をサポートしてくれます。

実際、この「みんスク」を魅力に感じて、ワークポートを利用する方も少なくありません。

複数のコースから希望のものを選んで受講でき、受講時間も開講時間内から自分の通いやすい時間を柔軟に選ぶことができます。

このように、未経験者向けの支援や「みんスク」など、未経験からIT転職を目指す方が手厚いサポートを受けることができるのも、ワークポートの強みのひとつなのです。

メリット(3) コンサルタントの対応が丁寧でスピーディ

ワークポートは求人紹介だけでなく、利用者に対する丁寧で手厚いサポートに対する評価も高いです。

実際に、登録後すぐにレスポンスがあったり、初回カウンセリングを終えてすぐ求人の紹介や応募の話へつながったりと、コンサルタントのスピーディな対応やサポートの質の高さを評価する口コミが多数見られました。

過去にワークポートを利用した方の口コミには、求人の豊富さやIT・Web系への転職に関するものの他に「サポートや対応が良かった」という理由で、こちらの転職エージェントを他者におすすめするような内容も多くあります。

コンサルタントは「転職のコンシェルジュ」として、現在の仕事の悩みやキャリアプランニング、円満な退職方法、面接・履歴書に対するアドバイスなど、転職全般に親身になって相談に乗ってくれる存在です。

未経験からのIT・ゲーム業界への転職希望の方にはもちろん、在職中などであまり時間が取れない方や、なるべく早く転職したいというお急ぎの方にも、ワークポートは非常におすすめできるサービスだと言えるでしょう。

デメリット(1) IT系など特化している業種以外の求人が少ない

これはIT系やゲーム業界への転職に特化していることの裏返しでもありますが、それ以外の業界に関する求人数はあまり充実していないのがデメリットです。

ワークポートの求人の業種別割合は、全体の過半数を「IT・ゲーム業界」の求人が占めており、次に「営業」・「ものづくり系エンジニア」が、IT・ゲーム系の3分の1程度という割合で続いています。

これら3つの業種以外の求人については、保有している数が少なく、他の転職エージェントと比べて、質も劣ることもあるようです。

また、登録者の多くがIT系やゲーム関連の仕事に就いていることもあり、提供されるサポートや求人も、業界への偏りが見られます。

そのため、特化している上記3つの業種以外の求人は、なかなかご希望に沿ったものが見つからないかもしれません。

ただ、ワークポートでは求人への応募について、【応募条件】はあくまで理想であり、条件を60%ほど満たしていれば応募してみることを進めています。

自分の可能性を広げるためにも、少しでも「応募条件を満たしている」と思った企業には、積極的に応募していくようにすると良いでしょう。

デメリット(2) 対応エリア(関東)以外の求人が少ない

対応エリアが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡がメインのワークポート。

口コミからも、地域によっては求人数が少ないことに対する声が見られました。

ワークポート公式のSNSでは「東京の他にも大阪・名古屋・福岡・仙台・横浜・ソウルなどにもある」とのことですが、首都圏や関東エリアの求人に対し、地方の求人はあまり多くは保有していないようです。

ですが、ワークポートには以下のようなエリアごとの公式サイトがあり、ご希望のエリアに絞った求人検索ができるようになっています。

また、ワークポートは非公開求人も多く保有しており、求人サイトの検索だけではわからない、隠れた良質求人が見つかる可能性があります。

地方での転職をご希望の方は、全国を網羅した求人を保有する他の転職エージェントを併用しつつ、ワークポートの非公開求人もチェックしながら転職活動を進めるのがおすすめです。

デメリット(3) キャリアコンサルタントに当たり外れがある

丁寧で迅速な対応が売りのワークポートですが、その反面、コンサルタントとのやり取りが事務的であることや、希望以上のメールが頻繁に届くことに対する不満の声も挙がっています。

「対応がスピーディ」という点についても、「事務的でそっけない」と残念に感じる利用者もいるようです。

また、担当コンサルタントによっては、期待するほどの熱意や専門性が感じられないとの口コミも見られました。

ワークポートは業種によって保有する求人数も少ないため、求職者の求める求人を十分に紹介してもらえないこともあるでしょう。

特にIT系やゲーム業界以外への転職を目指す場合は、他の転職エージェントの利用を検討した方が、転職活動がスムーズに進められるかもしれません。

それでもワークポートを利用される場合は、自分とは相性が合わないと感じた担当者について「他のコンサルタントの意見も聞きたい」などと伝え、担当を変更してもらえるよう打診することをおすすめします。

ワークポートの利用をおすすめできる人

ここまでの口コミ評判からわかった、ワークポートのメリット&デメリットを再掲すると、以下のようになります。

○メリット
  • IT・エンジニア系の転職に強い
  • 未経験者向けの転職サポートが充実している
  • コンサルタントの対応が丁寧でスピーディ
×デメリット
  • IT系など特化している業種以外の求人が少ない
  • 対応エリア(関東)以外の求人が少ない
  • キャリアコンサルタントに当たり外れがある

ワークポートは、IT・Web業界に力を入れている、総合転職エージェントです。

特定業種の求人の少なさや、対応エリアが狭いなどというネガティブな口コミはあるものの、未経験での転職がしやすいIT・Web業界の求人が豊富などのメリットもあるので、登録して損はないサービスだと言えるでしょう。

上記を踏まえると、ワークポートは以下に当てはまる方に特におすすめできます。

ワークポートをおすすめできる条件
  • IT・Web業界へ転職したい方
  • スピード感を持って転職したい方
  • 未経験の職種に転職したいと考えている方

利用は無料なので、気軽に相談してみましょう。

公式)https://workport.co.jp

とはいえ、より良い求人を見つけるためには複数併用すべきです。

そのため、ワークポートだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

ワークポートと併用したい転職エージェント

ワークポートだけでなく複数の転職エージェントを利用することで、応募できる求人の幅も広がり、転職後の満足度も向上させることができます。

シンプルに判断軸は2つ。

【重要】転職エージェントの選び方

  • 求人数(※2021年8月24日更新)
  • 利用者の満足度(サポート・対応力)

なお、転職エージェント満足度は、幅広い年齢、地域、職種の男女937人に対してアンケートを実施し、信頼に足る口コミを回収したものです。

サンプル数:937件
調査期間 :2020年2月1日〜9月22日
調査企業数:35社
調査対象者:過去3ヶ月以内に転職エージェントを利用した20歳以上の方

区分名称求人数満足度
1位リクルートエージェント32万件★★★☆☆
3.81
2位パソナキャリア5.1 万件★★★★☆
4.02
3位JACリクルートメント1.1 万件★★★★☆
4.23
4位dodaエージェント12.8 万件★★★☆☆
3.54
5位マイナビエージェント5.8 万件★★★★☆
3.85

※求人数は2021/8/24時点の数値
※満足度はアンケートを集計

それぞれ簡単に特徴を見ていきましょう。

1位. リクルートエージェント

公開求人数11万件非公開求人15万件
エリア全国対象年代全年代
得意職種全職種口コミ評判★★★☆☆(3.81

公式)https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界No.1の実績を誇る転職エージェントです。

強みは『業界No.1の求人数』で、非公開求人も合わせると20万件以上と、どの職種・地域・年代であっても十分な求人を紹介してもらえます。

実際、求人の選択肢を増やすことは転職を進める上でも非常に重要であるため、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

Point

  • 求人数No.1、どの地域でも対応可能
  • 第二新卒や未経験でも転職にも強い
  • 優秀なコンサルタントが多く頼りになる

△懸念点

ただ、コンサルタント1人あたりが多くの求職者を見ていることもあってか、対応力に対するネガティブな評判もいくつか見られました。

  • 求人を強引に勧めてくる場合がある
  • 担当者の対応が淡白で物足りない時も

とはいえ、担当者との相性は運みたいなところがありますので、パソナキャリアマイナビエージェントといった転職エージェントにも並行して登録し、より相性が良いところに絞るようにしましょう。

2位. パソナキャリア

公開求人数3.2万件非公開求人2万件
エリア首都圏、大阪、名古屋対象年代20~30代
業界総合型口コミ評判★★★★☆(4.02

公式)https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、派遣業界最大手のパソナが運営する転職エージェントです。

16,000社以上の企業と取引実績があるため求人数が非常に多いのはもちろん、

求職者のことを第一に考えたサポートを実施しているため『利用者満足度No.1』という実績があります。

手厚いサポート・対応力に定評があるので、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

Point

  • 転職者からの満足度アンケートNo.1
  • 丁寧なサポートで慣れない転職に強い
  • 首都圏の求人が豊富。女性から高い支持

△懸念点

  • 首都圏、大阪、名古屋以外は求人数が多くないので、物足りなく感じることも...

全国での求人数はそう多くはないので、地方の場合はリクルートエージェントdodaエージェントを活用することをお勧めします。

3位. JACリクルートメント

公開求人数11,241件非公開求人非公開
エリア全国対象年代20~50代
得意年収1200万円~口コミ評判★★★★☆(4.23

公式)http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、年収800万円以上のハイクラス専用転職エージェントです。

業界ごとに担当者がついているため専門性が非常に高く、求職者の経歴に沿った求人を提案してくれることが大きな特徴です。

また、両面型で企業の採用担当者と直接やり取りをしているため、その企業の情報に詳しく、選考対策も的確というメリットもあります。

高年収層で転職したい方は、必ず登録すべき転職エージェントです。

Point

  • 年収800万円以上の転職実績No.1
  • 両面型エージェントで求人に詳しい
  • 業界の専門性・提案力が非常に高い

△懸念点

  • 年収600万以下だと断られる場合がある

ハイクラス専門の転職エージェントであるため、一定の経歴がないとサポートを断られる場合があります。

4位. dodaエージェント

公開求人数79,392件非公開求人32,324件
エリア全国対象年代全年代
得意職種全職種口コミ評判★★★☆☆(3.54

公式)https://doda.jp/

dodaエージェントは、転職サイトと転職エージェント両方の機能を1つのサイトで提供していることが特徴の業界最大手エージェントです。

求人数がリクルートエージェントに次いで業界No.2(全国11万件)と多く、求人の選択肢を増やすためにもぜひ登録すべき1社です。

また、定期的に転職イベント・転職フェアを開催しているので、今すぐの転職を考えていなくても登録する価値あり。

Point

  • 求人数14万件と業界No.2!地方も強い
  • 転職イベントが定期的に開催されている
  • 転職サイトとエージェント両方の機能を備えており一貫した転職サポートが実現

△懸念点

ただ、比較的経験の浅いコンサルタントが多いのか担当者の質に差があり、他転職エージェントと比べると、口コミ満足度はそう高くない傾向にあります。

  • 専門性の浅いコンサルタントが多い
  • 担当者のサポートや対応力に差がある

サポートに期待する場合は、口コミ評価が総じて高いパソナキャリアマイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

5位. マイナビエージェント

公開求人数2万件非公開求人2万件
エリア 関東/関西/愛知/福岡対象年代20~30代
得意職種営業・IT・マーケ口コミ評判★★★☆☆(3.85

公式)https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

新卒領域での取引実績から、首都圏を中心に若年層向けの求人数が非常に多く、また丁寧なサポートに『20代の満足度No.1』の強さです。

さらに、ITエンジニア領域や医療系分野(看護師など)にも特化したサービスを出しており、専門性が非常に高いことが特徴なので、どなたでも1度相談してみることをおすすめします。

Point

  • 20代からの利用者満足度評価No.1
  • 圧倒的シェアを持つ新卒領域での取引実績から若年層に強い
  • 経歴の棚卸からキャリア設計までサポートが好評

△懸念点

  • 高年収向けの求人は少なめ

20代向けの求人は多いものの、30代以上だと物足りなくなる可能性も。

もし、年収600万円~の高年収求人を見たい方であれば、JACリクルートメントビズリーチといったハイクラス専門の転職エージェントに登録することをおすすめします。

ワークポートの口コミ・評判

結果的に内定は出なかったけど良かったなっていうエージェント
・クリークアンドリバー
・インテリジェンス
〜〜〜〜〜
・ワークポート(Webに強ければすごくいいと思う。私にはスキルがなかった)

論外
・パソナ
・マスメディアン
(エージェントの傾聴力が低い)

Twitter

エンジニアですと、
DODAやリクルートより
レバテックキャリアや
ワークポートといった
エージェントがオススメです(^^)
僕はレバテックキャリアでしたが、
同僚はワークポート経由が多いです。
エージェントではないですが
wantedly使う方も増えてるようです💡

Twitter

20代ならスクール行くより、progate終えた時点でワークポートとかのITに強いエージェントに登録して、手当たり次第履歴書出したほうが早いよマジで。

progate→ワークポート→未経験歓迎の会社にぶち込まれる→知らず知らずレベルアップ→転職(独立)
が最短では?
#プログラミング初心者

Twitter

実際のところ、インフラ系のエンジニアが転職する場合、
転職サイトはどこ使うのがいいんだろう。
前に転職する際に使った「ワークポート」という転職エージェントをまた利用してみるつもりだが・・・。

Twitter

エンジニアに転職するのに、
ワークポートを選んで良かったと思うのは、
それほどプログラミングの勉強に割かなくても、
面接の土台に立たせてくれたところ。
入社してから勉強できるので
独学でやるよりも
はるかにコスパよし。

Twitter

未経験でのIT業界への転職はワークポートというエージェントいいようです。
一度キャリアコンサルタントと面談してみようかな

Twitter

一度目の転職で世話になったエージェントさんが担当から変わって、新しい人から挨拶がきた。来年度は経験者として二度目の転職をしよう。

IT転職は、ワークポート。

Twitter

26歳なのであれば、まだまだ転職は可能ですし、身体のことを考えると転職はしたほうが良いと思います。

ただ、ゲームプログラミンの様な専門職だと、ITの資格であったり、実務経験などがないと厳しいです。

もし未経験でプログラマーやエンジニアにどうしてもなりたいのであれば、転職エージェントのワークポートなどが運営する「みんスク」などを利用するのはどうでしょうか?
他にも、似たようなプログラミングを学べて転職に活かせるサービスはあるので、スキルを学んでからプログラマーを目指すことをおすすめします。

OKWAVE

ワークポートとかですかね?あと@typeはIT系じゃないですかね?

Yahoo!知恵袋

プログラマーの転職はハローワークだけでなく、民間の転職エージェントも使ったほうがいいですよ。

ワークポート、インテリジェンス、その他、IT業界に強いエージェントはいくつかありますし、エージェントが持っている求人は、ハローワークにはでない優良求人がおおいです。

Yahoo!知恵袋

また、ワークポートという転職エージェントがITに強いと言われていますし、私も転職を成功させています。

Yahoo!知恵袋

業種、年齢などにより選び先が異なります。

大手だと他の方がおっしゃっている通り「リクルートキャリア」や「インテリジェンス」。IT系だと「ワークポート」とかかと。

私の経験談からすると、大手を選んだ方がよいかと思います。
こじんまりしているところや、個人でやっているところは、仕事がものすごく雑です(最初何件か紹介してもらえるけど、その後連絡が一切なくなるなんてざらです)。

Yahoo!知恵袋

まずは、大手の転職サイトに登録しましょう。リクナビネクストなどです。慣れてきたら、大手の転職エージェントに登録します。代表的なものとしては、リクルートエージェントやDODAですね。そして、大手の転職エージェントの使い方に慣れてきたら、職種や業界特化型転職エージェントを使いましょう。例えば、IT系ならレバテックキャリアやワークポートなどです。あなたの職種がITエンジニアでなければ、ご自分で調べてみると良いと思います。

Yahoo!知恵袋

業界、職種、資格などで紹介会社に数社あえば良し悪しも解ります。
JACは外資に強い
ワークポートはITに強い
パソナ、リクルートは事務系に強く保有求人数も圧倒的です

Yahoo!知恵袋

みんスクってプログラミングスクールいって基礎勉強して心機一転か、現職活かして転職か、、、、うーむ、、、、

Twitter

とりあえず、みんスクのプログラミングスクールの説明会に行ってきた。
LINEで質問し放題なのは良いなと思いました。
ただ、地元から高速使っても約3時間移動にかかるので入校は保留にしました……。

#みんスク
#プログラミング
#プログラミングスクール

Twitter

プログラミングスクール「みんスク」に行ってきました🏃‍♂️

協賛企業が運営費を出す→無料で学べる→協賛企業が採用!

という仕組みで、通学中は他の転職サービスを使わない約束です。僕は協賛企業が進路に合わず入学を辞退しましたが、プログラミングの取っ掛かりとして良いサービスだと思いました✨

Twitter

【みんスク】
完全無料、通い放題のプログラミングスクールあるの知ってますか?

プログラミング講座から転職までサポートしてくれるみたいです!

プログラミング勉強中の方は一度チェックしてみるのもいいかもしれません!

https://minsuku.jp

#プログラミング #プログラミング初心者

Twitter

今日は補勤で別現場の応援
独学で心折れかけてるので、来週からワークポートの【みんスク】行くことにした!
大阪だとjavaとPHPを扱ってる企業が多いらしい。独学でやりたかったけど仕方ない、、とりあえずもう29歳なのでまず就職しよう!

Twitter

【エンジニア志望未経験者向けの耳より情報】
IT企業向け転職エージェントワークポートhttps://workport.co.jp
に登録して、ワークポート経由での転職を約束すれば、
みんスクhttps://minsuku.jp
というプログラミングスクールを無料で受講できます。
キャリアが不満という方におすすめです。

Twitter

ワークポートのみんスク行ってきた。無料プログラミングスクールなのに、違約金ないなんていいなとおもってたけど、やっぱり就職先はSESっぽい。うまい話はないか。
#ワークポート
#無料プログラミングスクール
#みんスク

Twitter

みんスクというワークポートが無料で提供している無料のプログラミングスクールに行くことにした!
PHPとjavaを学べる!ブログみたいに挫折しないように頑張る

Twitter

転職サイトのワークポートを利用
みんスクでPHPとJavaを勉強しようと思う。で転職活動も一緒に。
家で勉強もできるみたいだから良さげ。
はやくweb系プログラマーなりたい。
フリーランスとかはまだ後ほどでも。
#駆け出しエンジニアと繋がりたい

Twitter

ちなみに予定外に話聞けたのは
12. みんスク(ワークポートが展開する #エンジニア 養成スクール)

コースは #PHP メインの #開発エンジニア コースと実機を使って研修できる #インフラエンジニア コース。
※ワークポート経由での転職縛りあり。

#文系エンジニア
#文系SE
#転職したい
#第二新卒

Twitter

就職する時はエージェントを3つ登録した

・就職shop
・ウズウズ
・ワークポート

どれも既卒、フリーターに強いエージェントだった

その中でもワークポートが1番親身で様々な情報を聞くことができた

Twitter

ワークポートさんは親身で丁寧ですよ。会社辞めたいプロブロガーやユーチューバーだ! みたいな困った方でなく、単に転職やIターンエージェントとしてならオススメします。これペニオクや血液クレンジング的なアフィやステマじゃないよ。ワークポートさんが俺ごときにカネくれるわけがないww

Twitter

転職エージェントはしつこい連絡がくると逆に離れたくなる。見守ってくれていると印象が良くなる。
ワークポートはすごく心地いい連絡ペースだった。eコンシェルで適時情報くれるのがよかったですよ。
今日はワークポートを記事にしました。
#ワークポート
#転職エージェント

Twitter

【登録した転職エージェント】

レバテック
リクルートキャリア
ワークポート

これからWEBエンジニア転職を考えておられるみなさんは、どんなエージェントに登録されてますか?

ワークポートさんは特に親切な印象です

#プログラミング
#駆け出しエンジニアとつながりたい

Twitter

ワークポート担当さんめっちゃ熱心に対応してくれる。ありがたい。本当今進んでるところで内定欲しい。最終面接日にスクールの講師一同応援してますってLINEもくれたし、社会人なってからこんな背中押して送り出される事ないから感動してる。

Twitter

良かったぁああ。内定いただきましたー!ワークポートの担当さんからの電話めっちゃどきどきしたけど、良い報告で良かったぁああ。今月中に決めたいとか自社開発企業が良いとかもろもろ全て望む通りになった!縁!ありがたやー!!

Twitter

転職エージェントのワークポートさんと電話面談。

なんだかドキドキハラハラしてたんですが(まず普段ひととほとんどしゃべらないし)、とても良い対応で安心しました微笑み

#転職活動中

Twitter

みなさんこんばんは

ワークポートの面談行ってきました

いつも電話対応だけだったのですが、やっぱり面と向かって話をするだけで全然違うなって思います

企業に応募する際、推薦理由も添えて一緒に応募してくれるのですが、実際会って話をした方がより自分らしさが伝わる気がしました

Twitter

ワークポートに2回目の面談へ行ってきました!

東京の求人を色々と紹介してもらったのですが、やはり未経験okの求人数がケタ違いでした…(笑)

未知の世界すぎて不安もありますが、まずは応募してみようかなって思います!

そしてブログも、ポートフォリオとして提出することになりました…

Twitter

昨年Webエンジニアになる時にワークポートを使用したのですが、ネットで書かれているほどひどくなかった。自分に話も聴いてくれたし、希望に合う求人も紹介してくれた。
#駆け出しエンジニアと繋がりたい
#エンジニア #エンジニアと繋がりたい

Twitter

担当者は親身になってくれますし、連絡もちょこちょこくれるので、その点は安心ですかね。

ただ、先方との調整の能力にはちょっと不安がありました。
担当者次第でしょうけど。

総合的に見て、登録してもいい会社だと思います。
数社登録したほうがいいとは思いますが。

Yahoo!知恵袋

個人的な意見ですが、エンジニア専門の転職サイトのワークポート(WORKPORT)は
とてもサポートがよかったです。

求人情報だけでなく、現在の仕事悩み、これからのビション、上手な退職方法、
面接、履歴書のコツなど、全体的に相談に乗ってくれます。もちろん無料です。

Yahoo!知恵袋

個人的な感想ですが、転職サイトはワークポートという
エンジニア系の転職サイトがとてもよかったです。

Webデザイナーの求人も多いですよ。

自分は、Webデザイナーとして採用が決まり、
とても良い職場に恵まれました。

Yahoo!知恵袋

やっと就職活動何終わりました!
都内でのSESで働くことになりそうです
Wantedly ワークポートなどを使ってコロナ期間における情報をとにかくたくさん話していただきました
大変でしたが就職活動終了です!
#駆け出しエンジニア

Twitter

昨日、愛読するねこぽんさんのブログに書いてあった、ワークポートという転職エージェントにネット登録してみたら、土曜日なのに速攻で電話がかかってきた!月曜日早速面談予約したから、今日はそのための準備します女性技術者ポートフォリオまだまだ作品少ないけど、就活と同時に増やしていこう。がんばる。

Twitter

昨晩ワークポートの転職面談行ってきた。90分程の面談でした。面談の後半ではすぐに30社〜40社ほどの求人を紹介してくれた。「今日の昼までに応募する求人選んでください」って動きが早い。すぐ動きたい人おすすめです。

Twitter

おわっ❗昨日20社応募したの、もう半分結果出てる
ワークポートさん仕事はやい。

Twitter

リクエーは完全上から目線。
DODAはエージェントのピンキリ具合がひどい。2週間平気で放置する奴もいれば仙人のようにいいエージェントもいるだとか(私は使っていないのであくまで聞いた話)
ワークポートは紹介企業がブラック混ざりだし後Vokersでの評価が微妙な会社ばかり。インゲートも然り。

Twitter

どうやら若めな人にはすぐ連絡が行くらしい。決まりやすいし紹介しやすいもんね。やっぱりワークポートかしら。求人は多いしそれっぽいのも選んでくれるけど、質がね。。

Twitter

なんかたいしたこと言えんことに気づいた。
話聞いたことあるのは
・Rキャリア→数受けろ
・ワークポート→質△だけど対応◎
・リアライブ →マッチング重視
とか。
サイトだと
・エン転職>マイナビ>R
・キャリアトレック(スカウト多い)
・AMBI(エンのサービス、マッチング重視)
こんな感じ。

Twitter

僕はワークポートと言う転職サイトを使いました。軽く相談のつもりで応募したら、あれよあれよと言う間に面接とかが決まって、そのままなだれ込むように就職の至りになりました:-)

Twitter

ギークリー、ワークポート。 なかなか この地方、この職種がないんですよね…厳しい…

Twitter

また夜に3社応募希望した。
今日は求人票吟味しただけで終わってしまった🙄
東京で就職しようと思ってるからいくつか候補あるけど、地方だとほんと求人ないですね。試しにワークポートで北海道のwebデザイナー求人検索したら5件。。マイナビクリエイターにいたっては勤務地の選択欄にないからなぁ。笑

Twitter

ワークポート 曰く
未経験IT入社は250万から300万なんだって
新卒よりも低いんだね

他のエージェントに相談したら
300万から350万だって言ってたし
求人も他社の方が質が良い

ワークポート の求人では足元見られすぎ
また、エージェントから企業への橋渡しが上手くない

Twitter

鍵付いてるからぶっちゃけるけど。

ギークリー、ワークポート、ヴィジョナリー、SBヒューマンキャピタル

この4社がイライラ転職エージェント四天王だわ。

失せろ!

Twitter

転職活動で一番最悪だったのはワークポートで、案の定、高崎線が遅延して(1時間前くらいに着く予定だったが)、遅刻の電話入れようとしたら、上手く連絡は言ったが、後でこれ代表の電話だったよって言われたやつ
ほんまクソだったで

Twitter

ワークポートっていう転職エージェントは転職活動どうですか?っていうメールに対して4回くらいもう終わっています。って返事しているのに未だにメールが来る。

Twitter

転職活動中の皆様、ワークポートの転職エージェントがとてもクソでしたので、利用しないことをおすすめします。

Twitter

転職考えてるから何個か企業登録したけど、JOBKULの担当コンシェルジェが圧倒的に好印象。担当者によるかもしれないけど、ワークポートは全然対応してくれないからダメ。

Twitter

転職の求人はワークポートのほうが多いのだか、フォローはJACリクルートメントの方がいいな。

Twitter

数年前は人材紹介会社はワークポート使っていたけど求人が豊富なのはいいが微妙なのも多かったので今はワークポートと競合の別会社を使っている。

Twitter

求人企業の評判みるために口コミサイト3件程に詳細みずにざざっと登録したら、vorkersはワークポートとつながってて毎日のようにワークポートから面談希望日をおしえてーと電話とメールがくるアカウントです

Twitter

先日のイベントでワークポートというところに名刺を渡したら、ひっきりなしに転職イベント案内のメールが来る。興味がないんだが、購読停止のリンクがない。

Twitter

ワークポート>C&R>>>>リクルートエージェント
って感じですね。
(大阪/東京両方で探してました)

ワークポート → OさんSeさんなどの代理店求人含め、運用職豊富でした。
C&R → 若干デザイナー職寄りと感じますが、都内なら傾向違うかもです。
リクルート → やべーやつだらけでした。練習用ですねw

Twitter

登録して面談したのは4つ
・リクルート エージェント
・doda
・パソナ キャリア
・ワークポート

そこから、感触が良かった
・doda
・ワークポート
2つで活動したよー

ちなみにワークポートなら紹介もできるけど?

Twitter

やってるEXITって会社、あのワークポートと業務提携しているのでその時点で私はヤバイ臭いを感じました。

ワークポート、かなりしつこい営業で有名ですからね。

Twitter

大手エージェント使ってみて

求人数
リクナビ>ワークポート>マイナビ

印象
リクナビ
少しでも希望の業務に関連する求人はどんどん出してくる

ワークポート
とりあえず応募してみよう!という感じで希望に近いものをどんどん出してくる

マイナビ
書類通るかも考慮して求人をもってくる

Twitter

僕もこの人と同じで
ワークポート→無料のスクール→SESだった
(ワークポートで内定貰ったとこはヤバそうだったので別のSESへ)
運よくある程度の裁量がある会社に常駐出来てPHPでの開発を経験できたから良かったものの…という感じ。

Twitter

何だかんだポツポツ依頼があってありがたい限りです。

ただ、ITエンジニアの転職サイトの求人は微妙かも…。ワークポートが広告配信をやめたらしいので。

情報収集でワークポートに登録してますが、ブランクありのアラフォーおばさんへの求人紹介も一気に減らされそう。

Twitter

私は無料プログラミングスクール“ミンスク”が
ついていた“ワークポート”を使って就職しました
テックエキスパートとかに比べると
認知度はまだまだ低いかもですが、お勧めです
もしかすると最近できたばかりなのかもです

Twitter

フォローありがとうございます

私も転職活動の時にワークポートさんに二回お世話になりました

自身も人材業界のWEBマーケターをやってますので、是非仲良くしてください

宜しくお願いします!

Twitter

電車のドア部分にあるステッカー広告にワークポートとかいう転職エージェントの業種案内でITとITエンジニアって分かれて出してるんだけど、
列挙してる内容が同一で分けてる必要性が皆無なんだが…
こんなとこは使いたくないよなw

Twitter

「ワークポート」という転職エージェントに登録した。やはりプロに相談し、希望と一致する企業を探してもらうのが一番だと思うから。

Twitter

【転職速報】
39歳、書類選考1社通過しましたOKサインの人
利用エージェント名:ワークポート(ビズリーチスカウト経 由)
年収幅500万~1,000万
今回はRPA分野の企業で書類通過しました。
やはり、テクノロジー、教育、医療が求人枠としては生きてますね。

Twitter

IT系、SEといった職種で若手という条件ならワークポート

5ch

ワークポートはメール返さない限りしつこくメールが来る

5ch

良かったぁああ。内定いただきましたー!ワークポートの担当さんからの電話めっちゃどきどきしたけど、良い報告で良かったぁああ。今月中に決めたいとか自社開発企業が良いとかもろもろ全て望む通りになった!縁!ありがたやー!!

Twitter

ワークポートに関するQ&A

ここでワークポートに関する、問い合わせの多い質問をまとめてみました。

1つずつ回答していきますので順番に見ていきましょう。

Q1. ワークポートにはどんなコンサルタントが在籍していますか?

ワークポートには、「転職コンシェルジュ」と呼ばれる専任のエージェント(代理人)が在籍しています。

「転職コンシェルジュ」は、カウンセリングや求人紹介、面接対策・書類添削など、転職活動にまつわるさまざまな要望に応え、質や満足度の高いサービスを提供するよう努めています。

業界ごとの専門知識やキャリア相談はもちろん、未経験から異業種への転職のアドバイスもしてくれますので、わからないことは気軽に相談してみましょう。

Q2. ワークポートはIT系やゲーム業界特化の転職エージェントと聞きましたが、それ以外の求人はあるのですか?

ワークポートは総合転職エージェントなので、IT業界以外にも営業、販売、薬剤師、事務系などさまざまな求人を取り扱っています。

2013年まではIT特化でしたが、その蓄積されたノウハウを活かし、現在は「営業」や「ものづくり系エンジニア」をはじめとするさまざまな求人を保有しているのです。

業種によっては求人数が少ないものもあるかもしれませんが、検索ではわからない非公開求人も多数ございますので、一度コンサルタントに希望する求人内容を伝えてみることをおすすめします。

Q3. 無料のエンジニアスクール「みんスク」が利用できると聞きましたが、違約金なども含め本当に無料なのでしょうか?

「みんスク」は、受講生の内定・入社が決まった際に、入社先の企業からワークポートに支払われる紹介手数料によって運営されています。

そのため、違約金等も含め受講生から費用をいただくことは一切ありません。

また、使用するPC やテキスト等も、スクール側から無料貸与します。

転職が決まるまでご利用いただけますので、ぜひご検討ください。

最後に

ここまでご説明してきた通り、ワークポートはIT・Web業界に力を入れている転職エージェントです。

以下に該当する方であればぜひ利用しましょう。

ワークポートをおすすめできる条件
  • IT・Web業界へ転職したい方
  • スピード感を持って転職したい方
  • 未経験の職種に転職したいと考えている方

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

<公式サイト>
https://workport.co.jp

ただ、転職の成功率を上げるなら、以下の転職サービスも併用することをおすすめします。

今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職サービス評判アンケート

当サイトでは、転職サービスの口コミを募集しております。

こちらからあなたが利用した転職サービスの体験談を投稿してください。