dodaチャレンジの評判は悪い?断られるって本当?口コミ評価と他社比較からわかる全知識

全国で1,000件以上の求人数を持ち、大手パーソルが運営するdodaチャレンジ。よく名前は聞くものの、悪い評判がないか、登録すべきか気になりますよね。

そこで当ページでは、実際にdodaチャレンジを利用した114人の口コミと、保有する求人傾向を他社サービスと徹底比較した結果を解説していきます。

公式サイト
https://doda.jp/challenge/

この記事を書いた専門家
佐々木
佐々木
上場企業の部長職。自身の転職経験(過去二回)と、新卒及び中途採用の経験をもとに、ポジショントーク抜きの本質的な情報発信にこだわっている。

dodaチャレンジの概要と総評

dodaチャレンジは、大手人材企業のパーソルグループが運営する、転職支援実績No.1(2018年~2020年)の障がい者特化型転職エージェントです。

東京・大阪・名古屋の3ヶ所にオフィスを構えており、大手企業や特例子会社での、事務職からIT系技術職といったオフィスワーク求人を多く保有しています

dodaチャレンジの特徴
  • 事務職からIT系技術職に強い
  • 東京・大阪・名古屋の大企業求人に強い
  • 障がい者の転職に特化したコンサルタント

転職前は応募書類の添削や模擬面接といったサポートがあり、入社後も就労に関する悩みがないか相談することが可能です。

dodaチャレンジの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料 ※障害者手帳が必要
対象地域東京、大阪、名古屋(WEB対応可)
対象障害すべて※精神障害も対応
求人件数1,357件
運営会社パーソルキャリア株式会社(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://doda.jp/challenge/

※2023/1/3時点の数値

良い評判と悪い評判

実際に利用した114名のアンケート結果としては、過半数が「満足」と回答していました

具体的な内容としては、Twitterの書き込み内容を含めると下記の口コミ評価がありました。

良い口コミ評判
  • 大手の求人数が多い
  • 担当者の対応やサポートがよかった
    • スピーディーな対応
    • 話を丁寧に聞いてくれた
    • 寄り添いながらのアドバイス
    • 条件交渉や選考対策、書類サポート
悪い口コミ評判
  • 断られる可能性がある
    • 大手求人は選考ハードルが高い
  • 求人にはやや偏りがある
    • 地方の求人数が少ない
    • 事務職以外の職種は少ない
  • 担当者に当たり外れはある
    • 対応がひどい
    • サポートしてもらえない
    • レスポンスがない、遅い

口コミ内容と解説は後述しますが、dodaチャレンジならではのネガティブな評判として「求人紹介を断られた」というものが特に多かった印象です。(それ以外の評価は、転職エージェント全般でよく見る内容なので、特に違和感はありません。)

保有している求人の傾向

dodaチャレンジの保有求人の傾向
  1. 事務職とIT技術職が多い
    清掃や軽作業、販売の仕事は少ない
  2. 都心エリアが中心
    地方エリアの求人は少ない
  3. 週30時間以上の求人が多い
    時短可能な求人は少ない

dodaチャレンジは、他社と比較しても首都圏でフルタイムの事務職やIT技術職をメインに取り扱っている傾向にあります。反対に、地方エリアや作業系の仕事は少ないので注意しましょう。

dodaチャレンジをおすすめできる人

dodaチャレンジは、障がい者手帳を持っていて、大企業で働きたい方や労働意欲が高い方におすすめです。以下に複数該当する方は利用をしてみましょう。

dodaチャレンジをおすすめできる人
  • 障害者手帳を取得している
  • 事務職やIT技術職を探している
  • 安定した体制の大企業に就職したい
    • 週5~で勤務できるなら
  • 親身なサポートを受けたい
    • ただ当たり外れはあるので注意
佐々木
dodaチャレンジは障害者転職エージェントとして最も実績のある会社なので、必ず登録するようにしてください。むしろ利用しないともったいないです。利用は無料なので、気軽に相談してみてくださいね。

全国展開しているので、都心以外でも利用することはできます。ただ、他社と同様に、地方エリアだと求人数はそれほど多くはないのでいくつか併用するようにしましょう。

他転職エージェントとの比較

障がい者特化型転職エージェントの利用者462名へのアンケートの結果、dodaチャレンジの総合評価は「2位」と高評価でした。

←左右にスクロール可能→
順位就職/転職エージェント評価
おすすめ度エリア公開求人満足度コメント
1位LITALICO仕事ナビ★★★★☆
4.2
全国4,175件
多い
4.2 / 5.0
高い
業界最大級の求人数
在宅ワーク案件あり
2位
dodaチャレンジ
★★★★☆
4.1
全国1,357件
多い
4.1 / 5.0
高い
大手人材会社が運営
事務職やIT技術職メイン
3位
atGPエージェント
★★★★☆
4.0
関東・関西
名古屋
1,124件
多い
3.9 /5.0
普通
全国で豊富な求人数
地方や作業系案件もある
4位
ランスタッドチャレンジド
★★★★☆
4.0
全国
(精神は一都三県)
282件
普通
4.1/ 5.0
高い
60%が300万円以上
フルタイム正社員中心
5位
エージェント・サーナ
★★★★☆
4.0
関東、関西992件
普通
4.0 /5.0
高い
転職支援歴29年
累計1,000名以上
6位
DIエージェント
★★★☆☆
3.9
全国1,618件
多い
3.9/ 5.0
普通
2009年開始
7,500人以上を支援
7位障害者雇用バンク★★★☆☆
3.8
首都圏、大阪854件
普通
3.8/ 5.0
普通
ハローワーク求人や
就労移行支援も掲載
8位マイナビパートナーズ紹介★★★☆☆
3.8
首都圏、関西44件
少なめ
4.1 / 5.0
高い
2020年開始
大手のノウハウあり
9位
ソーシャルパートナーズ
★★★☆☆
3.7
一都三県223件
少なめ
3.8 / 5.0
普通
2018年開始
世界規模の人材会社
10位
アビリティスタッフィング
★★★☆☆
3.7
一都三県129件
少なめ
3.6 / 5.0
普通
首都圏の事務職中心
精神障害のみ

※2023/1/3時点の数値

大手が運営しているからこその「求人数の多さ」と「転職支援実績」が魅力です。一部「求人紹介を断られた」という口コミはあるものの、まずは一度登録してみるべきです。もし断られたら別の転職エージェントを使えば良いだけなので。

ちなみに、断られにくい転職エージェントを探すなら、LITALICOatGPDIエージェントあたりがおすすめです。地方案件はどこも限られますが、応募ハードルが高くない「清掃系や軽作業案件」がdodaチャレンジより多いので、求人を紹介してもらえる見込みがあります。


ここからは、さらに詳しくdodaチャレンジの評判や特徴を解説していきます。

まずは気になるデメリットからみていきましょう。

悪い口コミ評判からわかるデメリット

Twitter及び独自アンケートで口コミを調査した結果、悪い口コミには下記のようなものがありました。

Twitterだと「断られた」「社内選考が通らない」という書き込みが多く、利用者へのアンケートでは「求人が」や「サポート不足」といった内容が目立った印象です。

悪い口コミ評判
  1. 紹介できる求人がないと断られた
  2. dodaチャレンジの社内選考が通らない
  3. 求人数が少なく、職種に偏りがある
  4. 担当者の対応がひどい、サポートがない
  5. レスポンスがない、遅い
  6. 地方だとサポートしてもらえない

ではみていきましょう。

①紹介できる求人がないと断られた

まず、Twitter上で調査すると一番多かったのは「紹介できる求人がないと断られた」という内容でした。

つまり、利用した方の口コミより、利用できなかった方の口コミの方が多い状況です。実際の口コミを引用していきます。

dodaチャレンジに申し込んだものの、紹介できる仕事は1件も無い門前払い先輩とは私のことです

引用元:Twitter

dodaチャレンジにあなたに紹介できる求人はありませんって言われちゃった。ウケるww

引用元:Twitter

障害者雇用の転職エージェントに以前登録しましたが、DODAチャレンジは電話面談までして紹介できる求人は無い、atGPは数件の常に求人だしてる怪しいところだけを紹介し、求人があり次第連絡しますとの事で数ヶ月連絡なし。ブランクあり、親の介護で制約がある私など話にならんのです。

引用元:Twitter

dodaチャレンジからお断りメールが来ました。
調べてみると、精神障害はあまり求人ないみたいですね。結構お断り多いようです。

引用元:Twitter

昔障害者雇用で仕事探そうとして転職サイト登録だけしたけどatGPも dodaチャレンジもお前の経歴じゃ紹介できる求人はないって門前払いされていい思い出がない

引用元:Twitter

試しにdodaチャレンジに登録してみたんだけど、お断りのメールきた!
転職エージェントで断られること一度もなかったんだけど…マジか笑
一応ストラテラ貰ってるから精神科の手帳なんだけど…それが理由?謎じゃわ。
びっくりし過ぎて笑う

引用元:Twitter

DODAチャレンジで紹介できる求人ありませんって言われてしもうた DODAなら結構来るんだけどな

引用元:Twitter

dodaチャレンジは案の定「紹介出来る求人がありませんでした」ということ。まあ狭き門です。

引用元:Twitter

口コミ通りdodaチャレンジにお断りされ続けている…
電話面談→求人紹介できません
まだこの時はちゃんと転職するって決めたわけじゃなかったからわかる

転職決意、プロフィール更新→求人紹介できません
公開求人に応募→応募できません

どうして…これじゃ登録してる意味ないじゃん😭

引用元:Twitter

パーソルチャレンジ(dodaチャレンジ)にもatGPにも登録したけど『紹介できる求人ありません』って早々にお断りされた意他イさんが通るのだ

引用元:Twitter

このように「紹介できる求人がないと断られてしまった」という書き込みは多くあります。大手サービスなので、利用者数に応じてネガティブな口コミは増えるものですが、とはいえ他社より圧倒的に多いです。

佐々木
Googleでの検索回数を調べてみると「dodaチャレンジ」と月間5,400回検索されていて、一方「dodaチャレンジ 断られた」関連が500回以上検索されているので、単純計算すると10人に1人ぐらいが断られていることになるんですよね。

実際、dodaチャレンジは他社より断られやすい

dodaチャレンジは、他社より保有求人が偏っているので、断られやすい傾向にあります。

実際、都心のフルタイム案件(事務職やIT技術職)が多く、時短や清掃系や軽作業案件は少ないので、すべての障害者におすすめできるわけではありません。

サービス名断られにくさコメント
LITALICO★★★★★5
断られにくい
アルバイト求人や時短も多い
就労移行支援も掲載
atGPDIエージェント★★★★☆4
断られにくい
時短可能な求人が多い
清掃や作業系求人も一定ある
dodaチャレンジ★★★☆☆3
断られやすい
フルタイム中心で時短は少ない
大手の事務職やIT技術職メイン
エージェントサーナ★★☆☆☆2
断られやすい
そもそも身体障害者専門
精神も対応可能だが厳しいかも
ランスタッド★☆☆☆☆1
断られやすい
一都三県のフルタイムのみ
高年収求人メイン

このように、求人紹介してもらえるかは「その転職エージェントが、どういった企業のどういった求人を扱っているか」で決まります。

佐々木
例えるなら、お肉屋さんに行き、野菜があるかを聞いて「お求めの食材はありません。」と言われるようなものです。野菜を探すなら、八百屋、あるいは幅広い食材を取り扱っているスーパーマーケットに行くべきですよね。

dodaチャレンジは良い求人が多いのでぜひ登録する価値はありますが、断られる心配があるなら、LITALICOatGPあたりも一緒に登録しましょう。

②dodaチャレンジの社内選考が通らない

また、利用することができても「dodaチャレンジの社内選考が通らない」というものもいくつかみられました。

サイト内に掲載される求人に応募すると、企業側に書類が送られる前に「企業側に推薦できるか」をdodaチャレンジの社内で判断しますが、その選考基準が厳しいようです。

dodaチャレンジで障害雇用求人に応募したら「推薦条件が合わないので推薦出来ません」だって😏意味わかんないので「理由を教えてくだい」って返信したら、「守秘義務のためお教えする事は出ません」どう思います❓#発達障害 #ADHD

引用元:Twitter

公開された求人に応募しても「その求人には推薦することができません」と言われてしまいました。理由を聞いても教えてくれず意味がわかりません。発達を紹介したくないなら最初から応募条件に書いてほしいと思います。

引用元:アンケート

dodaチャレンジ全然社内選考通らないので、サイトに掲載されている企業に直接応募したら採用されたことがある。

引用元:Twitter

このように、公開求人に応募したものの、推薦条件に合わずに見送られてしまうといった内容が見られました。

ただ、そもそも社内選考は「企業側に言われた採用条件に該当しているか」を確認するだけなので、dodaチャレンジが厳しいというよりは、単純に、企業側の採用基準が厳しいということです。

裏事情|転職エージェントは企業側人事の役割を担う

実のところ採用企業は、転職エージェントに「こういった人材が欲しい」という“採用条件”を伝えたうえで、人材紹介を依頼しています。

そのため、採用条件から外れた候補者を紹介すると企業側からクレームが入ります。(例えば「身体障害だけ採用したい」というクライアント企業に、発達障害を紹介すると怒られます。)

実際、エージェントにとって、求職者は一度キリの付き合いですが、クライアント企業とは継続して取引するので、なるべく良い関係性を続けたいのが本音なのです。

佐々木
居酒屋で例えるなら「ビールを頼んだお客さんに、ジンジャーエールは出さない。」ただそれだけです。当たり前ですよね。もし注文ミスが続くと、お客さんは減り、いずれ店は潰れます。

転職エージェントにとって「企業はクライアント」で「応募者は商品」です。報酬をもらう以上、お客さん(クライアント企業)が求めるものを提供するのがビジネスです。そのため、採用条件に合わない候補者からの応募は、エージェント側で落とされてしまいます。

つまり、dodaチャレンジは「企業側の言いつけを守っているだけ」なので、単純に「採用条件が厳しい人気企業が多い」というだけです。

キャリアアドバイザーのゴリ押しで通ることもある

余談ですが、dodaチャレンジの法人営業担当(通称:リクルーティングアドバイザー)への交渉力が強いキャリアアドバイザーだと、応募者が採用条件からずれていても無理やり通してくれることがあります。

そのため、もし担当キャリアアドバイザーが頼りない場合(社内での立ち位置が弱そう)は、担当変更を依頼するのもアリです。

③求人数が少なく、職種に偏りがある

また、求人に対するネガティブな意見もいくつかありました。具体的には下記の通りです。

  • 求人数が少ない
  • 事務職求人に偏っている
  • フルタイム案件ばかり
  • フルタイムでも年収250万円行かない

実際の口コミをみていきましょう。

▼求人数が少ない

人によると思うけど、dodaチャレンジはあまりよくなかった。求人数少ないし。

引用元:Twitter

▼事務職求人に偏っている

求人にどうしても偏りがあり、特に自分は事務に向いていない自覚があるが事務職求人が多め(女性なのもあると思います)(20代女性/埼玉県/ADHD/エンジニア職)

引用元:アンケート

▼フルタイムばかり

dodaチャレンジに登録してみて今日聞き取りの連絡があったけど、障害者雇用だと基本的にはフルタイムなんだな。正直週5勤務は難しい💦
就労支援施設を勧められたけど、それから始めるか…😓

引用元:Twitter

▼フルタイムで年収250万いかない

dodaチャレンジで求人を紹介してもらったけど、フルタイムで年収250万いかないものしかない
まぁ事務職未経験だからそんなもんか

引用元:Twitter

このように、求人に関するネガティブな口コミはいくつかみられました。

詳しい求人傾向の内訳は後述しますが、dodaチャレンジは基本的に都心のフルタイム事務職がメインです。それ以外だとイマイチかもしれません。

dodaチャレンジの求人分布

事務職(69%)とIT系職種(11%)で全体の80%を占めています。

※公式ページから集計(2022/12/16更新)

佐々木
dodaチャレンジには、大手で福利厚生が充実した企業が多いですが、年収は“実質的に最低賃金クラス”のところが多いのが現状です。

障害者雇用全般に言えることですが、賃金が低いのは、単純作業メインの事務職だとどうしようもないところではあるんですよね。。

④担当者の対応がひどい、サポートがない

また、どの企業でも一定の書き込みはありますが、担当者(キャリアアドバイザー)の対応への不満もいくつかみられました。

▼ゴリ押しされ、面談を勝手に申し込まれた

前職(接客業)は無理だと言っているのに、職歴的にも経験的にも前職と同じ職種の方が就職しやすいとゴリ押しされた上、渋々選んで検討しますと持ち帰った資料の会社に面談を勝手に申し込まれていて、面談はしない、もう相談にもいかないと電話しました。(30代女性/京都府/てんかん,躁鬱病)

引用元:アンケート

▼書類のアドバイスやサポートがなかった

書類つくるのが障害のため困難なのに、そこに対するアドバイスやサポートがほとんどなく、苦戦した。他社のサポートの方が良かった(40代女性/東京都/うつ病)

引用元:アンケート

このように、担当者によっては手持ち案件をゴリ押ししてくることもあれば、サポートをしてくれないこともあるようです。

障害者の転職活動は簡単ではないので(良い求人は倍率も高いですし)、親身に伴走してくれない担当者は遠慮なく変更依頼しましょう。サポートがないなら利用価値がありません。

s

佐々木
担当者の変更はよくあることなので遠慮なく依頼しましょう。キャリアアドバイザーは当たり外れがあるので(相性含め)、合わないと思ったら変更すべきです。

⑤レスポンスがない、遅い

dodaチャレンジ社内の連携がうまくいっていないのか、担当者が故意に無視しているのかは不明ですが、応募しても連絡がない、選考が進まないという口コミがありました。

dodaチャレンジで求人に応募をしたが、レスポンスが遅く、応募できていないのではないかとさえ思うほどでした。電話で問い合わせてようやく結果がわかりましたが当然見送り。放置されています。

引用元:アンケート

dodaの障害者雇用向けのサービスのdodaチャレンジのレスポンスが遅すぎ。4月下旬に電話インタビューとやらをやらせて社内選考が全部終わるのが5月中旬。そこから通常選考で内定したとしても早くとも入社は6月。こんなサービス誰が使うの?

引用元:Twitter

このように、連絡が遅い担当者はすぐに変更しましょう。採用選考は早い者勝ちで、対応が遅いと枠がなくなってしまいます。応募から2営業日連絡がなかったら催促の連絡をしてみてください。

担当者が足を引っ張ってくるようなら使わない方が良いです。他にも、以下のような観点でしっかりと見極めてください。

担当コンサルタントを見極めるポイント
  • 連絡が遅くないか
  • 初回面談で深掘りしてくれるか
  • あなたのペースに合わせてくれるか
  • 障害者雇用や業界構造の動向に詳しいか
  • 各企業の内部事情に詳しいか
  • 各企業のネガティブ面も教えてくれるか
  • 相談や面接対策に時間をかけてくれるか
佐々木
キャリアアドバイザーは資格を必要としないので、稀にヤバい人もいます。ハズレを引いたら担当変更してもらいましょう。

⑥地方だとサポートしてもらえない

また、どの転職エージェントでも言えてしまいますが、地方すぎるとそもそも対応していないことがあるので注意してください。

#dodaチャレンジ から返信が来た。

誠に恐れながら現時点では、
弊社を通じてご紹介可能な求人をご用意する事ができませんでした。
そのためキャリアカウンセリングのご提供は難しい状況です。

弊社の力不足のため、ご期待に応えられず誠に申し訳ございません。

岐阜の田舎じゃ無理か(笑)

引用元:Twitter

年末に勇気出して障害者雇用してるdodaチャレンジ登録して面談したのに求人なかったですってメールきた。まぁ田舎だし、ないよね。エージェント系ってだいたい都内の求人しかないイメージ。

引用元:Twitter

登録してみないとわかりませんが、地方だと満足行くサポートを受けることができない可能性だけは事前に知っておきましょう。地域のハローワークや障害者雇用センターを早めに活用して、効率よく就職活動を行えるようにしておいてください。

なお、「都心」VS「地方」の求人比率を、他社比較すると下記の通りです。そのときどきで比率は異なるものの、概ね記載数値±10ptでおさまります。

エージェント名首都圏&関西圏地方
エージェントサーナ約99%約1%
dodaチャレンジ約80%約20%
DIエージェント約70%約30%
atGP約60%約40%
LITALICO約40%約60%

dodaチャレンジは比較的、都心エリアに求人分布がよっていることがわかります。そのため、地方エリアで探すなら、atGPLITALICOのほうがおすすめです。

良い口コミ評判からわかるメリット

SNS及び独自アンケートで口コミを調査した結果、良い口コミには下記のようなものがありました。

良い口コミ評判
  1. 大手の求人数が多い
  2. 担当者の対応やサポートがよかった
    • スピーディーな対応
    • 話を丁寧に聞いてくれた
    • 寄り添いながらのアドバイス
    • 条件交渉や選考対策、書類サポート

それぞれ実際の口コミを引用しつつ紹介していきます。

①大手の求人数が多い

一番多かった良い評価は、大手の求人数が多いというものです。

dodaチャレンジは、大手人材会社のパーソルが運営していて大手企業との繋がりが強いため、大手の障害者雇用枠を豊富に持っている(特例子会社を含む)という特徴があります。

▼大手企業求人が多い

Dodaチャレンジは大手企業求人が多い傾向だから、勤務安定感があれば転職先探しに良いとおもう

引用元:Twitter

▼大手の求人数が多い

大手の求人数が多いという事もあり健常者と変わらない求人を紹介してくれたのがありがたかったです。(30代男性/東京都/発達障害)

引用元:アンケート

また、大手企業だと基本的にフルタイムで募集している求人が多いのですが、中には一部、時短で働ける案件もあったとの口コミもみられました。

▼週2で時短勤務で働ける職場を見つけられた

精神障害で安定しておらず、朝から勤務が出来なかったので週2で時短勤務で働ける職場を見つけられたので良かった。悪かった点は就労移行支援を進められた。40代まではまだ仕事があるが、50代の私はなかなか声がかからず不安だった(50代女性/北海道/双極性感情障害)

引用元:アンケート

もちろん、そのときどきによって保有している求人は違うので、気になる方は一度、確認してみてください。相談は無料で可能です。

②担当者の対応やサポートがよかった

また、担当者の対応やサポートがよかったという口コミが多くみられました。具体的には下記の通りです。

  • スピーディーな対応
  • 話を丁寧に聞いてくれた
  • 寄り添いながらアドバイスをしてくれた
  • 条件交渉や選考対策、書類サポートをしてくれた

実際の口コミを引用していきます。

▼スピーディーな対応

登録して放置してたdodaチャレンジ、お仕事したいですってマイページ更新したら早速連絡きた
来週の金曜日に電話面談してくれるらしい。ありがたい。

引用元:Twitter

▼1時間くらい話聞いてくれた

転職のときお世話になったdodaチャレンジの担当者さんと1時間くらい話聞いてもらって心が軽くなった😭話聞いて貰えるって本当にありがたい

引用元:Twitter

▼うつ病の度合いを詳細、丁寧に確認してくれた

良かった点はこちらのうつ病の度合いを詳細、丁寧に確認してくれて、相談した際にもこちらの要望にそって探してくれました。悪かった点は特にありません。(40代男性/神奈川県/うつ病)

引用元:アンケート

▼誠実に仕事をこなしてくださいました

担当者の方は誠実に仕事をこなしてくださいました。病気のこともあり、自己肯定感がほぼない私に、私の長所となる部分を沢山教えてくださいました。(30代女性/福島県/精神障害手帳3級)

引用元:アンケート

▼寄り添いながらアドバイスしてくれました

十分なヒアリングでこちらの就業を寄り添いながらアドバイスしてくれました。それから、企業側にいろいろと体調を崩した時などの対応を交渉してくれました。就業後も、どんな様子かヒアリングとアドバイスをしてくれてとても心強かったです。(30代男性/大阪府/うつ病)

引用元:アンケート

▼条件交渉や面接対策、書類作成をしてくれた

良かった点は、キャリアカウンセラーが私の代わりに条件交渉をしてくれたことや面接対策や書類作成のサポートもしてくれたことがあげられます。悪かった点は、社会人としての経験が浅いためとの理由で、すぐに求人を紹介してもらえなかったので、残念でした。(40代女性/兵庫県/双極性障害)

引用元:アンケート

▼丁寧な受け答えとヒアリング

質問などに丁寧に答えてくれる、障害の度合いのヒアリングをよく行ってくれる(具体的に勤務時にどういった点を気にして欲しいかなど)がよかったです。(20代女性/埼玉県/注意欠陥・多動性障害(ADHD))

引用元:アンケート

このように、担当者が丁寧かつ親身にサポートしてくれたという意見が多くありました。

競争の激しい障がい者転職において、コンサルタントのサポートがあるかないか、は非常に大きなポイントになるので、有効活用しましょう。具体的に以下のような支援をしてくれます。

  • 企業への推薦
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策、フィードバック
  • 条件交渉、認識合わせ

もちろん担当者によってその質は異なる傾向にあるので、もし満足いかなかった場合は担当を変更するのもありです。この業界での担当者変更は日常茶飯事なので遠慮せず行って構いません。

佐々木
ちなみに担当者を変更すると、より優秀で経歴の長いアドバイザーが担当についてくれることが多いのがポイントですよ!

③就労移行支援サービスを運営

また、補足になりますが、dodaチャレンジを運営するパーソルでは、フルタイムでの就業が不安な方向けに、就労移行支援施設「ミラトレ」を運営しています。

対象エリアは、首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)、関西(大阪、兵庫)、愛知と都心部のみですが、通える範囲にお住まいの方はぜひ一度、見学してみてください。

このように、障害者専門に事業を展開しているので、障害者雇用ならでのノウハウが溜まりやすく、質の高いサポートを実現することができるようになります。

dodaチャレンジが保有する障害者求人の傾向

ここではdodaチャレンジが保有している求人の特徴を「職種」「勤務時間」「地域」という軸で確認しました。

dodaチャレンジの保有求人の傾向
  1. 事務職とIT技術職が多い
    清掃や軽作業、販売の仕事は少ない
  2. 都心エリアが中心
    地方エリアの求人は少ない
  3. 週30時間以上の求人が多い
    時短可能な求人は少ない

dodaチャレンジは上記のような特徴を持っています。一つひとつ、簡単に説明していきます。

①事務職とIT技術職が多い

dodaチャレンジは、事務職やIT系職種をメインに取り扱っているので、これらの仕事以外で探そうとすると「紹介できる求人がない」と言われてしまう可能性があります。

下記グラフは、dodaチャレンジの取り扱い職種の内訳です。全体で1,200件ほどある求人のうち、事務職が69%、次点でIT系職種が11%、技術系職種が10%と続きます。

※公式ページから集計(2022/12/16更新)

このように、事務職(69%)とIT系職種(11%)で全体の80%を占めているので、これまでの経歴でPCスキルが乏しい方だと、紹介が難しいとされる可能性があります。

特に、知的障害や精神障害者が始めやすい作業系求人はほとんど取り扱っていないので、注意が必要です。作業員系求人を探すならatGPエージェント求人ボックスで探しましょう。

②地方エリアの求人は少ない

大手のdodaチャレンジといえども地方求人数はそう多くないので、地方で障害者雇用枠を探そうとすると厳しいかもしれません

下記のグラフは、dodaチャレンジの地域別の求人数を調査したものですが、首都圏と関西で約7割を占めており、それ以外だと3割ほどになってしまいます。

※公式ページから集計(2022/12/16更新)

上記のようにdodaチャレンジは首都圏と関西で約70%を占めていることがわかります。

なお、都心と地方の求人比率を、他社比較すると下記の通りです。そのときどきで比率が異なるので、幅を持たせて記載しています。

エージェント名首都圏&関西地方
エージェントサーナ約99%約1%
dodaチャレンジ約70~80%約20~30%
DIエージェント約60~70%約30~40%
atGP約50~60%約40%

atGPDIエージェントのほうが地方求人は多い傾向にあるので、地方の方は参考にしてください。また、他にいくつか利用しても求人紹介を断られてしまうようなら、地域ごとにあるハローワークや障害者職業紹介センターを利用することをおすすめします。

③時短勤務の求人は多くない

dodaチャレンジが取り扱っている求人の多くは、民間企業のフルタイム就労の案件なので、週10~20時間からはじめられる仕事を探すと難しいかもしれません。

週20時間程度の案件も、地域によっては一部ありますが、かなり少ない(1割未満)です。

そのため、もし週10~20時間程度のアルバイト案件や、就労移行支援を利用したい場合であれば、LITALICO仕事ナビの利用をおすすめします。

転職で使うべき?おすすめできる人

ここまで解説してきた良い悪い口コミ評判、及び求人傾向の調査、他社比較の結果からdodaチャレンジのメリットとデメリットを整理すると、以下のようになります。

◯メリット
  • 大手の求人数が多い
    • 都心の事務職やIT技術職
  • 担当者の対応やサポートがよかった
    • スピーディーな対応
    • 話を丁寧に聞いてくれた
    • 寄り添いながらのアドバイス
    • 条件交渉や選考対策、書類サポート
×デメリット
  • 断られる可能性がある
    • 大手求人は選考ハードルが高い
  • 求人数には偏りがある
    • 地方の求人数が少ない
    • 事務職以外の職種は少ない
  • 担当者に当たり外れはある
    • 対応がひどい
    • サポートしてもらえない
    • レスポンスがない、遅い

これらを踏まえると「担当者の当たり外れ」や「断られる可能性」はあるものの、それ以上にメリットが大きいので、比較的おすすめできる転職エージェントです。

下記に該当する方におすすめできます。

dodaチャレンジをおすすめできる人
  • 障害者手帳を取得している
  • 事務職やIT技術職を探している
  • 安定した体制の大企業に就職したい
    • 週5~で勤務できるなら
  • 親身なサポートを受けたい
    • ただ当たり外れはあるので注意

利用は無料なので、上記に複数該当するのであれば、気軽に相談してみましょう。

とはいえ、障がい者の方で、より良い条件の求人を探そうと思って転職活動をしても、なかなか難航しやすい傾向にあります。そのため、dodaチャレンジだけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

併用したい障がい者向け転職エージェント

障がい手帳をお持ちの方、あるいは申請中の方向けに、オープン就労(企業に障がいを公開しておこなう転職活動)でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

比較ポイントは以下3点です。(詳しい選び方や6位以降が気になる方は「障がい者向け転職サイト・エージェントの選ぶ基準と比較表」をご覧ください。)

  • 比較1. 総求人数
  • 比較2. 利用者満足度
  • 比較3. 障がい者支援の実績
←左右にスクロール可能→
順位就職/転職エージェント評価
おすすめ度エリア公開求人満足度コメント
1位LITALICO仕事ナビ★★★★☆
4.2
全国4,175件
多い
4.2 / 5.0
高い
業界最大級の求人数
在宅ワーク案件あり
2位
dodaチャレンジ
★★★★☆
4.1
全国1,357件
多い
4.1 / 5.0
高い
大手人材会社が運営
事務職やIT技術職メイン
3位
atGPエージェント
★★★★☆
4.0
関東・関西
名古屋
1,124件
多い
3.9 /5.0
普通
全国で豊富な求人数
地方や作業系案件もある
4位
ランスタッドチャレンジド
★★★★☆
4.0
全国
(精神は一都三県)
282件
普通
4.1/ 5.0
高い
60%が300万円以上
フルタイム正社員中心
5位
エージェント・サーナ
★★★★☆
4.0
関東、関西992件
普通
4.0 /5.0
高い
転職支援歴29年
累計1,000名以上
6位
DIエージェント
★★★☆☆
3.9
全国1,618件
多い
3.9/ 5.0
普通
2009年開始
7,500人以上を支援
7位障害者雇用バンク★★★☆☆
3.8
首都圏、大阪854件
普通
3.8/ 5.0
普通
ハローワーク求人や
就労移行支援も掲載
8位マイナビパートナーズ紹介★★★☆☆
3.8
首都圏、関西44件
少なめ
4.1 / 5.0
高い
2020年開始
大手のノウハウあり
9位
ソーシャルパートナーズ
★★★☆☆
3.7
一都三県223件
少なめ
3.8 / 5.0
普通
2018年開始
世界規模の人材会社
10位
アビリティスタッフィング
★★★☆☆
3.7
一都三県129件
少なめ
3.6 / 5.0
普通
首都圏の事務職中心
精神障害のみ

※2023/1/3時点の数値

転職エージェントは最初から一つに絞る必要はないので、良い求人を見逃しにくくなるように複数登録がおすすめです。(ただ、多すぎると連絡が面倒になるので、多くても4社程度にしておきましょう。)

1位.LITALICO仕事ナビ

LITALICO仕事ナビは、国内最大級の求人数を持つ転職サービスです。全国に対応しており、首都圏や関西はもちろん、地方求人も豊富なのが特徴。

全国100件を超える就労移行支援で培った累計10,000人以上の支援実績をもとに、安定感のあるサポートをしています。

LITALICO仕事ナビの特徴
  • 求人数が業界最大級(全国対応)
  • 人気の在宅ワーク求人も豊富
  • 就労移行支援や継続案件も掲載あり

もともと就労移行支援のイメージが強いですが、身体障がい者や若手向けのサポートも充実しています。無料なのでぜひ相談してみてください。

【公式】https://snabi.jp/

佐々木
もちろん情報収集のみの登録も可能です。障害者雇用求人をどこよりも多く掲載しているので、必ず登録しておきましょう!

◆利用した方の口コミ(一部抜粋)

親身に支えてくれた
40代男性 鬱病/社会不安障害 製造
★★★★★5
スタッフの方は非常に親身になって支えてくださいました。書類の作成や模擬面接もして頂き、非常に感謝しております。私も急に精神的な病気になってしまい、非常に落ち込んでいたのですが、おかげさまで明るさを取り戻しました。(アンケート調査より)
他と比べて求人数が多い
20代女性 摂食障害 事務職
★★★★☆4
他のエージェントと比べて、求人数は多いように感じました。身体障害の方、精神障害でもある程度自己管理ができる方は良いと思います。ただ、サポートはすごく良いですが、求人のレベルは割と高く、条件に合わないことも多いです。(アンケート調査より)
ハローワークよりずっと探しやすい
30代男性 うつ病/双極性障害 軽作業
★★★★★5
時期が閑散期なので難しかったかと思いますが、協力体制があり、たくさんの求人を紹介してくれました。ハローワークよりずっと探しやすいと思います。(アンケート調査より)
求人は紹介してくれる
20代女性 発達障害/全般性てんかん 事務職
★★★☆☆3
求人を紹介してくれるのだろうかという不安を抱いていたので「求人を紹介してください」という要求に応えてくれた事には感謝したい。ただ、私の希望する勤務地や職種が抜けていたのが残念。(アンケート調査より)
LITALICO仕事ナビの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料
※障害者手帳がなくても登録は可能
対象地域全国
対象障害全て(精神や発達障害も可能)
求人件数4,175件
運営会社株式会社LITALICO(企業HP
関連サービスLITALICOワークス(就労移行支援)
公式サイトhttps://snabi.jp/

※2023/1/3時点の数値

2位.dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、大手人材企業のパーソルグループが運営する、転職支援実績No.1(2018年~2020年)の障がい者特化型転職エージェントです。

東京・大阪・名古屋の3ヶ所にオフィスを構えており、大手企業や特例子会社での、事務職からIT系技術職といったオフィスワーク求人を多く保有しています

dodaチャレンジの特徴
  • 事務職からIT系技術職に強い
  • 東京・大阪・名古屋の大企業求人に強い
  • 障がい者の転職に特化したコンサルタント

転職前は応募書類の添削や模擬面接といったサポートがあり、入社後も就労に関する悩みがないか相談することが可能です。無料なのでまずは面談だけでもしてみましょう。

【公式】https://doda.jp/challenge/

また、就労移行支援事業所のミラトレを運営しているので、働くことに不安があり、無理なく慣れていきたいという方は、併せて利用してみてください。

佐々木
dodaチャレンジは障害者の支援実績No.1の転職サービスです。アンケート調査でも約5人に1人が利用していました。

主に、アドバイザーの対応に関するポジティブな口コミが多かった印象で、その一部を紹介していきます。

◆利用した方の口コミ(一部抜粋)

誠実に仕事をこなしてくれた
30代女性 うつ病 教育関係
★★★★★5
担当者の方は誠実に仕事をこなしてくださいました。病気のこともあり、自己肯定感がほぼない私に、私の長所となる部分を沢山教えてくださいました。(アンケート調査より)
寄り添いながらアドバイスしてくれた
30代男性 うつ病 事務職
★★★★★5
十分なヒアリングでこちらの就業を寄り添いながらアドバイスしてくれました。それから、企業側にいろいろと体調を崩した時などの対応を交渉してくれました。就業後も、どんな様子かヒアリングとアドバイスをしてくれてとても心強かったです。(アンケート調査より)
選考対策や書類サポートをしてくれた
40代女性 双極性障害 事務職
★★★★☆4
良かった点は、キャリアカウンセラーが私の代わりに条件交渉をしてくれたことや面接対策や書類作成のサポートもしてくれたことです。悪かった点は、社会人としての経験が浅いためとの理由で、すぐに求人を紹介してもらえなかったので、残念でした。(アンケート調査より)
丁寧にわからないことを教えてくれた
30代女性 軽度知的障害 事務職
★★★☆☆3
軽度知的障害とのこともあり、普通の人より理解力がないなか丁寧にわからないことを教えてくださいました。悪かった点としても希望の求人数があまりにも少なく、他の都道府県の求人ばかり障害されたことが悪かったといいますが不満に思った点です。(アンケート調査より)
dodaチャレンジの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料 ※障害者手帳が必要
対象地域東京、大阪、名古屋(WEB対応可)
対象障害すべて※精神障害も対応
求人件数1,357件
運営会社パーソルキャリア株式会社(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://doda.jp/challenge/

※2023/1/3時点の数値

3位. atGPエージェント

atGP(アットジーピー)は、株式会社ゼネラルパートナーズが運営する、全国トップクラスの求人を保有する障がい者向け転職サービスです。

基本的には首都圏、関西エリアの事務職求人が中心ですが、他の大手エージェントと違って、地方エリアや作業員(清掃等)案件にも力を入れています

さらに、時短(週20時間~)案件や、在宅ワーク求人も多く保有しているので、幅広いニーズに応えられる点はatGPならではの強みと言えるでしょう。

atGP(アットジーピー)の特徴
  • 全国で求人数がトップクラス
  • 時短や在宅ワーク求人が豊富
  • 首都圏や関西の事務職求人が中心
  • 地方や作業系案件でも他社より充実

また、エージェント機能をつけずに求人を眺めたり、スカウトを待ったりすることも可能なので「良い案件があれば」という方にもおすすめできます。

【公式】https://www.atgp.jp/

ちなみに、就労移行支援事業所(atGPジョブトレ)も運営しているので、働くことに不安があり、まずは準備からしていきたい方は、併せて利用してみてください。

佐々木
atGPは多くの方に利用されている大手サービスなのでおすすめです。アンケート調査でも約5~6人に1人が利用しており、満足度評価が高い傾向にありました!

◆利用した方の口コミ(一部抜粋)

希望通りに紹介してくれて助かった
40代男性 左大腿1/2以上欠損 事務職
★★★★★5
こちらの要望に応えて求人を探してきてくれて、ずっと親身になって相談を聞いてくれた。こちらからの質問に対してすぐに回答してくれた点もありがたい。(アンケート調査より)
わからないことをすぐに教えてくれる
20代女性 双極性障害 事務職
★★★★★5
良かった点は、自分が気になっているが、少し雇用条件の部分が気になった求人をすぐに対応してくださり、雇用条件の確認などがスムーズでとても好感にもてたことです。わからないことをすぐに聞けるので安心できました(アンケート調査より)
特性を活かせる職場を探してくれた
30代女性 発達障害/統合失調症 事務職
★★★★★5
自分の障害における特性や、疲れやすさ等をすごく理解して下さって嬉しかったです。自分の特性の良いところを活かせる様に、色々親身になって話を聞いてくれて動いて下さり、ありがたかったです。(アンケート調査より)
細かい職種条件にも応えてくれる
20代男性 うつ病 事務職
★★★★☆4
職種の条件について細かい要求をしたが、自分にあった求人をしっかりと探してくれて、見つかり次第連絡してくれた。都心でないと少し求人数は物足りない印象を受けたが、在宅求人も紹介してもらえたのでおすすめです。(アンケート調査より)
atGP(アットジーピー)エージェントの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料 ※障害者手帳が必要
対象地域関東・関西・名古屋エリア
対象障害全て
求人件数1,124件(非公開求人は不明)
うち567件は精神障害の採用実績あり
運営会社(株)ゼネラルパートナーズ(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://www.atgp.jp/

※2023/1/3時点の数値

4位.ランスタッドチャレンジド

ランスタッドチャレンジドは、世界最大の人材企業ランスタッドが運営する障がい者向け転職エージェントで、取り扱い求人の年収やレベルが高いことが特徴です。

実際の求人も、正社員のフルタイムが大半を占めているので、フルタイムでの就業を直近2~3年継続していて「キャリアアップしたい!」と考えている方におすすめです。

もとは外資系企業なのでドライなイメージを持つかと思いますが、そういったことは一切なく、求職者に寄り添ったオーダーメイド求人をはじめ、親身なサポートが高評価でした。

ランスタッドチャレンジの特徴
  • 年収高めのフルタイム求人
  • 全国対応(精神障害は一都三県のみ)
  • 事務職や製造業職の人気求人を多数保有

ランスタッドの保有求人の多くは非公開であり、大企業を中心に多くの転職支援実績があるので、どのような求人があるかだけでもみてみると良いでしょう。

【公式】https://www.randstad.co.jp/challenged/

ただ、基本的にはフルタイム求人がメインなので、経歴に自信がない方、週3~4勤務から段階的に復職したい方は、LITALICO仕事ナビatGPを利用するようにしてください。

◆利用した方の口コミ(一部抜粋)

比較的条件の良い求人が多かった
30代男性 下肢障害5等級 IT関連
★★★★★5
通勤に負担がかかるのでテレワーク中心で働くことができる仕事を探していました。障害者雇用の割にランスタッドは比較的条件の良い求人が多かった印象です。正社員の案件が多いので仕事に支障が出ずに働ける方にはおすすめですね。(アンケート調査より)
担当が障害や配慮に詳しく安心できた
40代女性 内部障害1等級 事務職
★★★★★5
担当者が障害に詳しかったので安心して配慮事項をお伝えすることができました。結果的に希望の条件で無事転職することができたのですが、事前に配慮事項を調整してくれたおかげで受入環境も良く、快適に働けています。(アンケート調査より)
スキルアップできる職場を紹介してくれた
30代男性 上肢障害6等級 IT技術職
★★★★★5
障害者雇用の場合だと簡単な事務作業しか任せてもらえないものと諦めていましたが、経験が浅いながらスキルアップできる職場を紹介してくれました。障害以外の部分での職務適正をみたうえで細かくサポートしてくれたので感謝しています。(アンケート調査より)
諦めずに一緒に頑張ってくれた
30代女性 統合失調症 事務職
★★★★★5
精神障害なので最初はうまくいかなかったのですが、担当の方は明るく励ましてくれて支えになってくれました。途中で挫けそうにもなりましたが、諦めずに一緒に頑張ってくれたので無事に希望の仕事に就くことができたんだと思います。(アンケート調査より)
ランスタッドチャレンジの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料 ※障害者手帳が必要
対象・身体障害のある方(全国対応可能)
・精神障害のある方(一都三県のみ)
求人件数282件 ※障害種別の内訳は不明
運営会社ランスタッド株式会社(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp

※2023/1/3時点の数値

5位.エージェント・サーナ

エージェント・サーナは、創業から30年間、身体障がいや内部障がいを中心に、障がい者の転職支援を行い続けている特化型の転職エージェントです。

求人傾向としては、東京、埼玉、神奈川といった首都圏エリアの求人がメイン(全体の75%)で、事務職や営業販売職を中心に取り扱っている特徴があります。

また、求人情報を一般公開しておらず、保有求人の85%が完全独自案件とのことなので、ぜひ一度、どのような求人があるのか確認してみてください。

エージェントサーナの特徴
  • 身体障害・内部障害に特化
  • 事務職と営業販売職が中心
  • 首都圏メイン(愛知県や関西も対応)
  • 限定求人が85%を占めるとのこと

【公式】https://www.agent-sana.com/

◆利用した方の口コミ(一部抜粋)

担当が障害に詳しく話がスムーズ
30代男性 下肢障害5等級 事務職
★★★★★5
やはり障害者雇用となると一人ひとり身体の状態が違うのでなかなか理解してもらいにくいのですが、担当の方は事情に詳しくスムーズに話が進みました。さまざまな新しい情報が知れてよかったです。(アンケート調査より)
求人数が多く担当が配慮に詳しい
40代女性 聴覚障害2等級 事務職
★★★★★5
都心の求人数は多いように感じました。独自求人が多いとのことで、実際に他のエージェントにはないような会社も多かったような印象です。どこまで配慮してもらえるものかが気になっていたので、担当の方が詳しくすり合わせてくれて助かりました。(アンケート調査より)
きめ細やかなサポートが心強い
30代男性 内部障害1等級 事務職
★★★★★5
前の職場で勤務しながら転職活動を進めていたので、面接できる時間は限られていたのですが、うまくセッティングしてもらえました。職務経歴書の添削や面接対策など、きめ細やかなサポートが心強かったです。(アンケート調査より)
明るく根気強くサポートしてくれた
40代女性 下肢障がい6等級 事務職
★★★★★5
車椅子は利用していませんが下肢障害があるので通勤には負担がかかります。そのため、業種は問わずにテレワーク中心で働ける仕事を探していました。未経験業種なので最初は全然うまくいかなかったのですが担当の方が明るく元気づけ、根気強くサポートしてくれました。(アンケート調査より)
エージェントサーナの基本データ
タイプ転職エージェント
利用料金無料 ※障害者手帳が必要
対象地域関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
関西(大阪・京都・兵庫)・愛知
対象障害身体障害・内部障害、精神障害等
求人件数992件
※うち351件は精神障害者も応募可
運営会社株式会社イフ(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトhttps://www.agent-sana.com/

※2023/1/3時点の数値

よくある質問と回答

ここではdodaチャレンジに関してよくある質問と回答を紹介していきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

Q. dodaチャレンジは障害者手帳なしでも使えますか?

いいえ、使えません。

dodaチャレンジは障害者雇用枠を専門に取り扱う転職エージェントです。そのため、障害者手帳を取得している、あるいは取得予定である必要があります。(以下参照)

※引用元:dodaチャレンジ公式FAQ

障害者手帳には「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」の3種類があるので、ご自身の障害に合わせて取得するようにしてください。

  • 身体障害者手帳
    身体・内部障害のある方が取得可能
  • 療育手帳
    知的障害のある方が取得可能
  • 精神障害者保険福祉手帳
    精神・発達障害がある方が取得可能

参考:厚生労働省 障害者手帳

とはいえ、様々な事情で、手帳を取得しない状態でやむを得ず転職活動をすることもあると思います。その場合は一般雇用枠を取り扱う総合型転職エージェントを利用しましょう。

総合型転職エージェントのおすすめ

Q.dodaチャレンジは断られやすい?

断られやすい部類です。保有求人の多くが都心のフルタイム求人(事務職やIT技術職)なので、直近数年で安定して就業した実績がないと難しい可能性があります。

サービス名断られやすさコメント
LITALICO★☆☆☆☆1
断られにくい
アルバイト求人や時短も多い
就労移行支援も掲載
atGP★★☆☆☆2
断られにくい
時短可能な求人が多い
清掃や作業系求人も一定ある
dodaチャレンジ★★★☆☆3
断られやすい
フルタイム中心で時短は少ない
大手の事務職やIT技術職メイン
エージェントサーナ★★★★☆4
断られやすい
そもそも身体障害者専門
精神も対応可能だが厳しいかも
ランスタッド★★★★★5
断られやすい
一都三県のフルタイムのみ
高年収求人メイン

特に、応募が集まりやすい大手企業が多いので、どうしても身体障害の方が採用されやすくなってしまい、うつ病等の精神障害だとほとんど書類が通りません。

Q.dodaチャレンジに断られた…なぜ?

dodaチャレンジに断られた原因は、下記のいずれか、あるいは複数に該当していたからです。

  • 理由1.あなたの希望求人を保有していない
     ①事務職以外の職種は少ない
     ②地方エリアの求人は少ない
  • 理由2.あなたの職歴が採用要件に届かない
     ①年齢の割に職歴がない
     ②短期離職を繰り返している
     ③職歴の空白期間(ブランク)が長すぎる

もし、理由1だけ、つまり、dodaチャレンジが「希望求人を保有していなかった」だけなら、別の就職支援サービスを利用すれば解決します。

ただ、理由2、つまり「あなたの職歴が企業側の求める採用要件に届いていない」のであれば、民間企業での就職は難しいので、一度就労移行支援等で職業訓練を受けることをお勧めします。

断られたと感じたら使いたい他のサービス

いずれも就労移行支援事業所を運営しており、かつ短時間から始められる仕事も取り扱っているので、仮に精神障害でも断られる可能性は少ないです。ぜひ登録しておきましょう。

Q.dodaチャレンジは精神障害や発達障害でも使えますか?

はい。使えます。

公式ページにも精神障害及び発達障害の方向けの支援実績が記載されています。利用者数の約半数がうつ病や発達障害の方になっているそうです。

出典:精神障害・発達障害の方の就職・転職支援(エージェントサービス)

Q.どんなコンサルタントが在籍している?

障がい者を理解している、臨床心理士の医療資格を持っているコンサルタントが担当しています。

優秀なコンサルタントが求職者にカウンセリングを行い、強みや弱みを伝えてくれるため、企業側も現時点のスキルや傾向を把握したうえで選考を行ってくれます。

また就職後も、仕事の相談や働き方などのサポートを行うなど、親身な対応をしているコンサルトが多数在籍しているようです。

Q.年齢制限はありますか?

dodaチャレンジを利用するにあたり、年齢制限はありません。

障がい者手帳をお持ちの方や申請中の方であれば、誰でも利用することが可能です。

Q.どのようなカウンセリングを行いますか?

各業界に詳しいコンサルタントが、障がいや希望の職種についてヒアリングを行い、ヒアリングが終了次第、求人紹介や模擬面談などサポートを開始します。

最後に

ここまでご説明してきた通り、dodaチャレンジは何らかの障がいをお持ちで、大手企業に転職を検討されている方におすすめできる転職エージェントです。

↓に該当する方であればぜひ利用しましょう。

dodaチャレンジをおすすめできる人
  • 障害者手帳を取得している
  • 事務職やIT技術職を探している
  • 安定した体制の大企業に就職したい
  • 親身なサポートを受けたい

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

ただ、障がい者向けの求人案件自体の数が限られているので、ランスタッドチャレンジなど、他の障がい者向け転職サービスと併用することをおすすめします。

「もう少し働くことに慣れたい」という方は、就労移行支援事業所のLITALICOワークスに登録してみるのも良いかもしれません。

今すぐ転職したいというわけでなければ、一旦登録してみて、良い提案があれば話を聞いてみる、といった形が良いでしょう。

あなたの転職がうまくいくことを心から願っております。

転職/就活サービス評判アンケート

当サイトでは、転職/就活サービスの口コミを募集しております。こちらからあなたが利用した転職/就活サービスの体験談を投稿してください。